★結婚式の二次会だけに参加する場合、会費以外にご祝儀も必要?いつ渡す?

最近ですと、親族だけで結婚式を行うという方も多いようです。

その場合、親族のみで結婚式をし、二次会で親しい友人達と気兼ねなく楽しめますよね。

そのほかにも仕事等で結婚式に参加できない人が二次会のみ参加するという方もいらっしゃるでしょう。

そういった二次会だけ参加する場合、新郎。新婦をお祝いするのにはかわりないのですが、二次会でも会費以外にご祝儀って必要なのかどうか気になりますよね。

また、会費以外にご祝儀が必要な場合、いつのタイミングで渡したらよいのでしょうか。

そんな気になる結婚式の二次会だけ参加する場合、会費以外にご祝儀は必要なのかどうかについてクローズアップ!

今回は『結婚式の二次会だけに参加する場合、会費以外にご祝儀も必要?いつ渡す?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

結婚式の二次会からの参加の場合、ご祝儀は必要?

結婚式の二次会から参加する場合は、基本的にはご祝儀は必要ではありません。

ご祝儀を渡さないと失礼にあたるんじゃないかと考える方も多いでしょうが、二次会のみの参加でご祝儀を渡さなくても失礼ではありません。

二次会の幹事によっては、新郎・新婦へのプレゼント代として会費に少し上乗せして二次会会費を集めている場合もあります。

「せっかくだから祝ってあげたい」「ふたりにお祝いを渡さないのが気がかりだから」と自分の好意や思いだけで包んでしまうと、かえって新郎新婦にお返しのことを考えさせてしまったりと、新郎・新婦はなんか申し訳ないという気持ちが先立ってしまいます。

ただ、自分の結婚式でご祝儀をいただいていたり、とても仲がいいのでどうしてもご祝儀を渡したいという場合もあるでしょう。

そのような場合にはご祝儀を渡しても大丈夫です。

二次会にのみ誘われていてご祝儀を渡したい場合、ご祝儀の相場としては1万円程度となっております。

お祝いの気持ちは「参加の意思」だけでも十分伝わりますので、当日新郎・新婦の2人に会った時、直接伝えるとよいでしょう。

【スポンサードリンク】

結婚式の二次会のみ参加する場合のご祝儀の渡し方は?

基本的には、前述した通り、結婚式の二次会からの参加ではご祝儀を包む必要はありません。

どうしても渡したいという場合はご祝儀を渡しても構いませんが、ご祝儀の渡し方に気を付ける必要があります。

会費と一緒に受付で渡せばよいかと思われがちですが、二次会の受付は、結婚式の受付とは意味が違います。

あくまで二次会の幹事や受付の人は、二次会の会費を徴収する係でありますので、ご祝儀を集める係の人ではありません。

さらに、幹事や受付の人がご祝儀を本人達に渡し忘れてしまったり、無くしてしまったりなどのトラブルになってしまう場合もあります。

そんなことにならないように、二次会当日にご祝儀を渡すことは避けましょう。

ご祝儀を渡したい場合には、結婚式や二次会開催日の前後で新郎・新婦に時間を作ってもらった時に、直接お渡しするか、現金を入れたご祝儀袋を現金書留で送るようにした方が親切です。

結婚式の二次会の会費はご祝儀袋に入れるの?

結婚式の二次会のみ参加の場合には、会費のみ受付に出せばOKです。

二次会の会費は、ご祝儀袋に入れる必要はありません。

財布から現金のみを出してそのまま受付にお渡ししましょう。

ご祝儀袋に入れて出してしまうと受付の人の手間が増えてしまいますので、現金そのままで出してあげた方が受付の人にとっては親切です。

できれば、おつりの出ないようにしておくと、受付も助かりますよね。

ご祝儀袋の書き方は?

二次会参加者のご祝儀袋の書き方は、一般的な書き方と同じです。

ご祝儀袋の上部に「結婚祝い」と書き、下部に「自分の名前」を書きましょう。

そして、ご祝儀袋の中の白い封筒の表には「金参萬円也」などと金額を書いたあと、裏には「自分の住所・氏名」を書きます。

まとめ

結婚式の二次会だけ参加する場合、会費以外にご祝儀も必要なのかどうかについてご紹介しました。

結婚式への出席となればご祝儀が必要なのか、相場はいくらくらいなのかはなんとなく検討がつきますが、二次会のみ参加する場合のご祝儀については分からなくなりますよね。

今後、二次会のみ参加される場合には、参考に覚えておくとよいでしょう。

【スポンサードリンク】

何より新郎・新婦を一緒にお祝いしたいという気持ちも大切なので、心からお祝いしてあげましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年7月3日

カテゴリー:人間関係 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ