★デザートに添えてあるミントの葉、食べる?食べない?あれは飾りなの?ミントの効能も紹介!

アイスやケーキ、シャーベット、飲み物などにたまに入っている小さな葉は何の葉なのか、みなさんご存知ですか?

実は、あの小さな葉はミントの葉なんです。

デザートに添えてあるミントの葉は食べるもの?それとも食べないもの?なのか迷いますよね。
デザートに添えてあるミントの葉は食べるものなのか、食べないものなのかどっちが正しいのでしょう。

それとも、実はただの飾りで、ミントの葉は飾りとして置いてあるだけなのでしょうか。

ミントの葉を食べた時の効能はどのような効能があるでしょう。

そんな気になるデザートに添えてあるミントの葉は食べるものなのか食べないものなのか、それとも飾りなのか、またミントの効能についてクローズアップ!

今回は『デザートに添えてあるミントの葉、食べる?食べない?あれは飾りなの?ミントの効能も紹介!』についてご紹介します。

デザートに添えてあるのはミントの葉?

デザートに添えてある小さな葉は、ミントが使われていることが多いです。

ミントはハーブの一種で、シソ科の植物なんです。

代表的なものには、ペパーミントやスペアミントがあります。

ミントは香りがさわやかで、見た目も鮮やかな緑色をしているので、添えるだけでとても華やかになります。

デザートだけではなく、お菓子や飲み物、お肉や魚料理にも添えられていたりします。

【スポンサードリンク】

ミントの葉は食べるもの?食べないもの?

食べても食べなくてもどちらでも大丈夫です。

ミントアイスやハーブティーなどにもミントは使われていたりしますので、食べても問題はありません。

ミントを噛みすぎると、苦味が出ることもありますので、苦い味が得意じゃない方は、少し気を付けた方がいいかもしれません。

それに、デザートなどに添えてあるミントは飾りの役割もあるので、無理に食べなくても大丈夫です。

ミントの効能は?

日本でよく使われているミント「ペパーミント」と「スペアミント」の効能を見ていきましょう。

  • 【ペパーミント】ペパーミントは別名で、セイヨウハッカと呼ばれ、清涼感がある強い香りが特徴です。

    ペパーミントの特徴は、メントールという成分で、血管の拡張、消化不良や喉の炎症を改善、気分を落ち着かせる効果があります。

    また、ペパーミントには、虫除け効果がありますので、ミントの精油を水とエタノールに混ぜて、虫よけスプレーして使うことができます。

    さらに、ミントポリフェノールという抗アレルギー作用物質がありますので、鼻の粘膜の腫れを抑えることができ、花粉症の予防・改善の効果があります。

  • 【スペアミント】スペアミントは多くの品種の元となっており、メントールの含有量が少なく、爽やかな香りがします。

    スペアミントから発する香りは、胃腸の働きを整える、口臭や乗り物酔いの予防、殺菌の効果があります。

    さらに、古くから薬として使われていて、現代は薬以外にお菓子の上に添えたり、ガムや歯磨き粉の香りづけに利用されています。

    ミント全般の効果としては、長期記憶、注意力、集中力が上がると言われています。

    理由のない不安感や、焦り、イライラに襲われるときに、効果が高いペパーミントを摂取すると注意力や集中力が上がるなど良い効能があります。

    しかし、ミントの副作用として、ミントは摂取しすぎると粘膜を乾かし、胃痛などを起こしてしまいます。

    精油は肌への刺激が強いため、体が過敏に反応してしまう可能性があります。

    そのため、未熟な子供は中毒症状が起こる恐れがありますので、十分注意してください。

【スポンサードリンク】

ミントの育て方

ちなみにミントを自分で育てようと思った場合、難しいものなんでしょうか。

実は、ミントは初心者には育てやすいと言われています。

それは、ミントの茎は地下茎で増えることから非常に繁殖力と交配力が強く丈夫なんです。

ミントの育て方を簡単に記載しますと、

  • ・最適な環境は乾燥に弱いので日当たりが良く風通しが良い環境で育てるようにする
  • ・ミントは乾燥に弱いので鉢底から水が流れ出るまで水を与えるようにする
  • ・植え付け期間は4月〜5月末、収穫期間は5月〜10月末、開花期間は6月〜9月末

です。

初心者でも育てやすいミントなので、育ててみるのもよいかと思います。

まとめ

今回はミントの葉は食べるものなのか食べないものなのか、またミントの効能についてご紹介しました。

飾りとしても食べ合わせとしてもミントはとっても有能ですので、一度デザートなどと一緒に食べてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

もしかしたら、より一層美味しくなるかもしれませんよ。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年5月15日

カテゴリー:ダイエット 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ