敬老会の余興で簡単にできるゲームや踊りをご紹介

敬老会を知っている方はいますか?

敬老会というのは余興などでは簡単なゲームや踊りをして楽しむなどをして老人に感謝する会のことを敬老会といいます。

基本的にはゲームや踊りなどの余興で簡単な遊びをして楽しむような感じなのが敬老会です。

しかし、余興などで老人向けの簡単なゲームや踊りを探すのは難しいと思います。

簡単なゲームや踊りなどの余興といっても一般人向けの考え方ではなかなか難しい思います。

そこで今回はそんな『敬老会の余興で最適なゲームや踊りについて紹介』します。

【スポンサードリンク】

敬老会向けの簡単なゲーム

【風船バレー】

内輪を使って風船でバレーを行います。

内輪に飾りを付けるなどの工夫すると喜ばれると思います。

【ビンゴゲーム】

小学校やいろんなイベントで幅広く使われていて、身体の不自由な方でもできるパーティの定番ですね。

老人の中でビンゴゲームが難しい方には出来るだけ話しかけ、「1番ですよ」「開けますよ」と声をかけながら行うと良いと思います。

また、出た数字にまつわること思い出や雑学などを利用して話をすれば、普通のビンゴゲームとは、一味違った楽しいものになると思います。

【手品】

こちらもパーティなどで利用している方は多くいると思います。

100円ショップや専門店などへ売っている手品の品を使って楽しむものなのですが、注意してほしいのはなるべく大きなものを使った手品にしたほうがいいです。

トランプなどの小さいものを使う場合は老人たちに見えやすいようにしてください。

【箱】

箱の中身を当てるゲームでボールやぬいぐるみ、ケースなどの触った感触だけで正解を当てるゲームなのでなかなか歯ごたえがあって楽しいと思います。

【名前当てゲーム】

映像や実物を使ってその対象物の名前を当てるゲームです。人物でしたらその人の若い頃やものでしたら年代物などを使えば懐かしさもでてきて楽しめると思います。

敬老会向けの余興

短い寸劇なども老人の方々には好評で、例えば「水戸黄門」や「金色夜叉」「暴れん坊将軍」などをテーマにして敬老会で披露すれば場は盛り上がると思います。

敬老会向けの歌や合唱

敬老会向けの歌ですと動揺でしたら「肩たたき」ですね。

また、唱歌や昭和の歌でしたら「ふるさと」や「水戸黄門」などですね。

現代向けの歌ですとちびまる子ちゃんの主題歌の「おどるポンポコリン」ですね。

あとは昔の演歌や最新の演歌なども良いと思います。

合唱ですと、元気がでるような合唱でしたら「とんがり帽子」などですね。

昔経験したデートなどの淡い思い出が蘇るような合唱でしたら「港がみえる丘」などが良いと思います。

また、「高校三年生」「上を向いて歩こう」や昔の小学校、中学校、高校などで歌ったことのある歌などいろんな人が歌ったことのある合唱を使ってみれば良い思い出になれると思います。

【スポンサードリンク】

敬老会向けの踊り

【ダンスや踊り】

よく知っている踊りでしたらマツケンサンバや阿波踊り、ひょっとこ踊りなどが良いと思います。

また、全国の小学校などでやったことのある人が多いソーラン節などの多くの老人たちが憶えている踊りを披露してあげるととてもウケが良いと思います。

ダンスですと社交ダンスなどをして近くにいるご老人同士でダンスをして楽しむなどをすればご近所の方と仲良くなれるなど今後の生活が充実できると思います。

まとめ

敬老会に使えそうなゲームや踊りなどは案外簡単なようでとても難しいと思います。

しかし、50年、60年と長く生きてきた人たちと交流して楽しむことはとても良いことだと思いませんか?

是非ともいろんな経験をしてきたご老人たちと一緒に楽しんで良い体験をしていくべきだと思います。

人気記事はこちら

YouTube(ユーチューブ)をダウンロードするのにiPhoneアプリは無料で出来るのか?

ラジオを録音するのにiPhoneのアプリは無料で出来るのか?

潜在意識で復縁の前兆を指す夢とは?

ロールスロイスの収納格納エンブレムの値段(価格)名前と意味は?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ