夏休み明けに学校に行きたくないという小学校の子供の不登校への対処法

楽しかった夏休みも終わり、いよいよ2学期というときに最近増えているのが、

「夏休み明けに学校へ行きたくない」

という小学校の子供の不登校の問題です。

確かに夏休み明けの小学校では、宿題の提出、夏休み明けテストなど学校に行きたくない理由が多くあります。

しかしそれがきっかけでだんだん不登校が長期化していってしまうと困りものですよね?

そこで今日は小学校の子供が夏休み明けに「学校行きたくない」といって不登校になってしまった時の対処法と、夏休み明けに小学校の子供が不登校にならないための予防策について書いていこうと思います。

ここで注意したいのは子供が学校に行きたくない理由はただ面倒くさいという理由だけではないということです。

もしかしたら学校に行きたくない理由の中にいじめなどの深刻な問題が隠れているかもしれません。

ここを無視して力づくで学校に行かせようとすると、小学校の子供さんの場合自信を無くし、長期の不登校に陥ってしまうことがあります。

ですのでまずは学校に行きたくない理由からリサーチし『夏休み明けに学校に行きたくないという小学校の子供の不登校への対処法』を行ってみてください。

【スポンサードリンク】

夏休み明けに小学校の子供が学校に行きたくない理由3つと対処法

  • 無気力タイプ
  • 甘え 不安タイプ
  • 年限関係の問題あが不登校の理由にかくれている場合

【無気力タイプ】

「学校に行くのがだるい」「面倒くさい」
「学校をもっと休みたい

と訴えるのがこのタイプの子供です。

理由としては夏休み中の生活習慣の乱れにより、朝起きられなくなったり、また家でのゲーム三昧の生活に慣れてしまい、学校へ行くだけのエネルギーが無くなってしまった可能性が考えられます

このタイプの子供さんの場合はいったん学校にいくと、自信をつけ、また学校に行けるようになります

ただ長期欠席すると、学校にますます行きにくくなってしまうので、例えば学校で仲の良い友達に迎えにきてもらったりなどして、学校に目を向けるように働きかけていきましょう

【甘え 不安タイプ】

「学校に行くのが怖い」
「学校に行くのが不安だ」

と訴えるのがこのタイプの特徴です。

人によっては学校に行こうとすると、嘔吐や腹痛発熱などの症状が伴うことがあります。

理由としては親との分離不安が隠れている可能性があります。

分離不安は精神的な病気ではないですが、そのままにしておくと、子供さんの自立や社会性の形成に大きな影を落とす場合があります

必要であればカウンセリングを受けるなどした方が良いでしょう。

ただしここで注意したいのは方向性としては学校にいくことを目標にしてほしいのです。

そうしないとこのような状況から抜け出すのが難しくなってしまうからです。

学校にいけないのであれば、まずは玄関まで出てみたり、それも難しければ寝室を出るなどを目標にして徐々に不安を取り除きながらやっていくとよいと思います

【年限関係の問題あが不登校の理由にかくれている場合】

「学校に行くと○○君に悪口いわれる」

など人間関係の訴えがあるのが、このタイプです。

このタイプの子供さんの場合、問題となっている人間関係を取り除くことができれば、また学校に行けるようになるのですが、いじめなどがある場合なかなか子供は親や先生など身近な人に打ち明けることができません

手遅れになる前にまずは子供が話しやすい雰囲気を作っていきます

それからお母さん、お父さんが普段から子供の人間関係に干渉していくのではなく、敏感になっていくことも重要な点であるように思います。

そして仮に学校内での陰湿ないじめが分かった場合にはいったん登校させるのをやめ、担任の先生やカウンセラーなどと連携しながら、転校などのしかるべき措置をとっていくようにしましょう

【スポンサードリンク】

夏休み明けの小学校の子供不登校を予防するには

  • 生活習慣を乱さない
  • 親が他人行儀をしない

【生活習慣を乱さない】

夏休みになるとやはり、生活習慣が乱れてしまいがちです。

そこでまずは夏休みにであったとしても生活の習慣を変えないようにしていきましょう。

幸い夏休み多くの地域では巡回ラジオ体操がありますので、ぜひそれをきっかけとして、学校に行ってた時の生活習慣に戻すのは可能であると思われます。

【親が他人行儀をしない】

よく悪いことをした時、子供の気持ちを尊重すからと、なかなか親が叱るということはしません。

しかし先ほどもいいましたが、叱らない場合子供の悪いことが正当化されてしまう場合があるので、適度に叱ったりしてみるのも良いと思います。

その際子供の逃げ道をふさいでしまうような言い方はせず、親の気持ちをゆっくり諭すように語るのがよいです。

変に怒鳴ったりしてしまうと、子供は親の言葉を聞かないばかりか、怒られたというイメージだけが頭に残ってしまい、後の親子関係に影響する場合がありますので、十分注意していきましょう。

そしてそのあとに作られる信頼関係こそ、子供が何かあった時に話せる雰囲気の元となります。

まとめ

ここまで夏休み明けのに学校行きたくないと小学校の子供が訴えたときの対処法と、そうならないための予防法を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

夏休み明けは確かに不登校になりやすい時期でもありますが、同時に不登校から抜け出せる時期でもあります。

重要なのは夏休み中に子供の心がどれだけリフレッシュできているかだと思います。

普段から子供と密に接して、今考えていること、悩みごとを普段から把握していおく必要があるかと思います。

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ