★本人限定受取郵便の受け取り方!家族でも受け取れる?土日に届けてもらえるのか?

【スポンサードリンク】

本人限定受取郵便はみなさんご存知ですか?

本人限定受取郵便は、原則封筒に記載された本人しか受け取ることができません。

この本人限定受取郵便の受け取り方はどのようにしたらよいのでしょうか?

ほかの郵便の受け取り方と同様なのでしょうか?

また、本人が不在の場合、家族でも本人限定受取郵便は受け取ることができるのでしょうか?

家族でも受け取ることができれば、郵便屋さんも楽ですよね。

さらに、土日でも配達してくれるのでしょうか?

平日は仕事などで受け取ることが難しい方も多いでしょう。

土日に届けてくれるのであれば、ありがたいですよね。

そんな気になる本人限定受取郵便の受け取り方や家族でも受け取れるのか、土日も配送してくれるのかについてクローズアップ!

今回は『本人限定受取郵便の受け取り方!家族でも受け取れる?土日に届けてもらえるのか?』についてご紹介します。

本人限定受取郵便とは?

本人限定受取郵便とは、本人確認も兼ねた郵便物の配達ができるシステムのことです。

振り込め詐欺やマネーロンダリングなどに使われることもあるので、銀行の口座開設は本人確認法という法律によって本人であることを確認しなければなりません。

ネット銀行の口座開設や、ネット申し込みの場合はそうした本人確認が現地(窓口)ですることができませんので、確認として本人限定受取郵便という方法が利用されています。

本人限定受取郵便の受け取り方

本人限定受取郵便は、大きく「基本型」「特例型」「特定事項伝達型」の3種類があります。

「基本型」は、配達ではなく郵便局の窓口でのみ受け取れるものとなっており、受け取りの際、運転免許書、パスポート、個人番号カードなどの顔写真付き公的証明書、もしくは健康保険証の被保険者証、国民年金手帳など写真のないものの場合、2点の提示が必要です。

「特例型」や「特伝型」は、配達もしくは郵便局の窓口での受け取りになり、顔写真付きの公的証明書が必要です。

ただし、「特伝型」は、宛先の住所と証明資料の住所が合致していることが条件です。

また、郵便局で受け取る場合には、事前に送られてくる「到着通知書」もしくは「不在配達通知書」の提示が必要なのと、印鑑も用意しておくとよいでしょう。

特定事項伝達型・特例型の場合の流れとしては、

1. 本人限定受取郵便が郵便局に到着
あなたの居住地域を担当する郵便局の配達支店に本人限定受取郵便が届く

2. 到着通知書の郵送
本人限定受取郵便を保管しているという連絡があなたに到着通知書というもので届く

3. 受け取り方法の事前通知
到着通知書に従って電話をし、本人限定受取郵便を窓口で受け取るか配達希望かを伝える

4. 本人限定受取郵便の受け取り
指定のゆうゆう窓口または自宅で本人限定受取郵便を受け取る

【スポンサードリンク】

本人限定受取郵便は土日でも配達可能なの?

配達時間は8時~21時で大まかですが時間指定も可能で、土日の配送も可能です。

・午前(8:00~12:00)
・午後1(12:00~14:00)
・午後2(14:00~17:00)
・夕方(17:00~19:00)
・夜間(19:00~21:00)

受け取り期限は10日ほどで期限を過ぎると差出人(依頼主)に返送されてしまうのでなるべく早くに受け取る必要があります。

本人限定受取郵便は家族でも受け取ることができる?

本人限定受取郵便はその名前の通り本人しか受け取る事ができないので、たとえ血の繋がった家族でも代理で受け取る事は不可能です。

自分でも受け取りに行けず、家族でも受け取れず、書類に記載されている保管期限を過ぎてしまったら、差出人へそのまま返されてしまいますので、受け取る為にはアクションを起こす必要があります。

本人限定受取郵便の保管期限はおよそ1週間です。仕事の帰りもいつも遅いし、次の土日も予定で埋まっていてどうしても受け取りに行けないという場合もあると思います。

郵便局員さんに聞きましたが、そういう場合は記載の電話番号にその旨を伝えれば例外的に保管期限を伸ばしてくれるそうです。

また、遅い時間の配達指定は19時~21時ですが、FAXの場合通常20時以降など細かな指定をする事ができませんので、コールセンターへ連絡すれば20時以降など細かな時間指定も考慮してもらえる場合もあるようです。

まとめ

今回は、本人限定受取郵便の受け取り方や家族でも受け取れるのか、土日も配送してくれるのかについてご紹介しました。

クレジットカードなどは悪用される可能性もあるので、厳しく本人しか受け取れないようにするのも納得です。

【スポンサードリンク】

本人限定受取郵便を面倒がらずに、確実に受け取るようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年8月2日

カテゴリー:郵便

サブコンテンツ

このページの先頭へ