金光千寿子プロフィールwiki,20億円の宮殿,年収や収入源は?

国民的金持ちグランプリという番組を観ました。

この国民的金持ちグランプリという番組では7人の国民的お金持ちが紹介されたのですが、1番最初に紹介された国民的お金持ちは、岐阜県で歯科医院を経営されている「金光千寿子(かねみつちずこ)」という方です。

誰?ってなってるかたがほとんどだと思うので・・・

『金光千寿子(かねみつちずこ)プロフィールwiki,20億円の宮殿,年収や収入源は?』について書いて行くのでお楽しみにー^^

雑学キングはお金持ちネタには目がないので、今回も張り切って書いていきたいと思います。

ちなみに以前お金持ちネタで書いた記事はこちら

与沢翼の彼女あーたんのブログってどんなの?元彼女って誰?

「秒速1億円」与沢翼結婚!彼女はモデル、嫁(妻)はどんな人?

SHOUTAと脇坂英理子被告との意外な接点とは!?本名と大学とお金絡みの親戚説!◇

金光千寿子(かねみつちずこ)の経歴プロフィールwikiは?

生年月日は不明だが、62歳  国民的お金持ちグランプリ放映時

おそらく1955年生まれと思われる。

出生地 日本 大分県

東京育ち

夫は 金光琢磨 

金光千寿子(かねみつちずこ)の人物・エピソード

大分県に生まれ、東京で育った金光千寿子(かねみつちずこ)さん。

彼女は今から約40年前の1977年前後に今の旦那さんの金光琢磨さんと結婚し、

小さなビル(27.5坪)の一角を借りて、歯の診療所をスタート。

そして、その技術力の高さと丁寧な診察が口コミとなって、
その17年後の約1994年前後に100坪の新たな診療所を開業しました。

岐阜のマリー・アントワネットなどと国民的お金持ちグランプリでは紹介されていました。

こだわり満載の金光千寿子(かねみつちずこ)20億円の宮殿はラブホ?

岐阜駅を降りるとすぐに目立つ看板がこちら

国民的お金持ちグランプリ内でも紹介された看板がコメット歯科の大看板(タテ8m×ヨコ11m)

デカイですね。

この看板は2011年からこの岐阜駅の目の前に設置されているそうです。

広告はこのビルだけではなく、市内を走るバスにも広告を打っています。

1台のバスだけではなく、岐阜近郊に5台もコメット歯科の広告を貼ったバスが走っているのです。

驚きですね。

バスがこちらです。

すごいですね。同じようなバスがあと4台走っているんです。

そして、金光千寿子(かねみつちずこ)さんを語る上で外せないのが20億円の宮殿とも言われているものです。

早速地元の方の反応を見てみましょう。

ラブホ、ラブホと揶揄される金光千寿子(かねみつちずこ)20億円こだわりの宮殿はこちら↓

動く金光千寿子(かねみつちずこ)さん。

こんな感じです。すごいですね。

このほかにも街にはコメット歯科の看板が他にあったりするようです。

長く商売を続けようと思ったら、広告を出し続けなければならないなんて言われますが、それを実行し続けるから地元の人にも認知され続けるんだろうなと思いました。

金光千寿子(かねみつちずこ)さんの20億円の宮殿はラブホではありません。これは自宅兼医院の建物なんです。

金光千寿子(かねみつちずこ)20億円こだわりの宮殿ってどんなの?

金光千寿子(かねみつちずこ)さん曰く、この宮殿はお姫様が暮らすようなお城をイメージして作られたそうです。

土地の面積は600坪

トータルのお値段で20億円はかかっているそうです。

総工費がざっと20億円以上かかっていると言うのです。

国民的お金持ちグランプリで放送された時の服装も凄い!

国民的お金持ちグランプリで放送された時の服装、身につけていたジュエリーもすごかったです。

・首から下げたオパールのジュエリー(旦那様からの贈り物)
・指にはめたオパールの指輪(旦那様からの贈り物)
・パール付きのワンピース

全身の総額約900万円だそうです!

ビックリですね!

総工費20億円の宮殿内はどんな感じなの?

さて、この宮殿の中は一体どうなっているのでしょうか?

早速一階から入ってみましょう。そこには・・・

噴水がありました。この噴水の水道代は月かなり出費しているようですが、そんなら辞めたらいいじゃん!と言う声に、

この噴水は患者様が少しでも歯医者に持つイメージを和らげるためにあえて噴水を置いていると言うのです。

凄いですね〜。お金持ちが考えることは常人の理解をはるかに超える感じですね。

ちなみにこの噴水は、イタリア製で約400万円もするそうです。

噴水を囲むように優雅に螺旋階段が10m以上も吹き抜けになっていて、その螺旋階段が4階までつながっています。

その螺旋階段の手すりにはバラをデザインしている。その手すりにはチェコから輸入した1個1000円の
スワロフスキーが600個もついています。単純計算で1000かける600なので60万円の手すりになります。
これまでに聞いた中では何か安く感じますが、全然安くはありませんよね。さすが国民的お金持ちって感じです。

ダイニングの天井には

42帖のダイニングには金光千寿子(かねみつちずこ)さんの一番のこだわりがあるようです。

それはダイニングの天井にフレスコ画を画家に4ヶ月泊り込みをさせて描かせたものがあります。

そして、その天井にはこれまたチェコ製のシャンデリア、約700万円があります。

フレスコ画とシャンデリアだけで約1660万円だそうです。と言うことは、

フレスコ画は約960万円かかってることになります。フレスコとは直接天井に絵を描く技法だそうです。

宮殿にシャンデリアとフレスコ画は絶対に必要だ!と金光千寿子(かねみつちずこ)さんはおしゃっていました。

凝りにこだわったともおっしゃっています。

フレスコ画には自画像を描いています。

家の中には金光千寿子(かねみつちずこ)さんの肖像画がたくさんあるようです。

珠玉のバスルームとは?

金光千寿子(かねみつちずこ)さんの自慢の設備があるそうです。

それはバスルーム!

さすが国民的お金持ちとなりますと、ただのバスルームではありません。

なんと自宅に岩盤浴が・・・。

この岩盤浴には天照石と麦飯石が使われ、その設置費用は約500万円にものぼるといいます。

ジェットバスは約500万円。外には露天風呂があります。

露天風呂の総工費は約1000万円!

20億円の宮殿の2階、3階は歯医者になっている。

20億円の宮殿は金光千寿子(かねみつちずこ)さんの自宅兼歯科医院になっているのです。

金光千寿子(かねみつちずこ)さんはこの歯科医院の副院長、旦那様の金光琢磨さんが院長を務めている。

このコメット歯科は国内でも有数の設備が整い、北海道などの遠方から訪れる患者様も多い。

このコメット歯科の推定年商は5億円とも呼ばれている。

この20億円の宮殿の歯科医院だから料金が高いように思われるが、保険診療が基本です。

このコメット歯科で治療をしたら全部金歯にされてしまうと言う心配もありません笑

先ほど出たお風呂は患者様も入浴可能だと言う。

これは予約が必要であるが、患者が予約すれば入れると言う事。

これは金光千寿子(かねみつちずこ)さんが、ただ単にコメット歯科で治療するだけでなく、患者さんに気持ちよくなって帰っていただきたいと言う思いから始めているサービスとなっている。

歯を治したらジャグジーに入って帰ると言うこともできるようだ。

金光夫婦は仕事の後はマッサージ機で疲れを癒す。二台合わせて約60万円するマッサージ機である。
そのマッサージ機の横にあったのが庶民の想像超えるゴミ箱。

なんとゴミ箱のカバーにルイヴィトンのバックを使っていたと言うシーンだ。

なぜこのようなことをするかと言う理由を聞いたところ普通のゴミ箱では面白くないのでこのバックを買った時点でこういう使い方をしてみたいと思ったそうだ。皆さんが背負う者を足蹴にするって気持ちがいいのよと言うコメントをいただきました。

夜空に輝く七色の宮殿

島能代にはある仕掛けがあるそれは夜になると七色にライトアップされた麗しい姿が出てくるということだ。

まさに人生を謳歌してキラキラ輝きたいと言う金光千鶴子の人生の象徴と言える風景だ。この風景は地元の人からはラブホと揶揄されている笑

【スポンサードリンク】

金に光とか言って金光。人生もキラキラで素敵な人生だと思う。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年1月4日
最終更新日:2017年1月5日

カテゴリー:お金 芸能

サブコンテンツ

このページの先頭へ