iPhone水没の対処法、データが復活し使えるようにするには?

雨の多いこの時期気を付けたいのがiPhone水没です。iPhone水没させてしまいますと、せっかくの大切なデータが台無しになってしまいます。

特に現代人は多くのデータをiPhoneに記憶させていますので、iPhone水没の被害はもしかすると財布をおとすよりも甚大かもしれません。

誰もが水没したiPhoneを見て、復活して使えるようになるのは到底無理だと思ってしまいますよね。

しかし近年iPhone水没に関して、しっかりとした対処法を行うことで、データが復活し使えることがわかってきました。

ただしこの対処法で復活し、使えるようになったとしても、また動かなくなることがあるので、動いているうちにデータのバックアップを必ずしておくことが重要です。

また水没したものが真水ではなく、海水やお風呂の水であった場合には、この対処法で復活させ、使えるようになったとしても必ずお店で修理を行ってください。またiPhone水没の対処法の中には絶対やってはならないものもあります。

そこで今日はうっかりiPhone水没させててしまった時復活し使えるようになるおすすめの対処法と、逆に絶対に避けた方が良い対処法を紹介し『iPhone水没の対処法、データが復活し使えるようにするには?』と題して、その理由についた書いていこうと思います。

この方法を実行することで、iPhoneの中にある大切なデータをしっかり守りましょう。

【スポンサードリンク】

iPhone水没時の対処法、データを復活させ使えるようにするために

  • まずは電源オフiPhoneを水没させてしまった場合、まずは丁寧に水没させてしまった場所から、iPhoneを引き上げましょう。

    その時水を切ろうとして、iPhoneを振ったりするかたがいますが、あれをやってしまうと、逆にiPhone内に入った水分が中に浸透してしまい、余計に事態を悪化させてしまいますので、絶対にやめましょう。
    水から引き上げたとき場合によっては電源が入って動いている場合がありますが、電源が入ったままだと電気が流れたとき基盤の水分が原因でショートしてしまい、iPhoneの心臓部であるロジックボードが破損し、使えなくなってしまうので、iPhoneの電源は必ずオフにしましょう。まして充電するなど論外です。
  • 各種カバーやバンパーSIMカードを抜き、水気をとる次にiPhoneを包んでいるカバーやイヤホンジャックなど余計なものを抜いていきます。このときもしかすると本体ではなくカバーの方が水分を受けてくれている場合がありますので、慎重に取り外していきましょう。またSIMカードというのはiPhoneを電話として使うための大切なカードです。これを取り外すにはiPhone購入時についていた、SIMカード取り出市ツールやクリップを変形させたものでゆっくりと抜いていきましょう。Phone4以降は電源ボタンの隣にSIMカードのトレイがあります。

    取り出したSIMカードは大変小さい物なので必ず、ティッシュなどの包み保管しておきましょう。

    それらの取り外しが終わったら、iPhoneの穴という穴を細くしたティッシュで丁寧に水気をとっていきます。

    特にイヤホンコネクタや充電器を差し込む場所から水分が中に入ることが多いので、そちらの方を重点的にやってきます。

  • 乾燥させて四日五日おくiPhoneをふき終わったら今度はiPhone自体をティッシュで包み、お菓子などの乾燥剤をいれたジップロックにいれて四日から五日放置します、なお乾燥剤の代わりに生のお米をいれるのも良いです。ジップロックにいれたiPhoneは必ず暖かい場所に置くようにしてください。例えばパソコンの上や暖房んどの上なんかが良いと思います。四日五日後電源が入れば成功です。
【スポンサードリンク】

iPhone水没時に絶対やってはいけない対処法

  • ドライヤーで乾かすiPhoneを水没させてしまったとき、慌てて早く乾かそうとドライヤーで乾かす方がいますが、ドライヤーの熱はiPhoneにとっては大敵です。iPhoneの心臓である基盤は熱に弱く、ドライヤーの熱によって傷んでしまう可能性がありますので、絶対に避けましょう。
  • 水以外で処置を施す

    上記の方法はiPhone内に水がが入り込んだ時に行うとよい方法ですので、例えばコーヒーやしょうゆなど、水以外のものがiPhoneに入り込んだ場合は必ずiPhoneの中身を洗浄する必要があります。
    残念ながらその場合は電源をオフにしたまま速やかにアップルストアかiPhoneの非正規の修理屋さんに持ち込みましょう。

まとめ

ここまで水没したiPhoneを復活させる様々な方法について書いてきました。

上記の方法で復活が難しければ、お店に持っていくしかありません。

その際自分がアップルケア+に入っており、データのバックアップが済んでいればアップルストアだと安く修理して頂けます。

逆に自分がアップルケア+に入ったなかった場合はアップルストアで修理依頼するとかなり高額になりますので、地元のiPhone修理屋さんに相談するように下ください。

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ