結婚式のお車代の相場は?遠方から来られる方は全額負担?

結婚式の準備をしていると色々な予算が気になりますよね?

結婚式の会場費や食事代…予算が明示されていれば良いのですが、受付をお願いした人へのお礼や司会をお願いした時のお礼、仲人をお願いした人へのお車代や主賓へのお車代、遠方からのゲストへのお車代などなど…。予算が相場とされていてハッキリしていないものも多く、お礼やお車代はどの位の予算にするか?お礼やお車代をどのタイミングで渡すか?頭を悩ませてしまいます。

特に遠方から招待したゲストにはお車代を渡すのが相場となっていますが、金額は全額負担が相場なのか?どのくらいの距離が遠方なのか?もあやふやです。

また遠方のゲストを招待した場合、結婚式の時間や場所によっては、遠方とはいえ日帰りできる場合もあれば日帰りできず宿泊しなければならない場合もあります。

お車代の相場が全額負担や半額負担だとすると、宿泊代も全額負担や半額負担となるのでしょうか?

遠方のゲストには親戚や友人もいれば、仕事関係のゲストという事もあります。友人や親戚の中には「以前招待を受けてお車代を全額負担してもらった。とかお車代はもらわなかった」などという場合もあるでしょう。
果たして結婚式に招待したゲストとの関係によってお車代の相場は変わったり、招待を受けた時にもらった金額によって変わったりするのでしょうか?

そこで今回は『結婚式のお車代の相場は?遠方から来られる方は全額負担?』について紹介します。

【スポンサードリンク】

結婚式のお礼とお車代、心付けの違いとは?

結婚式でお礼を渡すとなると、表書きとしてはお礼(寿のみ)やお車代、心付けなどと記載します。
お礼もお車代も心付けも基本的には「感謝の意」を込めて渡すものなので、お礼である事に変わりはありません。それではどの様に使い分けすれば良いのでしょう?

  • お心付け
    ホテルや結婚式場、ブライダルプランナーなど、結婚式に関わるスタッフに渡すもので、式が始まる前に「宜しくお願いします」という意味合いで渡すものとなります。
  • お礼
    結婚式に招待した友人や親戚などに受付や司会、写真やビデオ撮影などをお願いする事が多いと思います。依頼を受けた人は結婚式の裏方として準備をする事になるのでその事に対する感謝として渡すものとなります。またプロやセミプロとして活動している友人に余興をお願いしたりする場合にもお礼を渡した方が良いでしょう。
  • お車代
    お車代には大きく分けて2つの意味があります。一つは交通費、そしてもう一つは主賓として挨拶をして頂いた場合、仲人として出席して頂いた場合などのお礼です。
    ネットなどでは、挨拶をお願いした主賓の方に対する謝礼の表書きには「まとめてお礼とする」とか「お礼と車代に分ける」などと言う意見もあります。

    しかし昔からの礼儀として「目上の方にお礼としてお金を渡す」という事は失礼にあたるという見方があり、また表書きをお礼としてしまうと挨拶や仲人への対価と捉える事もできるので、主賓や仲人へのお礼は「お車代」とした方が良いと言えるでしょう。

【スポンサードリンク】

お礼とお車代の使い分けと包む金額はどうする?

基本的にお心付けは結婚式が滞りなく進行する様にスタッフに渡すものです。サービスへの対価としてチップを渡す海外の文化に対し、より良いサービスを受ける環境(対人関係)を築くためにチップを先渡しするという日本独特の文化と言えるものかも知れません。

会場によっては心付けをお断りしている場合もありますが、その時はお菓子などを心付けと渡す事も良い様です。

それではお礼とお車代はゲストによってどの様に使い分け、渡す相場はどの位となるのでしょうか?

  • 主賓として挨拶をお願いした人
    お車代や御車料として新郎の主賓には新郎、新婦の主賓には新婦の苗字で渡します。金額の相場は1万円程度〜となります。
  • 乾杯をお願いした人
    お車代や御車料として新郎新婦両家連名で渡します。金額の相場は1万円程度〜となります。
  • 祝辞をお願いした人
    お車代や御車料として新郎側には新郎、新婦側には新婦の苗字で渡します。
    金額の相場は1万円程度〜となります。
  • 受付
    お礼や寿のみで新郎側には新郎、新婦側には新婦の苗字で渡します。金額の相場は3〜5千円程度、もしくは金額相当の贈答品となります。
  • スピーチや余興をお願いした友人や同僚
    お礼や寿のみで新郎側には新郎、新婦側には新婦の苗字で渡します。金額の相場は2千円程度〜、もしくは金額相当の贈答品となります。
  • プロやセミプロの友人や知人に余興をお願いした場合
    例えば通っているダンス教室の先生に余興をお願いしたり、ダンサーやミュージシャンとしてプロ活動している友人や知人に余興をお願いしたりする事もあります。お願いした人が先生にあたる関係または先生の様な活動をしている人ならお車代や御車料として、個人的な活動をしている様な人であればお礼や寿のみで、新郎側には新郎、新婦側には新婦の苗字で渡します。

    金額の相場は1万円程度〜となります。

  • 司会をお願いした人
    お礼や寿のみで新郎新婦両家連名で渡します。金額の相場は2〜3万円程度に戴いたご祝儀分を加えます。
  • プロに司会をお願いした場合お心付けとして新郎新婦両家連名で渡します。

    金額の相場は2〜5千円程度となります。

  • 遠方からのゲスト
    交通費+宿泊代が2万円以上かかる人を基準に用意します。お車代や御車料として新郎側には新郎、新婦側には新婦の苗字で渡します。

    金額の相場は交通費+宿泊代の全額、少なくとも半額程度〜となり、17000円ならば20000円といった様に千円単位は基本的に切り上げます。

結婚式は招待したり招待されたりするものです。遠方のゲストを招待するのであれば、既に招待されている場合もあるはず。そんな時は自分が招待された時に全額戴いたのであれば極力全額負担を、半額であれば半額もしくは全額負担するといった様に、自分が受けたお車代も目安の一つにすると良い様です。

遠方のゲストへのお車代が半額になってしまう場合には、事前に一言伝えておく様にしておくとトラブルを回避できます。

また遠方のゲストが親族の場合には、親族間で既に金額も含めてどうするか決めている場合もありますので、両親に確認をとりましょう。

遠方のゲストに対するお車代の受け渡しについては、ゲストが友人や知人の場合には受付を済ませた時に受付係から受け渡しをし、親戚の場合には両親や家族が受け渡しをするのが一般的となります。

以上となります。
結婚式は二人を祝福するために、大勢の人が貴重な時間を割いて参加してくれるものです。特に遠方の方はより多くの時間と労力を割いてくれています。お礼やお車代の金額も大切ですが、感謝する気持ちを忘れないでください。

まとめ

結婚式のお礼やお車代には包む金額にある程度の相場があり、渡す相手によってお礼とするかお車代にするか使い分ける必要がありますので注意してください。

【スポンサードリンク】

またお礼やお車代は感謝の気持ちを表すものなので、結婚式が無事終了し落ち着いたらお礼の言葉を文書や直接言葉で伝える様にしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年3月27日
最終更新日:2017年4月11日

カテゴリー:人間関係 恋愛

サブコンテンツ

このページの先頭へ