★カビで黒くなったお風呂場のパッキンを白く戻したい!ゴムパッキンのカビの取り方とは?

お風呂のカビなかなか落ちないですよね。

お風呂を毎日キレイに洗っていても、気付いたらパッキンの部分などにカビができてしまっているなんてことも。

このパッキン部分にカビができたら、なかなか取れないので、厄介ですよね。

パッキンにできたカビの取り方はどのようにしたらよいのでしょうか。

また、簡単に綺麗にカビが取れる取り方があれば、知りたいですよね。

そんな気になるお風呂場のパッキンにできたカビの取り方についてクローズアップ!

今回は『カビで黒くなったお風呂場のパッキンを白く戻したい!ゴムパッキンのカビの取り方とは?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

ゴムパッキンの黒カビはなぜ取りにくいの?

ゴムパッキンは柔らかいので、ちょっとでも傷がつくと、そこに水分が溜まり、カビが増殖してします。

放っておくと奥まで浸透して、通常のカビ取り剤や漂白剤が効かなくなってしまうんです。

また、ゴムパッキンは強く擦ると剥がれてしまうので、ブラシやタワシでゴシゴシ擦ることもできないので、パッキンのカビは落としにくいんです。

【スポンサードリンク】

ゴシゴシこすっては、だめ?

カビ取り剤をつかってゴシゴシするという方も多いでしょう。

前にも述べた通り、こすってしまうと表面に傷ができます。

カビが生えやすいパッキンなどをゴシゴシこすると、
目には見えませんが、傷がたくさんつきます。

表面がつるつるしているとカビは定着することができませんが、傷ができてデコボコしている部分にはカビの胞子がとどまってしまいます。

そしてカビが生えるのに必要な水もたまります。

つまりは、ゴシゴシこすればこするほど、カビが生えやすい場所を作っているのです。

パッキンにできたカビの落とし方は?

カビの落とし方は例えば、重曹とかクエン酸とか、業務用のカビ取り剤など様々ありますよね。

一体、どの方法がカビを綺麗にできるのでしょうか。

実は、身の回りの手軽なアイテムを駆使するだけでカビを落とすことができます。

必要なものは、「カビハイター」、「キッチンペーパー」、「ラップ」の3つです。

手順は、カビハイターをまず吹きかけます。

そこにカビハイターに浸したキッチンペーパーを被せ、その上にラップをします。

この状態で30分ほど置きます。

そのあと、ラップとキッチンペーパーを取り、水で洗いながし、使わなくなった歯ブラシ等で表面を磨きます。

このとき、作業する際は、ゴム手袋、マスク等をつけ、換気扇をしっかりまわすようにしましょう。

カビ予防には?

ゴムパッキンのカビ取りを行い、綺麗になったと思ったら、また同じところにカビができてるなんてことも。

そのため、パッキンのカビ予防対策が必要なんです。

まずは、換気です。

お風呂から出て、水蒸気だらけの浴室に換気扇一個では全然足りません。

お風呂のドアは少し開けておきましょう。

ドアを少し開ける事で、風の流れも良くなり、換気できます。

全開だと、脱衣所に湿気がたまります。

そして、お風呂の温度を下げるために、お風呂上りの際、シャワーの冷水などを壁などにかけるのも効果的です。

カビが繁殖してから、あれこれ買うよりも予防をしっかりしておくと、清潔度を保つことができます。

お風呂場のカビ撲滅法は?

カビは乾燥させても、凍らせても死にません。
カビが死滅するのは高温の時です。

90秒お湯をかければ、中のカビまで退治することができるそうです。

しかし、毎日お湯をかけるのは大変ですよね。

お風呂場のカビは、胞子からカビになるまで1週間から10日ぐらいですので、1週間に1度のペースで大丈夫です。

もしカビが生えてしまっていたら、50度のお湯を90秒間かけ、カビ取り剤でカビの黒ずみをきれいにし、1週間に1回50℃のお湯を5秒間当てるという流れを行うとよいでしょう。

お風呂場の天井は熱湯をかけると危険ですので、消毒用アルコールをつけたワイパーで1ヶ月に1回拭くとカビ予防になるそうです。

まとめ

今回はお風呂のパッキンにできたカビの取り方についてご紹介しました。

ゴムパッキンのカビは放っておくと、根が深くなってしまい、普通にカビハイターを吹きかけただけでは、カビの根まで浸透しません。

そのため、ラップやキッチンペーパー等で成分を蒸発させずに浸透させることが大事です。

【スポンサードリンク】

パッキンのカビに悩まされている方は、ぜひ試してみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年10月6日
最終更新日:2017年10月7日

カテゴリー:仕事

サブコンテンツ

このページの先頭へ