★「五月晴れ」の意味と使い方!勘違いしてませんか?俳句に使うとき、五月晴れの季節はいつ?

突然ですが、五月晴れの意味ってご存知ですか?

五月晴れの意味勘違いして使ってませんか?

五月晴れは有名な俳人も俳句で使う立派な季節を表す季語で、俳句を含め昔から日本人に親しまれていた日本語の一つです。

さて、五月晴れと言えば、春の季節の5月の晴天を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

実は、本来五月晴れというのは、よく勘違いされやすいのですが、5月の晴天とは違った意味で使われるんです。

また、読み方も2通りあります。

「さつきばれ」なのか「ごがつばれ」なのか。

そんな今まで勘違いしていた五月晴れの意味・使い方や俳句に使用するときの五月晴れの季節はいつなのかについて一挙大公開!

今回は『「五月晴れ」の意味と使い方!勘違いしてませんか?俳句に使うとき、五月晴れの季節はいつ?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

五月晴れとは?

五月晴れは「さつきばれ」と読むのでしょうか、それとも「ごがつばれ」と読むのよでしょうか。

実は、呼び方によって意味に違いがあります。

五月(さつき)は、旧暦・陰暦の呼称になります。

旧暦の五月(さつき)、これは新暦の現在では 6月にあたります。

そのため、梅雨のシーズンである6月に、「梅雨の晴れ間」や「梅雨の合間の晴天」を指す言葉なんです。

梅雨のシーズン、雨ばかりの天気の中で、5月の青空を見るかのような恵みの晴れ間のことです。

五月という言葉が入っておりますので、5月の爽やかな青空を指して、五月晴れと思っていた方も多いでしょう。

しかし、実は5月の晴れの日のことは五月晴れとかいて「ごがつばれ」と読みます。

五月(さつき)という読み方は、あくまでも 旧暦の名残りなので、新暦の呼び方は五月(ごがつ)です。

現在の5月の空を指し示すときには、「ごがつばれ」が厳密には正しいです。

ですが、言葉は常に変化しているため、5月の晴れのことを「さつきばれ」と言っても慣用的に使われているので、間違いとまではいかないようです。

【スポンサードリンク】

五月晴れの俳句の季節はいつ?

五月晴れは季語としても用いられますが、季節はいつを指すのでしょうか。

「さつきばれ」と「ごがつばれ」では、季節が違うのはご紹介しましたが、季節も違います。

5月は春、6月は夏(初夏)なんです。

漢字にするとどちらも「五月晴れ」となってしまいますので、混同して考えてしまっている方も多いようです。

俳句で季語として、「五月晴れ」を使う際は注意してみてくださいね。

そのことを踏まえて俳句を少し見ていきましょう。

「木のまたに朝日出でけり五月晴」正岡子規

有名な正岡子規の俳句です。

新暦五月の晴れの日にも使えるように定着した五月晴れですが、俳句の季語としては初夏の季語です。

「五月雨を集めてはやし最上川」松尾芭蕉

有名な松尾芭蕉の俳句です。

これも梅雨の雨で最上川の水が増しすごい勢いで流れている様子を指してます。

五月雨とは?

五月晴れと似た言葉で、五月雨という言葉があります。
五月雨っていうけれど、5月にそんなに雨が降るっけ?とふと疑問に思ったことがあるかと思います。

実は、五月雨も旧暦の5月のことを指した言葉で、現在の梅雨のことを表しています。
五月雨は「さみだれ」と読み、梅雨の時期の長く降り続く雨の様子を表します。
つまり、五月雨の間の晴天が五月晴れなわけです。

五月雨や梅雨も季語として使用され、初夏を表す季語です。

五月雨式ですみませんなどと使うことがあると思いますが、これは一度で終わらず、何度も断続的に繰り返すことを五月雨式というそうです。

もともとは出版業界の隠語で、原稿の完成を待って作業を進めることを「五月雨式」と言ったことから広まったようです。

出版業界にとっては当たり前のことなのですが、普通の仕事の作業工程でそのような状態のとき、五月雨式はネガティブな意味で使われます。

ビジネスにはいろんなジャンルがありますし、客先との関係の築き方もいろいろありますし、意図的に「五月雨式」にする場合もあると思いますが、「五月雨式」と言われたら間違いなく良い意味ではないので覚えておきましょう。

まとめ

今回は五月晴れの意味についてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

今まで勘違いして使っていませんでしたか?
ちゃんとした意味を理解していないと言葉が通じなくなってしまいます。

言葉の意味をきちんと理解して、正しく使うようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年3月9日

カテゴリー:地域 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ