★子供の夏休みの宿題、親の関わり方!何をどこまで手伝う?先生にはバレる?

夏休みも半分を過ぎると、もう宿題をやってしまったという子もいれば、まだ全く手を付けていないという子もいるでしょう。

そんな子供の夏休みの宿題。

どこまで親が関わっていけばよいか悩みますよね。

宿題を手伝うと子供の為にならないし、かといって親として何かサポートしてあげたい。

世間一般の意見としても、賛否両論さまざまです。

どんな親としてどんな関わり方がベストなんでしょうか。

子供の為にもなるような関わり方とはどのようなものでしょう。

でも、実際、子供の夏休みの宿題を手伝うと、先生にバレるものなんでしょうか。

先生にバレるとしたら、あまり手伝わない方がよいのでしょうか。

さらに、先生の立場からして、親が手伝うのもどう思っているのでしょう。

そんな気になる子供の夏休みの宿題に対して、親の関わり方や手伝うと先生にバレるのかについてクローズアップ!

今回は『子供の夏休みの宿題、親の関わり方!何をどこまで手伝う?先生にはバレる?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

夏休みの宿題手伝う?どこまで手伝う?

夏休みに入って結構経つのに全く進んでいない子供の夏休みの宿題。

そんな時、親としてどうしますか?

手伝いますか?それとも、手伝いませんか?

どうするのが一番別ベストなのかは、子供によって違ってくるかと思いますが、思うように進めず困っていたら、手伝ってあげるのも手でしょう。

手伝うといっても、宿題そのものを手伝うのではなく、どうやってすすめるかやどうやって楽しく進めるかなどについて一緒に考えてあげるとよいでしょう。

例えば、夏休みの計画表を練って、そのスケジュール通りにやっていけば、宿題が終わるようになりますよね。

もしくは、長期的な計画ではなく、今日はこの宿題をここからここまで、翌日はこの宿題をどこまでやるなど、一緒に考えてあげるとよいでしょう。

宿題は、やらされている感のものより、自分で決めてやっていると思えたほうがやる気が出ますよね。

【スポンサードリンク】

親が宿題を手伝った子供の方が成績が下がる?

小学生時代に親がつきっきりで宿題を手伝うほど、年齢が上がるにつれ、子供の学業成績が低下したという研究結果があるそうです。

これは、課題を前にする度に、親に手伝ってもらうことに慣れてしまうのです。

そのため、自分で考えたり工夫したりという力が培われないためです。

では、手伝ってはいけないため、親は放っておけばいいのかというと、なかなか自分から宿題をしないですよね。

そのため、全く手付かずのまま締め切り直前になって徹夜で取り組み、結局宿題の内容が何も身についていないということにもなり得ます。

手伝い過ぎるのでもなく、ほったらかしにするのでもなく、効果的なサポートを行っていくようにしましょう。

夏休みの宿題を自分からやらせるようにするには?

親に言われることなく、自分自身から宿題をやるようになってほしいですよね。

そのためにはどのようにしたらよいのでしょうか。

まずは1日のタイムスケジュールを決めましょう。

時間割風や円グラフなど子供自身が本時間ごとにやることを決めてもらいます。

そして、できないところを怒られたりすると子供からすると、やる気がなくなってしまいます。

一緒に宿題をしている時などは、できたところは認めるなどして、楽しく宿題をすすめられるような雰囲気をつくってみましょう。

ちなみに、よくこどもを褒めましょうといわれることがありますが、これはやり方によっては逆効果になるとこがるので注意しましょう。

小学校低学年くらいの時は褒めることで勉強を頑張るようになりますが、高学年になると自我も強くなり自分で目標を決めてがんばって行く時期になります。

そのため、子供が小さい頃は褒めて勉強をするような雰囲気を作り、だんだんと自分で何を勉強したいか、どう勉強したいのか考えるように移行するようにサポートできるようになるとよいでしょう。

親が手伝った宿題はバレるもの?

自由研究とか親に手伝ってもらったなどという方も多いのではないでしょうか。

実際、自由研究の半数以上が親に手伝ってもらったものだと、先生は分かるそうです。

その理由としては、明らかに出来がよいからだそうです。

親が作ったことがバレバレの自由研究には、あえて低い評価をつけることもあるそうですので、評価欲しさに親が自由研究をやるのはやめておきましょう。

まとめ

【スポンサードリンク】

今回は子供の夏休みの宿題に対して、どこまで親が関わるのか、手伝うと先生にはバレるのかについてご紹介しました。

宿題は「子どもの自主性」に任せたいところですが、自分でやってくれるようになるまでは、宿題の計画を一緒にたてるなど、できる範囲のサポートをしてあげるようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年5月31日

カテゴリー:テスト 言葉

サブコンテンツ

このページの先頭へ