紙おむつは月平均いくらかかる?節約のコツを伝授!

赤ちゃんてかわいいですよね。
やわらかくって、ほわほわしてて、くりくりしたお目メで見つめられたら・・・顔がゆるんじゃう!
でも赤ちゃんが家にやってくると何かと物入りになるもの避けられません。
特に「紙おむつ」は今までになかった出費。衣類や食費と違って単純に家計にプラスされます。

あなたの家では紙おむつは月平均いくらですか?
赤ちゃんの事を考えると、いつも清潔に保つべきですが節約のコツがあるなら知りたいですよね。
本日は紙おむつの節約のコツを伝授します!

「他の家では月平均いくらくらい紙おむつ代が掛かっているの?」興味がありませんか?
実は家々で紙おむつ代はまちまち、月平均にしてもみても結構な差が出るもの。節約できている家と、節約できていない家、どこにコツがあるんでしょう。
また、紙おむつにいくらかかるかは、月齢によっても変わってきます。
新生児の時の月平均の紙おむつ代。腹ばいやはいはいができるようになるころの紙おむつ代の月平均。つかまり立ちやあんよをはじめたら・・・
大体の目安を知ることができれば準備もしやすいですよね。

「いつもキレイにしてあげたいけど、どうにか節約できないかしら?」
私もそう思ってました!毎月の出費になる紙おむつ代。月平均を出すと意外な出費になることも。
赤ちゃんもママも満足な方法な節約のコツがつかめれば、一石三鳥ですよね。
そこで今回は『紙おむつは月平均いくらかかる?節約のコツを伝授!』と題して
紙おむつの節約のアイデアとコツを公開します。

【スポンサードリンク】

紙おむつは月平均どれくらいかかる?

とある大手育児雑誌によると、紙おむつの月にかかる平均コストは5000円位だそうです。

が、我が家ではかなりの出費を強いており、月平均8000円~9000円位かかっていました。
もちろん月齢によって変わっていましたが、個人的な考察を踏まえると。

  • ①新生児の時期は交換頻度が多い。
    新生児はとにかく紙おむつの交換頻度が多いです。
    紙おむつを交換して、抱っこして授乳して、あれ?ぐずってるな?と思ったらもうおしっこしてます。(笑)
    新生児用のテープの紙おむつを使用しておりましたが、1日に20枚以上は使っていたような記憶があります。
    参考までに新生児用のテープの紙おむつだと、愛用のメリーズで90枚入り2袋セットで2800円ほどでしたので(15.5円/毎)1ヶ月でおよそ5000円から8000円位。
  • ②体重が増えてSサイズに、入数が減る。
    Sサイズ(4キロ~8キロ)になると入数が82枚になります。
    若干ですが入数が減ります。これはサイズが大きくなるにつれて徐々に入数が減っていきますが価格は変わりません。
    なので単純に一枚当たりの金額が上がっていきます。でも赤ちゃんの排泄の間隔も少しづつ時間があいてくるので、そこまでたくさん使う事は「あまり」ないんですけどね。
    なにか「事故」があったりするとたくさん使いますが・・・
    替えてる途中で漏らしちゃったり、おしっこ替えてすぐにうんちしたり、いろいろです(笑)
  • ③テープからパンツに
    寝返りをしたり、お座りやはらばいをしだす頃、あばれんぼうの彼はテープを止めさせてくれません(涙)
    成長して身体が動くようになると、紙おむつを替え終わるまでじっとしていてくれません!
    なので必然的にテープからパンツタイプへと変更するのですが、その変化をすると入数がこれまたグッと減ります。
    ちなみにLサイズだとテープタイプで54枚、パンツタイプだと44枚入りになってます・・・すくなッ!

この位の時期から紙おむつ代が家計を圧迫し始めます。
ただでさえ入数が少ないのに、日々の使用量は変わりませんから、必然的に紙おむつ代が増えていきます。
新生児に比べると入数は半分、でも値段は据え置き。
ただなんとなーく使っていると、、、無駄にお金を使っているだけになってしまうかも。

【スポンサードリンク】

紙おむつを節約するコツ

「節約はしたい、けどあかちゃんにはいつも清潔でいてほしい!」そう願うママはたくさんいるはず。でもどうしたらいいの?

安心してください!じつは「えっ?こんなこと?」っていうことで、結構な節約ができるんです。
その節約のコツはどれもすぐに実践できるものばかり。ひとつで浮く金額はわずかですがデイリー(と言うかタイムリーw)で使うものだから、その「わずか」が大きな差になってきます。

まずは手を付けやすいところから試していきましょう!

  • ①赤ちゃんにあったサイズの紙おむつを使用する。
    まず一番はコレ。先ほども書きましたが「価格は据え置きで、成長とともに入数が減る」のが紙おむつ。
    あかちゃんが成長して大きくなるごとに、紙おむつも大きくなりますから入数が減るのは仕方がないもの。
    そこで注目してほしいのが「〇サイズ(〇~〇kg」という目安の体重。
    とくにパンツタイプを使用するようになると、履かせやすさを重視して少し大きめの紙おむつを使ってしまいがちですが、きちんとあかちゃんの体重に合わせた紙おむつを使用することで、価格あたりの使用枚数を増やす事が出来ます。
    (我が家は履かせやすさを重視して8キロですでにLサイズを使用していました。ホントはMでも平気だったのですが、楽チンを選んだ結果、家計を圧迫するハメに・・・)
  • ②排泄のルーティンを把握する
    特にまだテープタイプを使っている頃は、排泄の回数も多くて大変。
    紙おむつが濡れてるな~、と思って変えたらすぐにおしっこをされちゃってもう一度替えることになったり、、、
    あかちゃんによってそれぞれですが、おしっこの出方、量は注意深く観察するとその子なりの特徴があるものです。
    例えばわが家の息子はおしっこをするとき、2,3回に分けて出すことが多かったです(なぜだか)
    最初にちょっとでて、少ししてからいっぱい出します。なので先走ってすぐに変えてしまうと2枚使って替えなければいけません。
    「全部出たかな~?」と確認する癖をつけると、紙おむつを無駄にすることが少なくなりますね。
  • ③こだわりがなければ安く買う
    わが家は新生児の時にメリーズ以外を嫌がったので、ほぼメリーズ一択で来てしまいましたが、できるだけ安く買えるものを選べば、結果的に節約になります。
    金額÷枚数=一枚当たりの金額 が出せるので、紙おむつを買う時はスマホの電卓で計算して選んでみてもいいでしょう。
    ちなみにネットでの通販なら、価格の横に一枚当たりの金額が出ている事がほとんど。
    店頭での販売価格と比べて、安いようならネットで購入するのもアリだと思います。
    ですが聞いたことが無いようなメーカーの紙おむつだと、かなりゴワゴワしててかわいそうなので、あまり冒険はしない方がいいかもしれません。

まとめ

紙おむつを節約する方法、3つ上げましたがいかがでしたでしょうか?
できるだけあかちゃんを清潔に保ったまま節約するには、ほんのちょっとの「節約のコツ」を抑えるだけで月の金額が変わってきます。
毎日使うものだから、ほんのちょっとの差が大きな違いになっていくんですね。
最初は面倒だったり、うっかりしてしまう事も多いですが、慣れれば自然と苦じゃなくなるものばかりです。
ぜひとも今日から試してみてはいかがでしょうか?

そして紙おむつ代が浮いてお金に余裕ができたら、ふんぱつしてちょっといいお洋服を着せてあげてもかわいいですよね。
それかどこかお出かけの時のアトラクションを楽しんでもいいのかも。
どちらにしても、余ったお金で赤ちゃんとの楽しい思い出が増やせるはず!

あなたのかわいい赤ちゃんとの生活が、もっと楽しくて豊かになりますように!!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ