洗濯の干し方は時短できる?アーチ型に干すのやり方

毎日のお洗濯、お疲れさまです。洗濯物は毎日出るもの。
洗って干して畳んで仕舞って、毎日のことだけに大変ですよね。

仕事をしている主婦にとっては、洗濯物をどこに干すか、どうやって干すかも悩ましい問題です。

外に干しっぱなしで仕事に出るのも急な雨が心配ですし、これからの季節は台風や秋の長雨などで外に干せないことも多くなります。

仕事が終わって家に帰ってきてから夜に洗濯をするという人も多いと思いますが、そうなると、どうしても部屋干しが多くなりますよね。

しかし部屋干しは乾きが悪かったり生乾きのイヤなニオイがしたりと、上手くいかなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

でも大丈夫です。部屋干しでも早く乾くし時短にもなる、すごい干し方があるのです。その時短にもなる干し方とは、洗濯物を「アーチ型」に干すという干し方です。

アーチ型になるように干すという、たったこれだけのことで、洗濯物の乾く時間が早くなり、時短になるし、洗濯物が早く乾けば生乾きのイヤなニオイも発生しません。アーチ型の干し方、知りたいですよね

今回は『洗濯の干し方は時短できる?アーチ型に干すのやり方』と題して、洗濯の時短と部屋干しに効果的な「アーチ型」に干すという干し方をお教えします。

【スポンサードリンク】

早く乾く「アーチ型」の干し方

・外側に長い衣類、内側に向かって段々短い衣類を干していく
・乾きにくい素材(綿など)を外側に、乾きやすい素材(化繊など)を内側に干す
・厚手の衣類を外側に、薄手の衣類を内側に干す

つまり、乾きにくい衣類(長い・厚手)を外側に、乾きやすい衣類(短い・薄手)を内側(中央)に干すと覚えてください。たったこれだけのことですが、ランダムに干した洗濯物よりも約30分も乾きが早いのです!
この方法は、ピンチがついた角ハンガー(角型ハンガー)でも、ハンガーにかけた衣類を物干し竿にいくつか並べて干す場合でも、どちらにも使えます。

アーチ型に干すとなぜ早く乾くの?

アーチ型に干すとなぜ早く乾くのかというと、

・長い衣類や厚手の衣類を、外気に触れやすい外側に配置することによって、乾きやすくなる

  • ・アーチ型は水分蒸発がしやすい配置である
  • ・アーチ下部に大きな空間があるため、風が通りやすい
  • ・洗濯物の水分が蒸発する際にアーチ型の内部に上昇気流が発生するため

などの理由が考えられます。
洗濯物をアーチ型に干し、壁やカーテンにくっつかない位置に吊るします。(出来れば部屋の中央部で高い位置に吊るすのが望ましいです)
扇風機をプラスして風を送るとさらに乾きやすくなります。

【スポンサードリンク】

扇風機を使って乾かすコツ

アーチ型に干した洗濯物に扇風機の風をあてるとさらに乾きが早くなるのでおすすめですが、風のあて方にもコツがあります。
扇風機の風量は「弱」にします。
「強」にしたほうが洗濯物がより早く乾くのではと思われるかもしれませんが、強風をあてると洗濯物が風にあおられ、せっかくのアーチ型が崩れる可能性があります。特に角ハンガーではなく普通のハンガーを並べて干している場合は、強風にあおられ衣類が端に偏ってくっついてしまうことがあります。

濡れた衣類同士がくっつくと菌が繁殖し生乾き臭の元となりますので、扇風機の風はハンガーが動かない程度の弱風を、アーチ下部の空間に斜め上に風があたるようにしてください。アーチ内部の上昇気流の援護射撃をするイメージです。

 

まとめ

いかがでしたか?
今回ご紹介したアーチ型の干し方は、部屋干しに適した干し方です。風通しのよい外に干す場合は、長い衣類と短い衣類を交互に干すほうが風の通りがよく、乾きやすくなります。外に干す場合と部屋干しする場合で、干し方を変えて効率よく洗濯物を乾かしましょう。早く乾けば生乾きのイヤなニオイの発生も抑えることが出来ますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ