低血圧の数値、危険値と正常値はどれくらい?年齢別で検証!

低血圧ってどれぐらいの数値が危険なんでしょうか?

正常値ってどれぐらいなのでしょうか?

やはり年齢別で違うんでしょうね?

低血圧について、数値について知りたいですよね。

どうすれば危険を回避できるのでしょうか?

正常値と年齢別の差を知りたいものです。

どうしたら低血圧が治るのでしょうか?

年齢別でも違いがありそうですね。

どれぐらいの数値が正常値で、どれぐらいが危険なのでしょうか?

低血圧について、 数値について、 危険値と正常値について年齢別で知りたいものです。

そこで今回は『低血圧の数値、危険値と正常値はどれくらい?年齢別で検証!』と題して大公開してみたいと思います。

【スポンサードリンク】

低血圧について

よく健康に関することで出てくる低血圧についてですが、低血圧の危険性などはあまり意識している人は少ないですが、低血圧とは正常値の血圧の数値を下回った状態を低血圧と呼び年齢別で低血圧になる数値は異なります。

この血圧の正常値の数値を下回った低血圧ですが、年齢別にもよりますが、血圧の正常値の数値を下回った状態になってしまうと意外と危険な状態で、放っておいてしまうとショック症状や意識障害など危険な状態になってしまいます。

ですので、今回は年齢別の血圧の正常値、正常値を下回った数値である低血圧の危険について紹介します。

低血圧について

血圧には基準となる数値があり、高血圧、低血圧、正常値と判定されます。

収縮期血圧とは心臓が収縮して血液を送り出すときに血管にかかる圧力で最大血圧と呼ばれています。

拡張期血圧とは心臓が血液を貯めこんで血液を送り出す準備をしている時に血管にかかる圧力で最小血圧と呼ばれています。

高血圧・・・一般に、収縮期血圧が 140mmHg 以上で拡張期血圧が90mmHg 以上の両方か、またどちらか一方を満たすときを高血圧と定義されます。

低血圧・・・以前では正確な基準数値というものがなく、最高血圧が100mmHg 未満とされていました。

現在はWHOにおいて世界共通の基準数値として、収縮期血圧が100mmHg 以下で拡張期血圧が60mmHg のものを低血圧とされています。

正常値・・・血圧の正常の数値とされるものは、収縮期血圧が129mmHgで拡張期血圧が84mmHg 以内とされていて、上下の血圧数値がどちらを超えても正常値とはいえません。

また、低血圧には4つの種類があり、どのような種類かを見極めることによって予防方法を知ることができます。

本態性低血圧・・・はっきりとした原因などが分からない低血圧で、自分自身が気が付かない場合が多く、血圧測定をして初めて知るという事が多くあります。

体質的なことも要因のひとつですが、偏食をしたり、塩分を極端に制限した食生活や無理なダイエット、運動不足などが誘因となって発生することが要因だと思われます。

また、症状はほとんどの人には自覚症状が無いといって良いのですが、めまいや倦怠感などを感じます。

個人差や季節などの時期によって違いが出ますが、検査を受けても原因となる病気がなく常に血圧が低い状態となっています。

本態性低血圧症では、約10~20%の方に低血圧に伴う血流量の低下による影響で全身症状や各臓器症状が認められて、また自立神経症状もみられます。

二次性低血圧・・・心臓などなんらかの病気があったり、ホルモン分泌の機能が低下している場合に神経障害などが原因で発生します。

また症状は、血圧低下の原因となる病気によって症状の現れ方が異なり心不全による心機能低下や不整脈、薬物中毒などでは急性に低血圧症状が現れます。

急性の場合はショック症状や意識障害、四肢に痺れなどの症状が起こり、慢性化してしまいますとめまいや倦怠感など本態性低血圧症と似た様な症状が現れます。

起立性低血圧・・・椅子やベッドなどから急に立ち上がった時などに急激に血圧が下がる事で頭部に運ばれる血液量が減るため、立ちくらみなどが発生します。

食後低血圧・・・食事をした後に急激に血圧が下がることがあり、食後低血圧は失神や脳梗塞の引き金となることがありますので他の低血圧より注意が必要です。

症状は、椅子などから急に立ち上がったりした時などに急激に血圧が下がり、こういった症状は主に午前中に発生しやすく、めまいやふらつきなどが発生します。

食後や運動後などにも起こることがあり、特に高齢者では食後に一過性の失神を起す場合がありますが、原因としては食後に血液が内臓に溜まることで全身の血管抵抗を減少させていることが原因とされます。

【スポンサードリンク】

年齢別による低血圧の数値

血圧の正常値は、
現在では最高血圧が129mmHgで、最低血圧が84mmHg
とされています。

低血圧の数値は、
最高血圧が100mmHg、最低血圧が60mmHg
とされておりますので、この数値を下回る様な時には注意を要する数値といって良いでしょう。

20代
最低血圧は男性は75、女性は76

30代
最低血圧は男性が79、女性は71

40代
最低血圧は男性が84、女性は77

基準値を下回った場合は出来るだけ早めに改善の努力をすることが必要で、血圧は季節によっても変化する場合がありますが1日の時間によって変化します。

一般的には朝から昼にかけて症状が強く現れる傾向がみられ、逆に昼から夜にかけては症状が軽くなる傾向となりますので、午後から夜は元気になる方が多いです。

まとめ

まとめとしては年齢別によって低血圧になる数値は異なりますので、上記の数値を頼りに血圧の検査をしてみてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ