「軽暑の候」の読み方と使い方!使う時期はいつ?すぐに使える例文も紹介!

日本には時候の挨拶など時期や季節を表す言葉などがあり、その言葉の多くは読み方や使い方が難しい例文が多く、なかなかその時期に使われる季語の例文を理解することは難しいと思います。

難しい時期に使われる季語の中の軽暑の候の例文や使い方、読み方について紹介します。

軽暑の候というと読み方や漢字的に夏の中で比較的涼しい時期だと思ってしまうかもしれませんが、時期的にそのような使い方では適切ではありません。

ですが、この軽暑の候の使い方や読み方がある例文があるので、この例文を見て時期を利用した軽暑の候の季語の読み方や使い方を活用してメールや文章などに使うと良いでしょう。

ですので『今回は軽暑の候の読み方や使い方、軽暑の候を使う時期や例文』について紹介します。

【スポンサードリンク】

軽暑の候とは

季語には多くの意味がありますが、軽暑の候という言葉の意味は「軽く夏を感じ吹く風もどこか夏めいたうっすらと汗ばむような時期」という意味が軽暑の候なのです。

軽暑の候の軽暑という言葉は春の言葉に分類されるのです。
ですので、軽暑の候の意味的に使われるべき季節はだいたい春や夏の始めだと思います。
また春夏秋冬それぞれ4つの季節は1つ1つ3つに分けて考えられ、春の場合は初春、仲春、晩春に分けられます。

24四季気で分ける場合は
初春・・・旧暦1月、立春~啓蟄の前日まで

仲春・・・旧暦2月、啓蟄~清明の前日まで

晩春・・・旧暦3月、清明~立夏の前日まで

に分けられ、三春と呼ばれますがこれは旧暦なのでとても難しいです。

ですので、現在の暦に書き換えると
立春~啓蟄前日:2月4日頃~3月5日頃

啓蟄~清明前日:3月6日頃~4月4日頃

清明~立夏前日:4月5日頃~5月4日頃

に書き換えることができます。

この現在の暦の中で最も軽暑の候の時期に適している時期は清明~立夏前日である4月5日頃~5月4日頃が軽暑の候を使用する時期に適しています。

季語は古く季節を先駆けているという部分があり、4月や5月上旬でも季節外れな夏っぽさなどを感じることができましたら、そのときに軽暑の候という言葉を使っても良いと思います。

【スポンサードリンク】

軽暑の候の例文

軽暑の候の意味や時期を紹介しても古い言葉ですので、現代に活用するには少し工夫が必要です。

ですが、この難しい季語である軽暑の候をうまく利用した例文があり、この例文をうまく活用していけば今後の文書作成などに役立つと思います。

ですので、この例文を理解してメールや文書作成の参考になれればと思います。

  • ・軽暑の候、日1日と夏らしく
    新緑の色が増す季節となりましたが
    皆様お元気にお過ごしのことと存じます。
  • ・軽暑の候、時下ますます
    ご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • ・若葉の薫る季節、気候も軽暑となり
    少しずつ夏の足音が聞こえて参りました。
  • ・拝啓 軽暑の候、木々の深緑がまぶしい季節となりましたが、お変わりございませんでしょうか。
  • ・拝啓 軽暑の候、そよぐ風に初夏の気配を感じる今日このごろ、お元気でお過ごしでしょうか。

以上が軽暑の候を使うときの主な例文です。

まとめ

まとめとしては軽暑の候は季語で古い言葉なので扱いが難しい言葉です。

【スポンサードリンク】

意味的に少し曖昧で難しい部分があり使い方的にも難しい季語になります。

ですが、この季語である軽暑の候を理解して活用すればこれからのメール作成や文書作成などに有効活用することができ品のある文章が作れるので、是非この記事を活用してみてください。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年2月22日
最終更新日:2017年4月11日

カテゴリー:日常 言葉

サブコンテンツ

このページの先頭へ