蛍光灯を新品に交換したのに電気がつかない!原因は?照明の寿命は何年?

夜帰って電気をつけたら、電気がつかないで部屋が真っ暗…そんな経験は誰にでもあると思います。照明器具を使うのは当然夜なので、灯りがつかないと真っ暗で何もできず困ってしまいますね。

蛍光灯や電球には寿命がつきものなので、故障が原因でなくても寿命が原因でつかない事があります。そこで殆どの家庭では寿命となった蛍光灯や電球の交換用として、新品の蛍光灯や電球を予備として買い置きしている事と思います。

そこで買い置きしていた新品の蛍光灯や電球に取り替えて一安心、これで部屋に電気がついてゆっくりできると再び電気のスイッチを入れたら…やっぱりつかない!?こんな経験をされた事はないでしょうか?

新品に交換したのに電気がつかない…交換した新品の蛍光灯や電球がキレていたのでしょうか?それとも蛍光灯や電球は割れると危険なので、交換した時に寿命の来た物を新品のパッケージに戻して捨てる事もあります。それに気づかず間違えて寿命の尽きた物をストック用にしていたのでしょうか?

電気がつかない原因が照明器具自体の故障でない場合には、蛍光灯を交換した時にこの様な事が起こります。
新品に交換しても蛍光灯がつかない場合があるのは、何が原因となっているのでしょうか?

そこで今回は『蛍光灯を新品に交換したのに電気がつかない!原因は?照明の寿命は何年?』について紹介します。

【スポンサードリンク】

蛍光灯の種類や仕組みについて

蛍光灯を新品に交換してもつかないというのは、蛍光灯の仕組みや構造が大きく関わっています。
ところで皆さんは蛍光灯がどの様にして光っているのかご存じでしょうか?

電球(白熱灯)が電気の通ったフィラメントが直接光っているの対し、蛍光灯は簡単に言ってしまうと「放電」によって光っています。

従って電球用の器具ソケットは直接電気を流す働きしかしないのに対し、蛍光灯用の器具には「放電のきっかけを作る始動用回路と電流を制御する安定器」といった、蛍光灯をつけるための装置とつけ続けるための装置が備わっています。

意外に知られていない事なのですが、この蛍光灯を使った照明器具にはこの始動用回路の始動方式と安定器の形状などによってかなり多くの種類があります。

特に始動用回路の始動方式は重要で、大きく分けると「スタータ式、ラピッドスタート式、インバーター式」の3種類があります。


蛍光灯のパッケージに「FLやFLR、FHF」といった記号があるのを目にした事があると思いますが、実はこの記号は適応する始動用回によって違って来ます。

また家庭で使われている蛍光灯器具の主な始動方式は、古から普及している器具が簡素で価格の安いスタータ式と、最近になって普及して来ている価格の高いインバーター式の2つとなります。スタータ式の始動方法にも「手動式、グロー式、電子式…」などいくつかの方法があり、スタータ式の中では始動させるためにランプ(点灯管)を使用するグロースタータ式が最も普及しています。

最近ではリビングなどのお部屋で使う蛍光灯は殆どがインバーター式となっています。

【スポンサードリンク】

蛍光灯がつかないのは3つの原因から?

ブレーカーなど家の配電に問題がない場合に、部屋の蛍光灯がつかない理由は、主に3つの原因が考えられます。

  • 照明器具の故障
  • 蛍光灯の寿命
  • 点灯管(グローランプ)の寿命

基本的にはこの3つしかないと断言しても良いほどです。
蛍光灯がつかない原因を見極めるために、それぞれどの様な症状かというと…

  • 蛍光灯(蛍光管)の寿命
    つかなくなった蛍光管の両端が(環型蛍光管の場合はソケットを差し込む部分の両端)が黒っぽくなったり、振ると音がしたりする場合には蛍光管の寿命となります。また寿命が近づいた蛍光管は、大抵の場合つかなくなる前にチカチカしたり暗くなったりするといった様な前兆があります。
  • 点灯管(グローランプ)など始動用回路の寿命
    蛍光灯の仕組みの説明の中で蛍光灯は始動回路がないとつかないと説明しました。蛍光灯を新品に交換してもつかない…という時には始動用回路の寿命の可能性が高くなります。使用している蛍光灯がインバーター式の場合は目で見て故障しているかしていないかの判断はできず、修理をするか照明器具ごと買いなおすしかありません。けれどもグローランプを持つグロースタータ式の蛍光灯の場合は、グローランプが黒くなっていたり、スイッチを入れた時に青い放電が起こらなかったりするので、見て確認する事ができて別売りされているので交換する事もできます。
  • 照明器具の故障
    お使いの蛍光灯がインバーター式の蛍光灯ではなく、蛍光灯やグローランプを交換したのにそれども蛍光灯がつかない!という時には照明器具そのものが壊れているという事になります。大きな熱を持たないとは言え、配線や縦長の蛍光灯を差し込むフォルダーは熱を持つので、経年劣化が起きやすくなります。
    基本的に価格の安いグロースタータ式の蛍光灯の場合であれば修理するより買い替えた方が安く済みます。

以上が蛍光灯がつかない主な理由となりますが、これ以外にも使用している照明器具の始動方式に、交換しようとする蛍光管が合わない場合にもつかなかったり、ついても不安定だったりします。

交換用の蛍光灯を買う場合には、使っている蛍光管のタイプがガラス面にプリントされているのでそれを控えてから買いに行くか、それまで使用していた蛍光灯を持って行った方が良いでしょう。町の電気屋さんであれば古い蛍光管は引き取ってくれる事が多い様です。

蛍光灯の寿命は?

蛍光灯が切れた事に気づくのはやはり夜が多いと思います。いきなりつかなくなって途方にくれるという事のない様に、蛍光灯や照明器具の寿命を知っておきましょう!

製品や使い方によって違ってきますが、蛍光灯の寿命は6000〜12000時間と言われています。また蛍光灯の始動用回路については、グローランプの寿命で12000〜24000時間、インバーターであれば40000時間と言われています。

蛍光灯はいきなりつかなくなるというイメージを持つ人も多いと思いますが、アノードスポットと呼ばれる両端が黒くなったり、暗くなったり、点滅しないまでもチカチカしたり、つきが悪くなったりして来ると寿命が近づいて来た目印となります。

またグロースタータ式の蛍光灯に使われるグローランプは、寿命がくる兆候が殆んどないので、できれば蛍光灯の交換2回に1回を目安に交換してください。

その他に蛍光灯に必要不可欠な安定器は40000時間(一般的な使用で8〜10年)となっています。

以上となります。
電気を流す事でついている電球は、つかない=球ぎれという事になりますが、電気を通すだけではつかない蛍光灯の場合には、グローランプやインバーターにも寿命や故障があるため、新品の蛍光灯に交換してもつかない事がありますので気をつけてください。

まとめ

【スポンサードリンク】

蛍光灯は同じ様に見えて種類も沢山あり、機器によって使用できる蛍光灯とできない蛍光灯があり、蛍光灯がつかない原因にも蛍光灯がきれている、グローランプなど始動用回路がきれているなど、始動方式によっていくつかの原因があるので注意が必要です。

またグローランプは寿命が来ていなくても、古くなって来ると蛍光灯の寿命を縮めてしまうので、グローランプを持つの蛍光灯を使っている方は参考にしてください。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年3月27日
最終更新日:2017年4月11日

カテゴリー:家事

サブコンテンツ

このページの先頭へ