ジューンブライドの伝説の意味と由来と花言葉は? 実は少ない結婚式、その理由は?

ジューンブライドジャスミンの花言葉、女性なら誰でも憧れる響きなのではないでしょうか。

ジェーンブライドの伝説と花言葉の伝説の意味や由来など知りたいところですよね。

ジューンブライドの伝説や意味や由来だけでなく、花言葉の意味や由来なども知りたいところです。

ジューンブライド、その伝説の意味と由来、花言葉を調べてみると、意外な事実もわかります。

ジャスミンの花言葉の由来との関係や意味なども知りたいところですよね。

結婚式をあげるならジューンブライドが良い!と思っているあなたは、ぜひ『ジューンブライドの伝説の意味と由来と花言葉は? 実は少ない結婚式、その理由は?』を参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

ジューンブライドの伝説とは?!

ジューンブライド=6月の花嫁には女性なら誰でも憧れるのではないでしょうか。

そのジューンブライド、伝説にはどんな由来があってどんな意味があるのでしょうか?

ジューンブライド、その伝説には、ギリシャ神話の主神ゼウスの正妻である、女神ヘラが登場します。

この女神ヘラは、結婚・出産をつかさどり、家庭を守り子供や女性を守るとされています。

ヘラが守護するのは6月であることから、6月に結婚するとヘラの加護を受けることができて幸せになれるそうです。

また、3月~5月は農作業が忙しく、その時期に結婚をするのは控える習慣があり、待ちに待ったカップルが結婚式を挙げたのが6月。


そうすると、6月は街で結婚式を多く見かけることとなり、周りの祝福も大きかったという伝説もあります。

さらに、ヨーロッパでは1年のなかで最も雨が少なく、天候の良い日が続くので、6月のジューンブライドが好まれるようです。

日本では逆の天候で梅雨にあたりますが、同じようにジューンブライドが日本でも好まれますね。

ジューンブライドに使われるお花の花言葉は?!

ジューンブライドに結婚したい!というカップル、そのときに使うお花はもちろん、6月のお花がいいですね。

では、ジューンブライドに使われるお花はどんなものがあるでしょうか。

その代表的なお花は「ジャスミン」で、香りの王様と言われるほど香りの強いお花です。

インドではこのお花を恋人からもらうと髪の毛に編み込んで愛の証にするようです。

とてもロマンティックですね。

ジャスミンの花言葉は、「愛らしさ」「優美」「清純」「喜び」「素直」。花嫁さんにはとてもよく似合う花言葉です。

もう一つ「シャクヤク」もエレガントなテーブルにぴったりです。

シャクヤクの花言葉は「はにかみ」「慎ましやか」「恥らい」。

これからの生活を前に、少し緊張や恥ずかしさも見せるかわいい花嫁さんにぴったりですね。

【スポンサードリンク】

最後に

ジューンブライドに憧れるとはいえ、実は日本ではこの時期の結婚式は少ないようです。

そもそも、6月の気候は梅雨、昔の結婚産業は閑散期。

そこにヨーロッパの風習を持ってきて盛り上げようとしたのです。

しかし、湿気の多い時期はどうしようもなく、いまでも人気は3月と11月。

6月は、少ない方から数える方が早そうです。

実はこの時期、結婚式が少ない!と意外な事実もわかってきましたが、納得できるところもあるのではないでしょうか。

ジューンブライド、花嫁さんが主役とはいえ、祝福にお越しいただける皆さまへのおもてなしを考えると、気候にも配慮したいところですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ