日傘の完全遮光の人気はおしゃれ以外で 選ぶなら折りたたみで涼しい軽量タイプ?

日傘というのは、涼しいというのが第一ですよね。

その他に折りたたみ性や軽量性など何を基準に選べば良いか分かり難いですよね。

日傘を使うと涼しいのは分かるのですが、折りたたみ性だけでなく、軽量性もありがますし、人気のUVカットだったり、おしゃれな完全遮光だったりで日傘というのは何でこんなに種類があるのでしょうか。

人気の折りたたみ性や軽量性の日傘というのは本当に涼しいのでしょうか。

涼しい日傘を選ぶポイントはあるのでしょうか。

人気の完全遮光や、おしゃれなUVカットというのは本当に涼しものなのでしょうか。

そもそも完全遮光というのは本当に100%完全遮光なのでしょうか。

人気度だったり、おしゃれ度を基準にして日傘を選ぶ人もいますが、おしゃれや人気だけでなく軽量性や、折りたたみ、どれだけ涼しいか?でも日傘を選びたいものですよね。

そこで今回は、完全遮光の日傘について、その他の折りたたみ性や軽量性の高い日傘や、おしゃれな日傘の選び方について

『日傘の完全遮光の人気はおしゃれ以外で 選ぶなら折りたたみで涼しい軽量タイプ?』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

完全遮光とUVカットの日傘

日傘は、折りたたみの精度やデザイン的に涼しい色柄、軽量性は重要な選ぶポイントになりますが完全遮光というのは本当に良いのでしょうか。

ここでは日傘を完全遮光で選んだ場合とUVカットで選んだ場合で考えてみたいと思います。

UVカットにしても完全遮光にしても日傘自体の折りたたみ精度は変わりません。

どちらを選ぶにしても軽量性と涼しい色柄を選べば良いと思います。

まずUVカットの日傘と完全遮光の日傘はどちらを選べば良いのでしょうか。

涼しい状態を求めるのであれば、これは完全遮光の日傘です。

肌へのダメージを抑えたいのであればUVカットを求めれば良いということになります。

これだけですから意外と簡単ですが、もっと端的に言ってしまうと日焼け防止を求めるのか、日よけを求めるのかで違ってきます。

完全遮光の日傘は日よけと言えますから日焼け防止ならUVカットの日傘を求めれば良いでしょう。

完全遮光の日傘を選ぶ

完全遮光で日傘を選ぶなら遮光率100%を表記された日傘を選びましょう。

なかには完全遮光を述べていても遮光率100%ではない日傘もあります。

必ず遮光率100%を選ぶようにしましょう。

完全遮光の次に選ぶ基準は色だと思いますが、人気の色は黒です。

ほとんどの日傘が黒を基準にしているといっても過言ではないといえます。

日傘を色で選ぶ

本当に、おしゃれ求める人は基準の黒は選ばないと思いますが涼しい色柄を選んだ場合、黒は避けたいところです。

黒を避けると正反対する色であれば白を選ぶということになると思いますがなかなか売っていないと言えるでしょう。
白は、涼しい色ですけれども、反射する色でもあり、いくら完全遮光でも反射した光を受けてしまうので、外側と内側で色を変えれば良いといえます。

外側が黒で内側が白である場合、地面からの照り返しを受けやすくなりますので、選ぶ場合は日傘の反射する内側を黒で日傘の外側を白であれば、反射を受けることがなくなります。

【スポンサードリンク】

日傘を軽量性で選ぶ

軽量性で選ぶならポリエステル20デニールリップストップで金属部分がカーボン仕様の折りたたみ日傘を選びたいところです。

これぐらいのランクの日傘であれば軽量性だけでなく耐久性もあるので、とても長持ちします。

軽量性を一番最初に選んでしまうと生地が薄いものになってしまいますので、生地が薄いと、日傘としての機能は下がります。

とても暑く感じることになりますのでできるだけ、生地の厚いものを選びましょう。

まとめ

日傘というのは、いろいろあるものですね。
オシャレな日傘も良いですけど、やはりUVカットや完全遮光など機能性でも選びたいと思いました。

また、とても良い日傘がありましたら、ご紹介したいと思います。

それではまた。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ