★iPhoneのスクショのやり方!無音にできる?

【スポンサードリンク】

気になったページをメモ代わりにスクショをとる方も多いでしょう。

iPhoneでのスクショのやり方はどうしたらよいのでしょうか?

また、iPhoneのスクショをしようとして、音のせいで周りから注目を集めたり、盗撮を疑われたりという困った事態が起きてしまうこともありますよね。

iPhoneでスクショを無音にできるのでしょうか?

無音にできるのであれば、どのようにしたら無音になるのでしょうか?

そんな気になるiPhoneのスクショのやり方や、無音のやり方についてクローズアップ!

今回は『iPhoneのスクショのやり方!無音にできる?』についてご紹介します。

iPhoneでのスクショのやり方

  • iPhone Xでスクリーンショットを撮影する場合

    iPhone Xではホームボタンが廃止されたため、スクリーンショット撮影の手順がデバイス右側にあるサイドボタンと上側の音量ボタン(アップ)の同時押しに変更されており、きちんと同時押しする必要はありません。

    サイドボタンを長押しした状態で、すぐに音量ボタン(アップ)を押し、ボタンから指を離す手順でも撮影できます。

  • iPhone 8以前のiPhoneでスクリーンショットを撮影する場合

    iPhone 8以前のiPhoneで現在表示されている画面をそのままキャプチャする、スクリーンショットの撮影方法は、iPhoneのスリープ・スリープ解除ボタン(電源ボタン)を押しながら、ホームボタンを押すだけです。

    「電源ボタンを押しながらホームボタンを押す」と説明しましたが、その逆でも大丈夫です。

    電源ボタンを先に押すと、スリープ状態になってしまったり、電源を切るためのスライダが表示されてしまったりするようなら、ホームボタンを先に押してから電源ボタンを押すとよいでしょう。

    ただ、この場合はホーム画面に戻ったり、Siriが起動したりしないように注意が必要です。

    2つのボタンを押す間隔をできるだけ短くするのが、コツです。

    どちらのボタンを先に押すかは、その時の状況に合わせて選びましょう。

    撮影したスクショは、「写真」アプリから表示できます。

片手でスクショ撮る方法

2つのボタンを短い間隔で押し、うまくスクショを撮るのには、コツがいりますよね。

なかなかうまくいかないとイライラしてしまうことも・・・。

そこでオススメなのが、iPhoneにデフォルトで備わっている「AssistiveTouch(アシスティブタッチ)」という機能です。

設定を少しいじるだけで、片手を使ったワンタップだけで確実にスクリーンショットを撮ることができてしまうんです。

そもそもAssistiveTouchとは、ボタン操作や複雑なタッチ操作などを画面上にメニューボタンを表示させ、簡単に実行できるようサポートする機能です。

・ホームボタン替わりにできる
・片手でピンチアウトできる
・スワイプせずタップだけでスクロールできる
・マルチタスクでのアプリ終了を少し早められる

などの操作が可能です。

【スポンサードリンク】

AssistiveTouchはデフォルトの設定では有効になっていませんが、設定アプリを開き、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」と進み、Assistive TouchをONにすることで使用できるようになります。

機能が有効になると画面上にAssistive Touchのメニューボタンが表示されますので、スクリーンショットを撮るにはタップしてメニューを開き、「デバイス」→「その他」と進み、「スクリーンショット」をタップすれば撮影できます。

AssistiveTouchを使うだけで、片手のみで操作できるのはありがたいですよね。

ただ、片手で撮れるのはいいけどタップ回数が多いという人は、AssistiveTouchをスクリーンショットだけに特化させた設定に変えるとよいでしょう。

やり方は、

(1)「アクセシビリティ」から「AssistiveTouch」を開き、「最上位レベルのメニューをカスタマイズ」を選択

(2)次ページで「-」ボタンを押していき、「カスタム」のアイコンだけにする

(3)「カスタム」アイコンをタップし、機能割り当てでスクリーンショットを選択

これで設定が完了です。

以降は画面に表示されるAssistiveTouchのメニューボタンを押すだけで、スクリーンショットの撮影ができます。

なお、AssistiveTouchのメニューボタンの表示位置を変えたいという場合は、ボタンを長押ししてドラッグすれば変更が可能です。

また、常時表示されているのが邪魔だという人は、設定アプリから「一般」→「アクセシビリティ」→「ショートカット」と進み、ホームボタンのトリプルクリックについて「AssistiveTouch」にチェックをつけると、ホームボタンを3回押せば、AssistiveTouchのメニューボタンのオン・オフが切り替えられるようになります。

スクリーンショットをよく利用するという人は、この設定をしておくとよいでしょう。

iPhoneで無音スクショのやり方

iOS10.2から、サイレントモードならスクリーンショットが無音で撮影できるようになりました。

スクリーンショットのシャッター音を無音にするには、iOS10.2以降が必要です。

やり方は、簡単です。

iPhoneの左上にあるサイレントモードのオン/オフのボタンをオンにするだけです。

ただ、この方法でもスクショ時の音を消すことができない場合があります。

カメラ起動中のスクリーンショットは無音にできません。

カメラを起動中にスクリーンショットを撮影すると、“スクショ音”は消すことができません。カメラのシャッター音と同様、この辺りの音を消す方法はまだないようです。

まとめ

今回は、iPhoneのスクショのやり方や、無音のやり方についてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

iPhoneのスクショのやり方が分からないという方、無音での撮影が分からないという方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年7月18日

カテゴリー:スマホ

サブコンテンツ

このページの先頭へ