★端午の節句に柏餅とちまきを食べる由来とは?ちまきの簡単な作り方は?

5月5日はこどもの日で端午の節句ですよね。

さらに、5月5日は男の子の日です。

家では、五月人形を飾って、こいのぼりを出して、柏餅やちまきを食べてました。

5月5日がこどもの日だと言われる由来や、端午の節句に柏餅やちまきを食べる由来についてはご存知ですか?

また、ちまきの作り方は難しいそうなイメージがありますが、簡単な作り方はどのようなレシピでしょうか。

気になる端午の節句に柏餅とちまきを食べる由来やちまきの作り方についてクローズアップ!

今回は『端午の節句に柏餅とちまきを食べる由来とは?ちまきの簡単な作り方は?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

端午の節句の由来は?

端午の節句とは、江戸時代に「重要な年中行事」として年に5日制定された行事の1つです。

  • ・人日の節句・・・1月7日
    七草粥を食べる日として有名ですよね。
  • ・上巳の節句・・・3月3日
    別名「桃の節句」とも言われ、江戸時代以降に「雛祭り」として庶民の間に定着しました。
  • ・端午の節句・・・5月5日
    古くは「薬草摘みの日」であり薬草としての菖蒲が「尚武」の音に通じるとして、男子の立身出世を願う行事へ転化していったそうです。
  • ・七夕の節句・・・7月7日
    有名な「おり姫とひこ星」の伝説は中国から伝えられたものですが、日本にも「棚機つ女」の伝説というものがあり、双方が結びついて「七夕」の節句となったそうです。
  • ・重陽の節句・・・9月9日
    「九」という数字は、易によれば「陽数の極」にあたり、これが重なると非常にめでたいとされています。

このように端午の節句は、男の子の健康を願う行事が、戦後になって、子供の成長と母への感謝をする日として「こどもの日」が制定されました。

端午の節句にちまきを食べる由来は?

では、端午の節句についてご紹介しましたが、ちまきを食べる由来はなんでしょう。

ちまきを食べるのは、中国戦国時代の楚の詩人屈原の命日である5月5日に、彼を慕う人々が彼が身を投げた汨羅江に邪気を祓う五色の糸でちまきを縛り、川に投げ入れて供養したことが由来と言われています。

そして、五色の糸は、鯉のぼりの吹き流しの色に反映されています。
また、急に暑くなる5月は病気にかかったり、亡くなる人が多く、5月は「毒月」とも呼ばれています。
そのため、健康祈願のため肉入りのちまきを食べたりしたとも言われています。

端午の節句に柏餅を食べる由来は?

続いて柏餅が食べられる由来も見ていきましょう。

柏の木の葉は、新芽が出てこないと古い葉が落ちないと言われ、新芽=子どもが産まれるまで、古い葉=親がなくならない、跡継ぎが途絶えないとされています。

この風習は江戸時代から定着し、特に武士の家で定着したと言われています。

昔、柏の葉が西日本では自生していなかったので、柏餅は西日本では手に入りませんでした。
そのため、西日本ではちまきを、東日本では柏餅を食べられることが多かったそうです。
今ではスーパーなどでどこでも買えますが、地域によってはその傾向が色濃く残っているそうです。

ちまきの簡単な作り方は?

ちまきの簡単な作り方をマスターして、手作りで作っちゃいましょう。

  • 1.もち米を軽く洗い、数時間水につけておきます。そして、使う30分前には水を切っておきましょう。
  • 2.にんじんやしいたけなどお好みの具材を1cmほど小さく刻みます。
  • 3.熱した鍋に食材ともち米を入れて軽く炒めます。
  • 4.もち米にツヤが出てきたら、水、醤油、佐藤、料理酒、塩コショウを入れ、水分がなくなるまで炒めます。
  • 5.水分が飛んだら、笹の葉や竹の皮で三角になるよう包み、10分程蒸らしたら完成です。

ちまきに入れる具材は、色々アレンジができますので、お好きな具材でアレンジしてみてくださいね。

柏餅の作り方は?

  • 1.上新粉とお水をよく混ぜ、耐熱容器に入れて、、電子レンジで数分加熱します。
  • 2.ラップの上に出し、こねます。(やけどしないように注意してください)
  • 3.20回ほど繰り返し、直接水に触れないよう、ビニール袋などに入れ、冷水で粗熱を取ります。
  • 4.冷めたら、何度かこねて、作りたい大きさに生地を分けます。
  • 5.生地を麺棒などで伸ばし、そこにあんこを入れます。
  • 6.あんこを入れたら、柏の葉で包めば完成です。

まとめ

今回は端午の節句に柏餅とちまきを食べる由来や簡単な作り方についてご紹介しました。

端午の節句に食べられるちまきや柏餅の由来は、中国が関わっていたりと興味深いものでしたね。

【スポンサードリンク】

端午の節句には、男の子の誕生や成長を祝って、思い出に残るような楽しい日になるといいですね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年4月26日

カテゴリー:地域 食べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ