玉ねぎの保存で冷凍はOK? 賞味期限はどれくらい?

玉ねぎの保存というのは、冷凍しても大丈夫なのでしょうか?

冷凍保存せずに常温の場合は、玉ねぎの賞味期限などあるのでしょうか?

そもそも玉ねぎを冷凍保存して良いものなのでしょうか?

玉ねぎの賞味期限など冷凍保存で変わるものなのでしょうか?

玉ねぎの賞味期限について、もっと知りたいところです。

そこで今回は玉ねぎの賞味期限と冷凍保存について『玉ねぎの保存で冷凍はOK? 賞味期限はどれくらい?』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

玉ねぎの保存で冷凍はOK?

玉ねぎは血液をサラサラにして高血圧予防や疲労回復などに効果がありますので冷凍して毎日、食べても健康に良い食品ですし、玉ねぎは冷凍保存したほうが美味しく食べることができます。

直接、食べると辛い玉ねぎですが、冷凍保存することにより、栄養価はまったく変わらず甘みが増すので、冷凍保存した玉ねぎは、普段、食べている玉ねぎより断然おすすめです。

普段、食べている玉ねぎの賞味期限は長いですが、それ以上に冷凍保存のほうが賞味期限が長くなります。

湿度が高くなると傷みやすい食材なので常温で保存していたら傷んでいたということがないように冷凍保存できるようであれば、それが一番ベストと思ったほうが良いでしょう。

玉ねぎは微塵切りにしたり千切りにするだけで冷凍保存できますので、料理の仕込み段階で大量に玉ねぎを切っておいて冷凍保存すると良いでしょう。

玉ねぎは切って冷凍保存するだけで甘みが増すので、普段、とても辛くて玉ねぎが食べられないというような人にも、とても、おすすめの保存方法になります。


玉ねぎ自体は長時間の煮込みや、炒め物に加えると甘みが増しますが、その状態を冷凍保存でも行えるので、甘みを出すために長時間の煮込みや炒め物が面倒という場合にも使える保存方法でもあり、玉ねぎをアメ色まで炒めるのに長時間の調理が必要ですが、この冷凍保存を利用すれば、わずか10分たらずでアメ色になります。

【スポンサードリンク】

賞味期限はどれくらい?

玉ねぎは冷凍保存しても大丈夫ですし、調理方法は変わらないので何も問題はありませんので、できるかぎり玉ねぎの賞味期限を長くしたいのであれば、常温で保存している玉ねぎは全て冷凍保存することが望ましいです。

冷凍保存すると、1か月~2か月ぐらいの保存が可能になりますが、長時間の冷凍保存は冷凍焼けを起こすので、酸化や、乾燥する前に早めに調理するのが良いと思います。

冷凍した玉ねぎは、賞味期限が伸びますが、解凍すると、水が出てきて、グチャグチャになってしまって食感は悪くなるのでサラダには使えないといえます。凍ったまま炒めて調理すれば良いでしょう。

冷凍してから調理するのではなく、調理してから冷凍しても1か月は賞味期限がありますので、市販のドレッシングより保存期間は短いですが、自家製ドレッシングなどを作ってしまうのも良いと思います。

玉ねぎを電子レンジで加熱してミキサーでペーストしてからブロック状にして凍らせて玉ねぎ氷を作るのも賞味期限が伸びます。

これは約2か月ほどの賞味期限ですが、ブロック状なので、玉ねぎダイエットなどで使いたい場合は、スープやライスなどに混ぜるだけで、とても手軽に利用できるダイエット方法でもあります。

最後に

玉ねぎって冷凍保存すると、いろいろ使えるんですね。

冷凍保存することにより賞味期限が伸びたり、とても重宝しますね。

冷凍の玉ねぎはダイエットにも使えて、とても便利そうです。
これからは玉ねぎは常温で保存するのではなく、微塵切りにして冷凍保存しようと思いました。

それではまた、玉ねぎの新し保存方法について分かり次第、大公開したい思います。
どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ