家の壁の落書きの消し方!クレヨンやマジック、口紅はどうやって落とすの?

家の真っ白い壁。
ちょっと目を離した隙に、やられた!

お子さんがクレヨンやマジックで落書きしちゃった~!

小さなお子さんがいるご家庭では、こんなことがありませんか?
小さなお子さんにとって家の広い真っ白い壁は、実に魅力的なキャンバスですよね。
芸術が爆発するのは、出来れば紙の上だけにしてほしい!家の壁に書かれた落書きはやっぱりきれいに消したいですよね。
家の壁に書かれたクレヨンやマジックの落書きの消し方って?

子供いないし独身だから壁の落書きとは無縁と思っているそこのあなた、恋人に浮気がバレて、壁一面に罵詈雑言を口紅で書き殴られるなんてことがないとも限りませんよ。
そんなことになったら、一刻も早くきれいさっぱり消したいですね。
壁についた口紅の消し方とは?
クレヨンとマジックと口紅では、消し方が違うの?

今回は『家の壁の落書きの消し方!クレヨンやマジック、口紅はどうやって落とすの?』と題して、家の壁に書かれてしまった落書き、クレヨン・マジック・口紅それぞれの消し方を調べてみました。

【スポンサードリンク】

クレヨンの消し方

クレヨンは油汚れです。なので基本的には油分を分解して落とす作用のある物を使えば消せます
具体的な方法は以下の4つ。

【メラミンスポンジでこする】
メラミンスポンジという、洗剤を使わずに汚れを落とせるスポンジが売っていますよね。あれに水を含ませてこすってみましょう。

【石けんを使う】
バケツに熱いお湯を入れて、タオルを浸して軽く絞ります。雫が滴り落ちない程度に濡らしたタオルに石けんをこすりつけて、落書き部分をこする。
水よりお湯の方がやはり汚れが落ちやすいです。

【歯磨き粉を使う】
古歯ブラシに歯磨き粉をつけて軽くこすります。その後、水で濡らし固く絞った雑巾で拭き取る。
歯磨き粉を使うというのは意外な方法ですが、これは効果が高いようです!

【クレンジングオイルを使う】
メイク落としに使うクレンジングオイルを落書き部分に染み込ませ、古歯ブラシで軽くこする。その後、水で薄めた中性洗剤を含ませた布で叩いて落とす。
油汚れにはクレンジングオイルが強い!これはクレヨンメーカーも推奨するクレヨン汚れの落とし方です。

マジックの消し方

マジックも油性汚れです。
書かれた直後、まだ乾ききらないうちは比較的消しやすいですが、時間が経ってインクが乾いてしまうと厄介です。

【メラミンスポンジでこする】
書いてから時間が経ってない場合はこれだけで綺麗に消せます。ただし、ビニールクロスの壁には不向きです。

【除光液で拭く】
書いてから時間が経ってしまったマジックの落書きには、メラミンスポンジは効果がありません。その場合は、少量の除光液をコットンや綿棒につけて叩くようにして拭き取る。拭き広げないよう注意してください。

上記の2つの方法は、ビニールクロスタイプの壁には不向きです。
ビニールクロスタイプの場合

【歯磨き粉を使う】
古歯ブラシに歯磨き粉をつけて軽くこすります。その後、水で濡らし固く絞った雑巾で叩くように拭き取ります。

【落書き消しスプレーを使う】
市販の落書き消しスプレーも有効です。
ただし、壁の目立たないところに少量吹き掛けて壁の材質に変化がないか確認してから使いましょう。

【スポンサードリンク】

口紅の消し方

【クレンジングオイルを使う】
口紅は化粧品なので、メイク落とし用のクレンジングが有効です。
指にクレンジングオイルをつけ、汚れに沿って塗ったのち、古歯ブラシで軽くこする。
やはり化粧品にはメイク落としが一番いいようです。

しかし独身男性などはメイク落としのクレンジングなんて持ってないという方もいますよね。クレンジングを使わずに壁の口紅を消せる方法があります。

【ドライヤーを使う】
ドライヤーの熱で口紅の汚れを浮かせて取る方法です。
口紅の汚れにドライヤーの熱をあて、ウェットティッシュで拭き取りましょう。

まとめ

いかがでしたか?
意外と活躍するのが歯磨き粉古歯ブラシです!歯ブラシは古くなっても捨てずにお掃除用として活用しましょう!
また、上記の方法でも消えない頑固な汚れや、油性ボールペンで書かれてしまった落書きも、あきらめないで。

ガンジー インキ消し ボールペン用

アマゾンや楽天市場で800円前後で購入出来ますが、たいていの落書き汚れはこれできれいに落ちますから、小さなお子さんがいるご家庭には、ひとつ買っておくと安心でしょう。

ともあれ、壁に書かれないのが一番いいので、いくら書かれても安心な大きめの白い紙か黒板、ホワイトボードや段ボールハウスなど、子供がおもいっきりお絵描きを楽しめる環境を用意しておくといいかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ