紙おむつやティッシュを洗濯機で洗ってしまった!塩で取れるって本当?正しい対処法を徹底検証!

こみからふくg らく 紙おむつ、洗濯機、塩、対処

赤ちゃんの紙おむつを選択してしまう、と言うことはよくあるそうです。

小さい子供が勝手に洗濯機に入れてしまうそうですね。

正直わたしにはピンときませんが、対処法ないでしょうか。

ティッシュをポケットに入れたまま洗ってしまった時などを創造すると、分かるかと思います。

その紙おむつですが、これを洗濯機で洗ってしまうと大変なことになりますが対処法があります。

紙おむつ、洗濯機の中にはゼリー状の、プルプルした物体がいたるところに… これは気持ち悪い…汗

ティッシュも、ここまでとは言いませんが、かなりひどいことになります。

さて、今回はそんなトラブルの対処法を調べました。

用いるのは、なんと、塩!塩、家庭で使っている塩ですよね。

紙おむつを洗濯機で洗ってしまった時には塩を使った対処法です。

『紙おむつやティッシュを洗濯機で洗ってしまった!塩で取れるって本当?正しい対処法を徹底検証!』として大公開いたします。

世の中のママやイクメンは是非覚えておいてください。

【スポンサードリンク】

紙おむつを洗濯機で洗ってしまった‥まずどうすればいいの?

紙おむつを洗った時のプルプル…

手で取るにはあまりにしんどい作業です。

子育て中の方にとってはなおさら、ストレスと疲れがたまります。

タオルなどで書き取ろうとしても、ぽろぽろと落ちるには落ちるのですが、効率が悪い…

どうしたらいいのか、お手上げ!

この状況にはイライラさせられますね。
このプルプルですが、その正体は「吸水ポリマー
これを取り除くには、あるものを使う必要があります。

それが…「塩」

吸水ポリマーは塩で溶けます。

「え、塩を洗濯機に!?」

とためらう気持ちもわかりますが、百聞は一見にしかず。

それに、この状況に陥ったら、他に打つ手はないです。

と、いうことで、洗濯機で紙おむつを洗ってしまった時には、まず「塩」を用意しましょう

これを大さじ2杯、洗濯槽に投入。

標準的な洗濯機(約7kg)に対しての量なので、大型のものは要領に対して割増していきましょう。

そして、塩は洗剤の投入口には入れないようにしましょう(笑)

普通に選択をするときと同じコースで洗えばオッケーです。

ブザーが鳴ってできあがり!

洗濯機を開けてみると…

プルプルは消え去っています。

(厳密に言うと、ほとんど見えないくらい小さくなります)

プルプルしたものに塩と言えば、なめくじを思い浮かべる方も多いのではと思います。

そうなんです。

実は、これはなめくじを塩で対峙するのと同じ原理なんです。

なめくじに塩を賭けると、溶けていくように見えますよね?

これは浸透圧と言って、なめくじの体内の塩分と外の塩分の濃さが違う時、その濃度を均等にするために塩分が吸収されます。

塩分が吸収されるということは、水分はそれだけ追い出されていくので、やがて体内の水分はなくなり、溶けたようにしぼんでしまうのです。

吸水ポリマーも実は同じなのです。

注意すべきは、これは完全に溶け去るというわけではないということ。

水が極限まで吸い取られ、小さくなった、と考えてください。
ですので、洗濯物には多少ポリマーが残ります。
しかし、これらは衣服を乾かした後ではたけば簡単に取れます。

紙おむつを洗濯機に入れてしまった時の意外な対処法でした!

【スポンサードリンク】

塩で対処するのは正しいの?デメリットはない?

さて、洗濯機に塩と言うことですが…

これに抵抗があるという方も少なくはないかと思います。

実際、塩による錆などはかありの脅威だと思います。

洗濯機の付属説明書のトラブル対処などを読んでも、塩に関しては記述がありません。

ですので、この対処法を実行するならば、自己責任と言うことでお願いいたします。

ちなみに、この対処をする際は、排水溝の確認もしましょう。
ポリマーは塩水に解けるわけではありません。

排水溝のつまりの原因ともなり得ます。

最後に

また、どうしても塩に抵抗がある際には、ティッシュを使うと取れるそうです。

地道な作業にはなりますが…(笑)

是非お試しください!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ