「ご自愛ください」ってどういう意味?目上に対して失礼ってホント!?使い方教えます

「ご自愛ください」の意味

「ご自愛ください」という言葉のちゃんとした意味や使い方をご存知でしょうか?

目上の人には失礼って本当でしょうか?

手紙などで見かけることがある「ご自愛ください」という言葉は、ニュアンスで理解している人も多いのではないでしょうか。

その正しい使い方はどのようなものでしょうか。

そもそも「ご自愛ください」という言葉を使ったことはあるでしょうか?

目上の人への手紙などで、最後の締めくくりに「ご自愛ください」と書こうとしたけど目上の人には失礼だと聞いたことがあるから辞めたなどのエピソードを持っている方も少なくないのではないでしょうか。

失礼かどうかも重要ですが使い方も非常に重要な言葉です。使い方によっては変な日本語になってしまいます。

使い方や、目上の人には失礼なのか失礼ではないのかを理解していれば目上の人からの株もあがるかも知れません。

「ご自愛ください」の意味や使い方、目上の人には失礼かどうかをご紹介します。

【スポンサードリンク】

「ご自愛ください」の意味

「ご自愛ください」とは、漢字の組み合わせの通り「ご自分を愛してください」とのことから「ご自分の身体を大事にしてください」という意味です。

意味を理解している人からすると「ご自愛ください」と言われたらありがとうとなりますよね。

目上の人に使うのもいいですし、男女関係なく使えるので丁寧な文にしたいときは非常に使える言葉です。

病院へ行ったときなどの帰り際に「お大事に」や「お大事にしてください」と言われることがありますが意味はなんとなく似ている気がしますよね。

「お大事に」という言葉は一般的には口頭の時に使います。逆に「ご自愛ください」はあくまで文語なので文上で使うものになるので口頭で使うのはあまりおすすめしません。

さらに、「お大事に」という言葉を目上の人に口頭で言う場合には「お大事にしてください」というのは間違いです。なぜかというと、「する」の敬語は「なさいます」になるので「お大事になさって下さい」が正解です。

「ご自愛ください」も漢字が違うと意味が変わります。「ご慈愛ください」と書かないようにしましょう。「慈」はいつくしむです。弱いものへ愛を与えるという意味になります。

なので「ご慈愛ください」は「自分に深い愛や情けをください」になってしまうので文上に書くときは注意しましょう。

【スポンサードリンク】

「ご自愛ください」の正しい使い方

「ご自愛ください」の正しい使い方は、そのまま「ご自愛ください」と書くのは身近な人ならば良いです。

目上の人の場合は時候や付け足す言葉を変えればより丁寧になります。

「季節の変わり目ですのでご自愛ください」や「酷暑(酷寒)の折、ご自愛ください」「くれぐれもご自愛ください」「ご自愛くださいますようお祈り申し上げます」などと書くとより自分が相手のことを思っていると伝わります。

「お身体をご自愛ください」と書くのは間違いです。

「お身体」と「ご自愛」の中に含まれる「お身体を大切に」が重複することになるからです。

まとめ

目上の人に丁寧に書こうとしても、使い方を間違えてしまっては残念です。

日本語は、同じ言い方でも漢字によって意味がまったく変わってきたりします。

目上の人に伝える言葉は、よく調べたり人に聞くなどしてから伝えたほうが良いですね。
普段はあまり使わない言葉だからこそ、いざという時に使えたら周りから一目置かれる存在になるでしょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ