日焼けした顔の赤みの対処と原因 ーアフターケアで早めに取る方法ー

日焼けによる顔の赤み対処のためのアフターケアについて書いてみたいと思います。

まず日焼けのアフターケアで一番に大事なのは顔や腕の赤みをどう対処するかということです。

それは日焼けによる腕や顔の赤みは完全な火傷と思うことです。

日焼けによる腕や顔の赤みは火傷、怪我、負傷と同じということです。

これをまず肝に銘じてください。

日焼けはとても危険です。

特にインドなどでは人口の2パーセントぐらいしかエアコン持てませんので日焼けで焼け死んでしまう人もいるくらいです。

日焼けによる赤み、かゆみを簡単に対処しないでください。

日焼けを甘くみず、すぐに対処するようにしましょう。

たかが日焼け、されど日焼けです

今回は『日焼けした顔の赤みの対処と原因 ーアフターケアで早めに取る方法ー』について書いていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

日焼けした顔の赤みの対処法

まず日焼けした顔の赤みには、冷やすことです。

これを第一に考えてください。

素手の日焼けはもちろん。

特に顔の日焼けは冷やすことです。

日焼けは火傷と同じですので冷やすことを第一にまず考えてください。

日焼けの冷やし方は、水氷、アイスノン、氷枕などをタオルで包んで冷やせば良いでしょう

水のシャワーなども、とても効果的です。

日焼は、まず冷やす、とにかく冷やすです。

一秒でも早く冷やすことを第一に考えてください

冷やした後の日焼け対策

日焼けには冷やすことを第一に考える。

それから次の対処をしてください。

これが日焼けのアフターケアとなります。

冷やした次は、保湿です。

特に顔の日焼けには化粧水などで赤み対処の保湿をしましょう。

顔の日焼けの対処法

このアフターケアは特に背中の日焼けだけでなく顔の日焼けによる赤みにはアロエを使って対処することをお勧めします。

アロエは本物の植物のアロエでなくても市販のアロエクリームでも効果があります

そして赤み、かゆみに、アロエは、とても効果的です。

アロエは日焼けのときに、とても万能に使えるツールです。

【スポンサードリンク】

アロエが日焼けに効く

なぜアロエが日焼けに効くのかというと皮膚の赤みに対処する消炎効果が効きます。

消炎効果は、日焼けのときの赤み、かゆみを抑える働きがあります。

アロエには消炎効果だけでなく保湿効果もあります。

保湿効果は、日焼けしたときの乾燥した肌に対処すれば、うるおいを与える効果があります。

そして殺菌効果があるので日焼けで赤みが出た肌を守る効果があります。

知人に自動車整備工場の社長さんがいます。彼は野外で自動車整備をするので常に日焼けと格闘しています。

顔の赤みにはアロエで対処しているそうです。

日焼け予防のために庭にアロエを育てているぐらいです。

自動車エンジンを素手で触って火傷したときの赤みにもアロエで対処しています。

まさにアロエは日焼けにも火傷にも効く万能ツールです。

対処しないと赤みはどうなるのか

日焼けの対処は、先ほども述べたとおり、
まず冷やす。これが第一です。

その次に保湿、そして消炎効果です。

この3つを、ぜひ覚えておいてください。

アフターケアをせず、顔の日焼けを対処せず

放置しておくと顔の赤みの日焼けは、火傷と同じなので一週間は痛みが消えないとみたほうが良いでしょう。

これで日焼けは万全です。

しかし日焼け後のアフターケアも大事ですが、日頃の肌のアフターケアも大事です。

常に肌の保湿は忘れないようにしましょう。

肌の保湿で大事なのは洗いすぎないことです。

これにつきます。

洗いすぎると体の油分もなくなってしまうので保湿できなくなります。
日頃の肌の洗いすぎ、擦りすぎには注意してください。
保湿で大事なのは乾燥肌を避けることです。

うるおいを保つスキンケア製品で常に肌のアフターケアを忘れないようにしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ