IHフライパンでの美味しいステーキの焼き方のコツ!

美味しそうなステーキ肉が特売だった!
そんなときは、自宅で美味しいステーキを焼きたいですよね!
でも、ステーキなんて滅多に焼いたことがないから、火加減を間違えてパサパサの固いステーキになっちゃった…。
そんなことありませんか?
特売とはいえ滅多に買わないステーキ肉、失敗なく美味しく焼きたいですよね。
でもウチにはIHと普通のフライパンしかない…。
ステーキって、家庭のIH調理器とフライパンでも美味しく焼けるの?ガス火とか波形のプレートがないと美味しく焼けないんじゃないの?と思っている人も多いのでは?
また、フライパンで表面を焼いてからオーブンを使って中まで火を通す焼き方もありますが、正直めんどくさい(^o^;)
IHとフライパンだけでOKの、簡単美味しいステーキの焼き方を知りたい!

IH本当に知りたいですよね。

フライパンでの美味しいステーキの焼き方ぜひ知りたいです。

IHのフライパンで全て美味しいステーキが焼き方が分かるなら知りたいものです。

そこで今回は『IHフライパンでの美味しいステーキの焼き方のコツ!』と題して、家庭のIHとフライパンで美味しいステーキを焼くコツ、失敗しない焼き方とは?調べてみました。

【スポンサードリンク】

焼き始める前に

まずはお肉を焼き始める前に、準備が大事です。

・お肉は必ず常温に戻すべし
お肉は冷蔵庫から出し、常温で30分~1時間ほど置いておきましょう。
冷たいままのお肉を焼くと、表面だけ焦げて中は冷たいままだったり、中まで火を通そうとして焼きすぎてしまうという失敗を招きます。
ステーキを焼くときの失敗のほとんどは、焼きすぎることにあるのです。
必ず常温に戻しましょう。
冷凍や半解凍のお肉をそのまま焼くなどもってのほかです!
そしてこのとき、まだ塩・コショウを振ってはいけません。

  • ・塩・コショウは焼く直前に!
    塩を振ってから放置すると、お肉から水分が抜けてしまいます。すると、お肉がパサパサになるばかりか、旨味まで水分と一緒に抜けてしまうので絶対にNGです。
  • ・切り込みを入れるのは筋の多い固い肉だけ
    筋の部分には切り込みを入れるというのはお肉を焼くときの常識としてよく言われていることです。筋を切っておかないと、焼いたときに繊維が縮んでお肉が反ってしまいます。
    しかしどんなお肉もやみくもに切り込みを入れればいいというものではありません。
    目で見て触って、明らかに固い筋がある場合だけでOKです。切り込みを入れ過ぎると焼いたときにそこから旨味が逃げてしまいます。

では、焼いていきます!

【スポンサードリンク】

アルミホイルで包み焼き!

家庭のIHとフライパンで簡単に失敗せずにステーキを焼く方法として今回ご紹介するのは、表面を焼いてからアルミホイルで包んで余熱で火を通す方法です。
この方法なら失敗なく、程よく中をミディアムレアに仕上げることができます。

  • 1.お肉に塩・コショウを振ります。
    厚さ2cmくらいのステーキ肉を用意します。
    速水もこみちさんのように、腕を伸ばして上から塩・コショウを振ると、見た目がかっこよくプロっぽいだけでなく、お肉に均一に塩・コショウがかかります。
  • 2.フライパンに油をひき、加熱します。
    IHの場合、空焚きはNGですので、必ず油をひきましょう。ニンニクのスライスを炒めながら加熱してもよいですね。
    焦がさないように気をつけて、ニンニクがキツネ色になって香りがたったら一旦取り出します。
  • 3.アルミホイルを用意します
    ここでアルミホイルを用意しておきます。お肉を包み込めるサイズにカットしておきます。
  • 4.お肉を焼き始めます
    ニンニクを取り出したフライパンを強めの中火で加熱します。IHなら10段階の6で。
    お肉をフライパンに入れ、1分半焼きます。1分半経ったら裏返して1分焼きます。お肉は動かさないこと。
  • 5.【重要】アルミホイルで包みます
    焼いたお肉を取り出して、アルミホイルに包んで5分おきます。
  • 4.フライパンに残った肉汁でソースを作ります
    酒、醤油、みりんを1:1:1の割合でフライパンに入れ程よく煮詰めます。
  • 5.お皿に盛りつけます
    ここでまたポイントです。
    お皿は湯煎か電子レンジで軽く温めておきます。この一手間が大事です
    冷えたお皿に盛りつけてはせっかく計算して焼いたお肉が台無しですよ。
    お肉を程よい大きさにカットして、お皿に盛りつけます。最初に炒めたニンニクと作ったソースをお肉にかけたら完成です。

まとめ

いかがでしたか?
この方法なら、アルミホイルと余熱を利用して、肉汁を中に閉じ込め程よくミディアムレアに仕上げることができ、ご家庭で簡単に柔らか美味しいステーキを焼くことが出来ました。
皆さんもぜひ試してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ