子供が大学生になって一人暮らし!住民票は移す?移さない?メリットとデメリットをそれぞれ解説!

春になると卒業や進学などの季節ですね。

その中でも子供が大学進学の時に、親元を離れ一人暮らしを始めるという方も多いでしょう。

子供が一人暮らしとなると引っ越しやら、色々やらなくてはいけないことありますよね。

そこで気になるのが住民票。

通常ですと住所が変わった場合、住民票を移しますが、大学生の場合でも必要なのでしょうか。

住民票は、大学生でも移す方がよいのでしょうか、それとも移さない方がよいのでしょうか?

住民票を移す、移さないでそれぞれメリット・デメリットはあるのでしょうか。

そして、メリット・デメリットはどのような点なのでしょうか。

そんな気になる子供が大学生になって一人暮らしをする時、住民票は移す方がよいのか移さない方がよいのかそれぞれのメリット・デメリットについてクローズアップ!

今回は『子供が大学生になって一人暮らし!住民票は移す?移さない?メリットとデメリットをそれぞれ解説!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

大学生の住民票は移すべき?移さないべき?

『住民基本台帳法』という法律により、別の市町村に転出したときは、住民票を移すことが義務づけられていて、引越しの日から14日以内に転入届をしなければなりません。

もし、手続きをしなければ、5万円以下の過料という罰則が設けられています。

しかし、学生の場合は、ある条件に当てはまれば必須ではありません。

  • ・学生(実家を離れている)の期間が1年以下の場合で、今後実家に戻る予定がない場合
  • ・学生の期間が1年以上であっても、週末や季節ごとに実家に帰っているなど、「生活の本拠(拠点)」が実家にある場合

この2点の場合、住民票を移さなくても、罰せられません。
大学生ですと、夏休みや春休みなど結構長いので、その期間実家に帰るという人も多いでしょう。

住民票を移さないデメリットは?

住民票を移さない場合、手続きが必要ないのはメリットかもしれません。

でも、住民票を移さなくてもいいとはいえ、住民票を移さないデメリットはどんなものがあるでしょう。

  • 【選挙の案内が住民票の住所に届く】選挙案内はがきは、住民票の住所に届きますので、選挙の度に実家に帰るというのは、なかなか難しいでしょう。

    そのため、選挙に参加できないことが多くなります。

  • 【運転免許の取得や更新が住民票のある場所でしかできない】自動車学校はどこの都道府県でも問題ないですが、実は最終試験(学科試験)は住民票がある運転免許試験場でしか受験できないんです。

    もし、別の土地で自動車学校を行っていても、自動車学校を卒業してから1年以内に本免学科試験を受ければ問題はありません。

    しかし、初回講習は、3回目の誕生日なので、早い人では2年程で更新手続きが必要になり、更新期間が3回目の誕生日の前後1ヶ月しか設けられていません。

    そのため、例えば夏休みや春休みの長い休みに帰省している間に、更新ということができない可能性が高くなります。

  • 【パスポートの申請が面倒】大学生の時の長期休暇を利用して、海外旅行に行くという方も多いでしょう。

    そこで必要になるのが、パスポートです。

    パスポートの申請自体は、住民票がない現住所でも可能です。

    しかし、申請に必要な住民票や戸籍謄本などの書類が必要なので、子供が取りに行くか親が郵送してしてあげる必要があります。

    そして、受領に必要なハガキも住民票がある住所に届くので、同じように子供が取りに行くか親が郵送してしてあげる必要があります。

【スポンサードリンク】

住民票を移すメリットは?

住民票を移さない場合のメリット・デメリットをご紹介しましたが、住民票を移した場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。

  • 【選挙権の通知が届く】地域によっては、18歳、20歳とばらつきありますが、大学生の間に選挙権が与えられます。

    住民票を実家のままにしておくと、現住所ではなく、実家の方に通知のハガキが届くことになります。

  • 【車の免許と取る時】住民票を移さなかった場合のデメリットでご紹介しましたが、住民票を移さないと本試験を受けるのは、住民票がある土地でないといけません。

    しかし、住民票を移しておけば、いちいち帰省しなくとも本試験を受けることができます。

    では、逆にデメリットはどのような点があるのでしょう。

  • 【国民年金の通知書が届く】国民の義務である年金。

    20歳になると通知が届きます。

    社会人でなく学生の身なので、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。

    そのため、この手続きの申請などを自分でしなくてはいけなくなります。

まとめ

今回は子供が大学生になって一人暮らしする時の、住民票を移すべきなのか、移さないべきなのかメリット・デメリットについてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

それぞれのメリット・デメリットがあるので、子供に選ばせたり、子供と話し合って決めるとよいでしょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年4月11日

カテゴリー:ダイエット 心理

サブコンテンツ

このページの先頭へ