しゃっくりの止め方と原因 病気は何を疑えばいい?

突然起こるしゃっくり、困りますよね。
自力で止めようと思ってもなかなか止まらず、一度起こるとその後もしばらく繰り返したりして厄介です。

しかもそのしゃっくり、もしかしたら病気のサインかも!?
気になるしゃっくりの原因や止め方、しゃっくりで疑われる病気を『しゃっくりの止め方と原因 病気は何を疑えばいい?』と題して調べてみました。

【スポンサードリンク】

しゃっくりってなに?

しゃっくりとは、一体なんなのでしょうか?私達の体に何が起こっているのでしょうか?
しゃっくりとは、肺の下にある横隔膜という筋肉が刺激を受けたことで痙攣し、声帯が閉じてあの独特の「ヒック」という音が出ることです。
誰にでも起こりえる現象で、大体は数分で自然に治まります。

しゃっくりの原因

では、そのような現象を引き起こす要因とはなんでしょうか?
しゃっくりは、横隔膜周辺の組織が刺激を受けることで起こります。
極端に熱いものや冷たいものを摂取したり、炭酸飲料や香辛料等の刺激物、食べ過ぎ飲み過ぎや、アルコールの摂取、麺類等をすすったときに空気が体内に入ることがしゃっくりの原因になることもあります。
食べたり飲んだりすることで、脳の神経の一部である延髄が興奮してしまい、しゃっくりが引き起こされるとも言われています。
また、何かを食べたり飲んだりしていなくても突然しゃっくりが出ることもありますよね。
これは、何かにびっくりしたときや、急に大きな声を出したり大笑いしたりといったことで大量の空気が急に体内に取り込まれることが横隔膜や延髄への刺激になったと考えられます。

しゃっくりが病気のサイン!?

上記のように、横隔膜が刺激を受けたことによって起こるしゃっくりは、誰にでも起こりえるもので、しばらくして止まるものは心配ありません。

しかし、しゃっくりが48時間以上続くと、病気の疑いが出てきます。
しゃっくりで疑われる主な病気は、脳腫瘍、脳梗塞、腎臓病、横隔膜下腫瘍、肝臓がん、肺炎、アルコール中毒、痛風などです。

また、ストレスからしゃっくりが引き起こされることもあります。過度なストレスを受けることによって、脳の神経が緊張して心因性のしゃっくりが起こることも。この場合は呑気症やうつ病が疑われます。
しゃっくりが2日以上止まらない場合は、すぐに受診するようにしてください。

【スポンサードリンク】

しゃっくりを止める方法

しゃっくりを止めるには、横隔膜の痙攣を止めてリズムを正常に戻してあげる必要があります。
待っていれば自然に治まる場合がほとんどですが、少し時間がかかります。
しゃっくりなんかしている場合ではない大事な場面においては、すぐに止まってほしいですよね!
そんなときは、横隔膜にショックを与えてあげるとしゃっくりが止まることがありますので、すぐにでも止めたい場合は、以下の方法を試してみてください。

  • ・呼吸法
    10秒で息を限界まで吸う→10秒くらい息を止める→10秒で息を限界まで吐く→ゆっくり5秒で息を吸う→楽に呼吸する
    これを何回か繰り返します。
    限界まで息を吸って肺を大きく膨らませることで、しゃっくりが起こっても横隔膜が動く余地がなく痙攣が起こりづらくなります。しゃっくりの原因は横隔膜の痙攣なので、痙攣を強制的に止めてしまうわけですね。
    ポイントは、息を止めた後はゆっくりと息を吐くことです。いきなり息を吐いてしまうと肺が急激にしぼんでしまい、同時に横隔膜も急激に動くためまたしゃっくりが起こってしまうので気をつけましょう。
  • ・人差し指を耳に入れる
    両耳に人差し指を入れて1分間程度軽く押さえます。
    この方法は、延髄の興奮を落ち着かせる効果があると言われています。
    ただしこの方法は、時と場合を選びます。授業中や大事な会議のとき、恋人との甘い語らいのときなどに人差し指を耳に入れて耳を塞いでしまっては、あらぬ誤解を受けてしまいますね。
    ひとりで家にいるときなどにぜひ試してみてください。
  • ・鼻をつまんで水を飲む
    これは昔からよく言われているしゃっくりの止め方の代表格ではないでしょうか。
    鼻をつまんで息を止めることで肺を大きく膨らませ横隔膜の痙攣を抑え、水を飲むことで消化管を通して内側から横隔膜に刺激を与える効果があります。
    水や飲料を飲める状況であれば試してみてください。
  • ・砂糖を喉に放り込む
    スプーン一杯の砂糖を喉に放り込むだけでしゃっくりが止まるそうです。
    原理は不明ですが、この方法でしゃっくりが止まったという報告が多数あるそうです。
    甘い物が苦手な人にはかなり辛い方法ですが、試してみる価値はあるかもしれません。ちなみに飴など甘い物を口に入れるだけで止まるという人も多いそうです。それなら気軽に試せそうです!

他にも、舌を引っ張る、左右の鎖骨の中心部にあるツボを押す、目をこするなどの方法があります。

まとめ

急に始まりなかなか止まらないしゃっくりは、日常生活においてなかなか厄介な現象です。
しかし、横隔膜を過度に刺激するような暴飲暴食や刺激物の摂取を避けることで、ある程度の予防は出来るかもしれません。

そして急に始まってしまっても、しゃっくりを止める方法は上記に挙げた方法をはじめ様々ありますので、色々試してみて、自分に合った方法を見つけておくと安心ですね。
また、2日以上続くしゃっくりは、病気のサインかもしれません。たかがしゃっくりと思わず、長引くしゃっくりは医師に相談してください。

人気記事はこちら

ラジオを録音するのにiPhoneのアプリは無料で出来るのか?

会社の留守番電話、メッセージ例とマナー

雨柱とは?読み方と京都の雨柱

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ