自転車が盗まれた場合、警察になんて言えばいいの?防犯登録のやり方!

自転車が盗まれた場合、警察にまずなんていうの?

自電車が盗まれた場合に警察への被害届の出し方など、皆さん知ってますか。
警察へ被害届を出しておかないと、盗まれた自転車はなかなか戻ってこないですよね。
しかし、警察に行ってなんと言えばいいのか・・・

また、自転車が盗まれた後に防犯登録って出来るの?
自電車を購入する時に防犯登録は出来たのですが、その時にしていなく盗まれた後に防犯登録をするのは出来るのでしょうか?
防犯登録をしていたら戻ってくる確率も多いと思います。

今日は『自転車が盗まれた場合、警察になんて言えばいいの?防犯登録のやり方!』をお教えします。

【スポンサードリンク】

自転車が盗まれたときの対処法について

よく自転車を盗まれた場合に警察に盗まれた自転車の被害届を提出した経験をした方は多くいると思います。

最近では自転車を購入する時に盗まれた時に備えて防犯登録をする自転車屋が多くいます。

防犯登録した自転車の場合、でしたら警察は比較的に簡単に見つかることがあります

しかし、防犯登録をしていない自転車の場合は見つかることが非常に難しく、その場合警察はおそらく盗まれた自転車の捜索をすることはできないと思います。

ですので、今回はその盗まれた自転車と盗まれた自転車の被害届を警察に提出する時に必要なものを紹介します。

自転車が盗まれた場合、警察にまずなんていうの?

もし自転車が盗まれてしまった場合には、まず必ず周辺にあるものを見ます。

もしかしたら、近くの場所置いてある可能性があるからです。

それでも見つからない場合には警察へ被害届を提出します。

警察への被害届の出し方

まず、警察へ被害届を出す時に必要なものがあり、下記へ紹介します。

【登録番号や自転車の車体番号などが分かるものを用意する】

大概の場合には購入した時に自転車屋さんで防犯登録を行って、購入時に購入した自転車に関する情報が記載されている書類を受け取っていると思います。

ですので、被害届を出す時に有力な証拠である自転車防犯登録をした書類を持ち込んでください。

【自転車盗難の被害に遭った場所と日時】

自転車を盗まれた時の被害に遭った場所とその時の日時が必要で、被害届を出すときには必ず必要な情報なので明確にしておいてください。

【盗難された自転車の特徴を伝える】

車体の特徴もなるべく詳しく述べられるようにしておいてください。

例えば、フレームの色、傷や汚れなどで、万が一に備えて自転車の写真を撮っておくと何かと便利です。

以上が主な自転車の被害届に必要なものです。

【スポンサードリンク】

自転車が盗まれた後に防犯登録って出来るの?

自転車が盗まれた後に防犯登録をすることはできませんが、逆引きを使って防犯登録や車体番号を確認して被害届を受理することはできます。

最後に

まとめとしては自転車が盗まれた時にはまず最初に周辺を見て別の所に置いてあるのかどうか確認します。

見つからない場合には警察へと被害届をだします。

防犯登録をした自転車でしたら見つかる可能性が高いですが、防犯登録がない場合ですと見つかる可能性が低いのでこれから自転車を購入する時には防犯登録をしてください

また、被害届を出しても警察を信用しない方が良いです。

理由は自転車の盗難だけで本格的な捜索をしてしまうと仕事が回らなくなる理由があるからです。

しかし、自転車の盗難被害を出すの無意味ではなく、自分で自転車を見つけた時に、犯人を逮捕してもらうためには、被害届を出しておく必要がありますし、どこかに自転車が放置されていたものが発見された場合などには、「見つかりましたよ」と連絡をいただけてくれるので、自転車盗難の被害届は必ず出すようにするべきです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ