火山噴火の煙に雷が起きるのはなぜ?動画や画像でわかりやすく解説!

火山ってなぜ噴火するんでしょうか?煙を出したり雷を起こしたりすごいですよね。

動画や画像などないか、あれば見てみたいものです。

山で火山なんか起きたら、噴火するだけじゃなくて、煙は出たり、雷は起きたり、もう、この世のことじゃないみたいですよね。

なぜ皆さん、動画とか画像にして保存できるか不思議でなりません。火山の噴火について、雷や煙について、なぜ起きるのか?ぜひ画像や動画で知りたいところです。

火山の噴火だけでもよいのですが、 煙や雷の解説もお願いしたいものです。

なぜ噴火するのか動画や画像で分かりやすく知りたいところです。

火山の噴火は煙や雷で、なぜ分かるのか解説動画や解説画像をお願いしたいです。

そこで今回は『火山噴火の煙に雷が起きるのはなぜ?動画や画像でわかりやすく解説!』と題して、そのあたりを大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

火山噴火の煙に雷が起きるのはなぜ?

火山雷というものがありますが、これは火山が起きると、雷がおきることです。

いくつかの砂粒などが、叩きあうことによって電荷が蓄積されることによって、嵐や火山灰から稲妻が起こることです。

このようなことで、火山が起こることを火山雷と言います。

砂粒の衝突が雷を起こすことが、主な雷の原因となります。

雷は雲から発生させる静電気で空気と混じり合い放電させて、発電させますが、このような通常の雷の発生を起こさず、水滴を使いません。

主な雷を起こす原因は、砂粒だけでなく、噴火の爆発による水蒸気や火山灰、火山岩などの衝撃も摩擦を起こして、摩擦電子の発生により、雷を起こすのです。

火山が原因だけでなく、他の現象により、雷が発生するケースもあります。
例えば山火事などでも雷が発生します。
原理とそしては火山と同じ現象ですが、この場合は、主に熱による上昇気流が原因で雷を発生させます。

雷が起こる火山や山火事以外での現象としては、原子力爆弾や原発事故でも雷が発生しますが、原因はやはり、火山で発生する雷と同じ原理とみてよいでしょう。

【スポンサードリンク】

動画や画像でわかりやすく解説!

この火山雷は、とても観察が難しいと言われています。
なぜなら火山が起きたときに、雷が起こるので、今まで人間が火山に近づいて、火山の上に発生する雷を撮影するのは、とても困難を極めていました。

主に、このような火山による雷を目撃される場所は、桜島の噴火で見られる現象になります。

桜島といえば噴火が継続されるのではないか?と心配されるほど火山が多く、そして、この火山から雷も発生しています。

この桜島の雷の発生も、やはり水蒸気と火山の灰と火山の石が原因で発生しています。

この状態から摩擦で電気が発生したものが雷になるのです。

火山から発生する雷は必ずしも水蒸気が必要なのではなく、やはり砂や砂利の摩擦で電気が発生しますから、どんな環境でも火山から雷を起こすことができるのです。

以下は産経新聞社のツイートですが桜島からの噴火と、雷の画像です。

桜島の雷

かなり、恐ろしい映像に見えますが、鹿児島市の桜島の噴火は日常茶飯事なので、
あまり心配はいらないのかもしれません。

一番、心配しなければならないのは、桜島から50キロにある川内原子力発電所だといえると思います。

なぜここに原子力発電所があるのかもよく分かりませんが、雷の危険性より噴火後の連鎖爆発かもしれません。

まとめ

いやーかなり、雷は怖いですね。

それが、火山の噴火で雷が起こるというのですから、映像を撮る新聞社の人も命がけですね。

なんで火山で雷が発生するのかも分かりまして、とても助かりました。

とても勉強になりました。

このような映像が見えて、とても感激です。
また新たな、火山による雷の姿を公開したいと思います

ありがとうございました。

台風が沖縄にくる時期は?

石垣島の台風のシーズンを避けらる?時期と統計を調べてみた。

台風対策はガラスが決め手?家や車の窓が割れないようにする方法

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ