ひまわりの種まきの時期は? 花言葉に秘められた想いとは!

ひまわりの時期になりました。

ひまわりっていつの間にか見かけますが、種まきはどんな時期におこなわれているのでしょうか?

ちなみにひまわりと言うタイトルの曲は意外にも日本一使われているタイトルなんだそうです。

それくらいひまわりとは皆に愛される花なんだなという事がわかりますね。

そこで先ほども書いたようにふと、ひまわりの種まきの時期は?と思ったのですが。
いつが種まきの時期なのでしょう?それに花言葉は何でしょう?

イメージとしては元気な、笑顔な花言葉なのかなと思ってしまいそうですね。

夏に元気いっぱい咲くひまわりを育てるために、いつ(時期)種まきをしてどんな風に育てたらいいか。
また、イメージ通りの花言葉なのかをまとめてみました!

そして、ひまわりの花言葉に秘められた意外な想いとは『ひまわりの種まきの時期は? 花言葉に秘められた想いとは!』花言葉の意味を味わってみましょう!

【スポンサードリンク】

ひまわりの種まきの時期は?

夏に咲くひまわりは4月~6月、この時期に種まきをします。

気温があたたかくなってから種まきをすれば、10日~15日で芽がでてきます。

土は、水はけ・通気性がよく適度に保湿性のある土が好まれます

種を植えたあとは、鉢底から流れ出るくらいのたっぷりのお水をあげましょう。

種を蒔いてから発芽するまでは土の表面が乾かないように、朝晩の水やりをしっかりするのがいいでしょう

また、ひまわりは種を蒔くだけでなく、苗の植え付けもできます。

地植えにすることもできるし、プランターに植えることもできます

種まきでも苗植えでも、時期は同じですので、キレイに咲くひまわりを想像しながらお水をしっかりあげましょう。

【スポンサードリンク】

ひまわりの時期をずらして楽しむ

ひまわりの中には短期間で開花するもものあり、その時期を考えて種まきをすれば9月頃まで花を楽しむ事ができます。

夏に元気いっぱいのひまわりは、その存在だけで周りを元気にさせますね。

サンサンと輝く太陽に向かって咲くひまわり。

その存在感の大きさから、夏を代表するお花。

鑑賞の期間を長くするために時期をずらし種まきをするのもいいですね。

9月でも、真夏の様な暑さの日は多くあります。

ひまわりのパワーをもらって、厳しい残暑も乗り越えていきたい時期ですね。

ひまわりの花言葉に秘められた想いとは?

ひまわりの花言葉は

・あなただけを見つめる
・愛慕
・光輝
・熱愛
・偽りの冨
・にせ金貨
・待っててね

などがあり、「あなただけを見つめる」という花言葉もあるので、プロポーズにも使われます。

では、プロポーズにも使われるその花言葉に秘められた想いとはどのようなものなのでしょうか?

ひまわりの花は「常に太陽の方を見ている」=「太陽だけを見つめている」=「あなただけを見つめる」というのがプロポーズにも使われる理由のようです。

またもう一方では、海の神様が太陽の神様に恋をした際、太陽の神様には意中の人がいて、恋は実らず、海の神様はひまわりの花に姿を変えてしまったと言います

この伝説が「あなただけを見つめています」になったとか。

最後に

ひまわりの花言葉ひとつだけでもこんなにたくさんの言葉があり、その花言葉の一つひとつにたくさんの想いがあるようですね。

「愛」に関するメッセージも多いからか、「偽り」や「にせ」の言葉も入ってきており、一見不思議に感じますね。

しかし、「愛」だからこそ奥深く、たくさんの想いが花言葉に秘められているのでしょう

知らずに通り過ぎると、「ひまわりの花」を見るだけですが、種まきや苗植えの時期を知り、花言葉も知ると、道端のひまわりが何だか愛おしく感じますね。

今年の夏は、ひまわりに話しかけて見たくなるかもしれませんね。

ありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ