★飛行機に持ち込み出来るモバイルバッテリーの個数や容量に制限はある?

【スポンサードリンク】

出先でスマートフォンやタブレットのバッテリーが不足した時に、いつでもどこでも自由にバッテリーを補充することができる”モバイルバッテリー”。

仕事でもプライベートでも大活躍なモバイルバッテリーですが、飛行機などに乗る移動の場合、モバイルバッテリーの持ち込みには制限があることをご存知でしょうか?

うっかり規定の範囲外のモバイルバッテリーを持ち込むと、空港で没収されてしまうこともあります。

モバイルバッテリーの個数や容量などどのような部分が持ち込み制限されているのでしょうか?

飛行機は国内線と国際線で違いはあるのでしょうか?

没収されてしまわないように、事前にモバイルバッテリーの個数や容量などの制限について抑えておきたいところ。

そんな気になる飛行機に持ち込み可能なモバイルバッテリーの個数や容量などの制限についてクローズアップ!

今回は『飛行機に持ち込み出来るモバイルバッテリーの個数や容量に制限はある?』についてご紹介します。

機内に持ち込めるモバイルバッテリーの条件

現在、多くの電子機器やモバイルバッテリーには、「リチウムイオンバッテリー」と呼ばれるバッテリーが搭載されています。

この種類のバッテリーは、外部からの衝撃によって発熱・発火を引き起こす可能性があり、航空貨物としては危険物の扱いとなっております。

このうち、モバイルバッテリーは「予備電池」としての扱いとなるため、スーツケースなどの中に入れて「預け入れ手荷物」として預けることが禁止されています。

つまり、モバイルバッテリーを飛行機に乗せる場合は、必然的に「手荷物」の中に入れて持っていくことになります。

ただし、どんなモバイルバッテリーでも持ち込みができるわけではなく、モバイルバッテリーの容量や個数などには制限が課せられており、製品によっては持ち込みができないケースもあるんです。

しかも、国や各航空会社によって制限が異なるため、もし制限に引っかかってしまった場合、問答無用で没収されてしまうこともあるので注意が必要です。

  • 日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)、ソラシドエア、AIRDO、スターフライヤー、バニラ・エア、ピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン

    100Wh未満:持ち込み可
    100Wh〜160Wh:持ち込み可(最大2個まで)

  • スカイマーク

    100Wh未満:持ち込み可
    100Wh〜160Wh:持ち込み可
    ※機内持ち込みは合計2個まで

    国内線では、基本的に160Wh以下のモバイルバッテリーであれば機内への持ち込みが可能ですが、100~160Whのモバイルバッテリーは持ち込める個数が最大2個までとなっていますので、大容量のモバイルバッテリーを機内に持ち込む場合には気をつける必要があります。

    国際線のモバイルバッテリー持ち込みに関する規定は、一般的に国内線のものとほぼ同じですが、国によっては日本よりも厳しい条件を提示している場合もあります。

    例えば、一部の中国の空港の場合、機内持ち込みができるモバイルバッテリーの最大容量は100Whまでとなっていたりするケースも。

    他にも意外と多数の航空会社が100Wh以上のバッテリーの持ち込みを禁止しているため、国際線に乗る際には渡航先の空港や搭乗する航空会社の規定について、必ず確認しておくようにしましょう。

  • アメリカン航空

    〜100Wh:持ち込み可
    100Wh〜160Wh:持ち込み可(最大2個まで)
    160Wh〜300Wh:特別支援サポートに問い合わせる必要あり

  • ユナイテッド航空、デルタ航空

    100Wh以下:持ち込み可
    100Wh超〜160Wh以下:持ち込み可(最大2個まで)
    160Wh超:機内持ち込み不可(リチウムイオン電池内蔵の電動車椅子は要確認)

  • ブリティッシュ・エアウェイズ

    〜100Wh:持ち込み可(最大4個まで)
    100Wh〜160Wh:航空会社の許可が必要(最大2個まで)
    160Wh〜:機内持ち込み不可(リチウム電池を含むセキュリティデバイスは要確認)

  • エールフランス航空

    100Wh未満:持ち込み可
    100Wh〜160Wh:持ち込み可(最大2個まで)

  • ルフトハンザドイツ航空

    100Wh未満:持ち込み可(最大2個まで)
    100Wh〜160Wh:用途によって条件が異なる

  • KLMオランダ航空

    100Wh未満:持ち込み可
    100Wh〜160Wh:航空会社の許可が必要
    ※機内持ち込みは合計2個まで

  • 【スポンサードリンク】
  • 大韓航空

    100Wh未満:持ち込み可
    100Wh〜160Wh:持ち込み可(最大2個まで)
    ※機内持ち込みは合計5個まで

  • 中国国際航空

    50Wh以下:持ち込み可(最大8個まで)

    50〜100Wh:持ち込み可(最大2個まで)
    
100〜160Wh:持ち込み可(最大2個まで)

  • 中国東方航空

    100Wh以下:持ち込み可
    100Wh〜160Wh:持ち込み可(最大2個まで)
    160Wh以上:持ち込み不可(リチウムイオン電池内蔵の電動車椅子は要確認)

  • チャイナ・エアライン

    100Wh以下:持ち込み可
    100Wh〜160Wh:航空会社の許可が必要(最大2個まで)

  • キャセイパシフィック航空

    100Wh以下:持ち込み可(最大20個まで)
    100Wh〜160Wh:持ち込み可(最大2個まで)
    160Wh超:持ち込み不可(リチウムイオン電池内蔵の電動車椅子は要確認)

  • カンタス航空

    100Wh以下:持ち込み可
    100Wh〜160Wh:航空会社の許可が必要(最大2個まで)

  • ジェットスター航空

    100Wh以下またはリチウム含有量8g以下:持ち込み可
    リチウム含有量8g~25g:機内持ち込み可(最大2個まで)

うっかり預け入れ荷物に入れてしまった場合

うっかり忘れて飛行機に預けるトランクなどにモバイルバッテリーを入れてしまった場合、X線検査などで発見されればその場で没収となってしまいます。

没収されるのほど残念ですよね。

しかし、乗客全員が安全な飛行機の旅を過ごせるように、絶対にモバイルバッテリーは預け荷物に入れないようにしましょう。

容量の分からないモバイルバッテリーはどうしたらよい?

一般的にはモバイルバッテリーの電力(Wh / ワットアワー)が分からない場合は、以下の計算式で求めることが可能です。

Wh(電力)=V(電圧)× Ah(バッテリー容量)

※ 電圧はリチウム電池の場合はだいたい3.7V固定。

手持ちのものがあれば、念のため確認しておくことをオススメします。

まとめ

今回は飛行機に持ち込み可能なモバイルバッテリーの個数や容量などの制限についてご紹介しました。

飛行機で移動する場合、モバイルバッテリーは、手荷物に入れて飛行機内に持ち込みましょう。

【スポンサードリンク】

また、160Whを超える大容量のモバイルバッテリーは、持ち込むこともできず空港で破棄せざるを得なくなってしまいうので注意しましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年9月17日

カテゴリー:仕事 旅行 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ