お香典を現金書留で郵送するときのマナー!送るタイミングはいつ?お悔やみ文の例文も紹介!

香典は線香やお花の代わりに御霊前にお供えするものです。

大切な方の訃報を受け取ったけれど、葬儀に参列できないという場合ありますよね。
そんな場合、せめて香典を郵送したいと思いますが、香典を現金書留で郵送してもよいものでしょうか。
また、香典を送る際のマナーとはどんなものでしょうか。

そして、香典を現金書留で郵送する場合、一体どのタイミングで送ればよいのでしょうか。

タイミングにもマナーはあるのでしょうか。

香典を現金書留で郵送する際、お金だけではなく、お悔やみ文を添えた方がよいかと思いますが、お悔やみ文はどのようなことを書いたらよいのか、参考になる例文はどんなものでしょうか。

例文があれば、わかりやすいですよね。

香典を郵送で送りたいと思っても、タイミングや添える手紙がマナー違反だとしたら、喪家の方に失礼になってしまいますので、気をつけたいところです。
気になる香典の現金書留で郵送する時のマナーや、タイミングとして、一緒に添えるお悔やみ文の例文は、どういったものを参考にしたらよいかを一挙ご紹介!

今回は『お香典を現金書留で郵送するときのマナー!送るタイミングはいつ?お悔やみ文の例文も紹介!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

香典の郵送方法

香典は、現金書留で送ります。

「現金書留専用封筒」に、香典袋と手紙を添えて入れるようにします。

このとき、現金書留封用は通常サイズと大判サイズがありますので、大判サイズの物を購入すると、どのサイズの不祝儀袋も入りますので便利です。
ちなみに、現金書留封筒は郵便局で購入する事が出来ます。

香典を郵送する手紙や封筒のデザイン

お悔やみ事なので、シンプルで落ち着いたデザインの便箋や封筒を使用しましょう。

便箋は、白無地のものがよいです。

もし、色のついた封筒を使うなら、明るい色は避け、グレー・すみれ色・深緑色など落ち着いたデザインのものにしましょう。
書く際は、筆以外にも万年筆や黒のボールペンでも大丈夫です。

封筒の表書きには、仏教・仏式の場合、「御霊前・御香典・御香料」、神式の場合、「御霊前・御玉串料・御神前」、キリスト式の場合、「御霊前・御花料・献花料」、無宗教の場合、「御霊前」と書くようにします。

【スポンサードリンク】

お悔やみ文を書く際に気を付けるポイント

お悔やみ文を書く際には、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

  • 【頭語や時候の挨拶は書かないようにする】一般的に手紙を書く際、拝啓や謹啓のような頭語、季節に合わせた時候の挨拶などを最初に書きますよね。

    しかし、お悔やみ文の場合は、こういった頭語や時候の挨拶は書かずに、本題から書くようにしましょう。

  • 【お悔やみを手紙で述べている理由を書く】お悔やみは直接述べるのが最も正しい方法であり、手紙はいわば略式なのです。

    事細かに書く必要はありませんが、弔問に伺えない理由とともにお詫びを述べるようにしましょう。

  • 【遺族を気遣う言葉を書く】悲しみを表すこと自体は大切ですが、「お力落としのことと存じますが、どうぞお気を強くお持ちください」など遺族を気遣う言葉を書くようにしましょう。
  • 【忌み言葉を使わない】忌み言葉とは、冠婚葬祭の場などで忌避される言葉です。

    「重ね重ね」「またまた」「次々」「再三」「追って」などの重ね言葉。

    「死ぬ」「滅ぶ」「死亡」「生存」「生きている」などの死を連想させる言葉。

    これらの言葉は避け、「ご逝去」「ご生前」「お元気な頃」などの表現に言い換えましょう。

お悔やみ文の例文

参考としてお悔やみ文はどういったものを書いたらよいでしょうか。

  • 【父親を亡くした人に宛てる場合】このたびは、ご尊父様ご逝去の報を受け、心からお悔やみ申し上げます。

    本来ならばすぐにでもお伺いしたいところですが、やむを得ぬ事情によりすぐに参上できず申し訳ございません。

    ご家族の皆様には、一日も早く心穏やかに暮らせますようお祈り申し上げております。

    略儀ながら、書中にてお悔やみ申し上げます。

  • 【仲が良かった人に宛てる場合】
    このたびは突然の悲報に、心からお悔やみ申し上げます。本来であれば直接お悔やみを申し上げたいところですが、遠方のためままならず、まことに申し訳ございません。

    ご家族の皆様はさぞご心痛かと存じますがどうかお力を落とされませんようご自愛ください。

    略儀ながら、書中にてお悔やみ申し上げます。

香典を郵送するタイミング

訃報のお知らせを受けたら、初七日までに着くようになるべく早めに送りましょう。
もし、連絡を受けるのが遅くなってしまい、初七日を過ぎてしまった場合は、速達を使いましょう。

まとめ

【スポンサードリンク】

今回は香典を現金書留で郵送する場合のマナーや一緒に添えるお悔やみ文の書き方についてご紹介しました。
訃報を受けたら、できるだけ早めに香典と手紙の用意をするようにしましょう。

そして、四十九日が終わり、片付けなど家族が落ち着いた頃に、電話や訪問するとなお良いでしょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年2月22日
最終更新日:2017年4月11日

カテゴリー:人間関係

サブコンテンツ

このページの先頭へ