枯れた観葉植物の再生や復活方法は?3つの対処法をご紹介!

枯れた観葉植物を復活、再生させる方法があるのを知っていますか。

枯れた観葉植物を復活(再生)させるには、対処法がいくつかありますが、ここでは3つの対処法の仕方をご紹介したいと思います。
再生のための対処法で一番大切なことは、何が枯れた原因であるのかを特定して把握することです。

特定の室内のある要因が、観葉植物の枯れた理由となっていませんか?その原因を取り除くことができれば、観葉植物が再生するかもしれません。

次にすべきことは、観葉植物の環境の改善です。
原因を取り除いたら、植物が気持ちよく育つように、復活のための対処法を施します。

それでも植物が枯れたまま再生しない場合は、荒長治ですが、直接植物を復活させるための対処法を施しましょう。
そうすれば、枯れた観葉植物は、驚くぐらい再生して復活するかもしれません。

今回はその復活のための3つの方法を『枯れた観葉植物の再生や復活方法は?3つの対処法をご紹介!』として、ご紹介します。

【スポンサードリンク】

観葉植物が枯れた原因を特定して、改善する必要のある要因とは

観葉植物が枯れる原因はいくつか考えられます。
温度や湿度に関するものとしては、日光不足室内の乾燥日差しが強すぎることが原因の葉焼け、寒さなどです。

また水分が原因のものでは、水のあげ過ぎやそれによる根づまり・くされ、カビの発生、水切れなどがあります。水分は、あげ過ぎても、逆にあげなくてもあまりよくありません。

これら2つを特に調整して原因を取り除けば、枯れた観葉植物の再生のための手段となるでしょう。

再生を促すために、観葉植物の環境を改善することも大切

また、観葉植物の生育環境も大切な要因の一つで、特に土との相性も十分配慮しましょう。

肥料を沢山加えた栄養分が豊富な土が良いように思えますが、豊富すぎてもよくなかったりします。
特に育てている植物に最適な土壌の準備が必要と言えます。

また、観葉植物を植えている鉢の大きさも、植物の大きさにあわせて逐一選択しましょう。

小さすぎると、観葉植物が成長できずに枯れてしまう原因ともなってしまいますし、大きすぎても見劣りしますので、最適な対処が望ましいです。

観葉植物の大きさにあわせて、植え替えることも是非検討してください。

【スポンサードリンク】

復活させるための対処を、植物に施すこと

枯れた観葉植物を復活させるための、直接的な対処方法をいくつかご紹介します。

まず枯れた葉っぱや弱った葉を取り除き、しばらく様子を見る方法があげられます。

観葉植物は、外見上で葉が枯れていても、新しく新芽が生えて、その部分から再生する場合もあるからです。

また、外見上は大丈夫そうでも、土の中の根が弱ったり腐ったりしている場合もあります

その場合は、一旦鉢から観葉植物を引き抜き、腐っている根を取り除いたり、その周囲の土を入れ替えたりするとよいでしょう。

もう一つの方法は、観葉植物の種類によっては、葉置き挿し木をすることも可能な場合があることです。

これは植物の生きている部分を切断する対処を施し、その部分から新しく再生させることを行います。

終わりに

今回は、枯れた観葉植物の為の再生や復活方法として、3つご紹介させていただきました。

まず、観葉植物に悪い影響を与えている原因を特定し、取り除くことを検討します。
考えられる原因には様々な可能性がありますので十分検討しましょう。

また、植物の生育環境を最適化して再生を促す作業も大切です。
育てている植物の土壌や、鉢の大きさなどの重要性をお伝えしました。

そして、観葉植物の枯れた葉や腐った根を取り除いたり、土を入れ替えたり、切断したりして、植物の自発的な再生を促す方法もあるかもしれません。

以上、枯れた観葉植物を再生(復活)させる対処方法には、様々な方法があることがわかりました。是非、お育ての植物にあったやり方で再生してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ