★企業がツイッターを使うメリット・デメリット!ツイッターを活用して集客アップ!

【スポンサードリンク】

近年、SNSを使った集客を行う企業や店舗が増えてきています。

特に、飲食店や美容室、リラクなどではツイッターを活用して集客・販促を行う例が数多く見られます。

企業がツイッターを使うメリット、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

メリットもデメリットも頭に入れておけば、ツイッターを活用する時に怖くありませんね。

また、中にはツイッターのアカウントを取っているけれど、活用してない場合もあるでしょう。

どうやってツイッターを活用すればよいのか悩んでいる企業が、どのように集客を行い、集客アップまで行えるのでしょうか?

そんな気になる企業がツイッターを使うメリット、デメリットやツイッター活用法や集客方法についてクローズアップ!

今回は『企業がツイッターを使うメリット・デメリット!ツイッターを活用して集客アップ!』についてご紹介します。

ツイッターとは?

もそもツイッターとは、自分の好きなことや今目の前で起きていることを、気軽に投稿(つぶやき)できるSNSです。

ツイッターは、他のSNSには大きなところで3つの違いがあります。

  • 若い世代の利用者が多い

    ツイッターは、若い世代のユーザーが多いです。

    ツイッターやFacebookなど他のSNSと比べて10代・20代で高い利用率を誇っており、若年層に強いSNSです。

  • リツイート機能で拡散される

    ツイッターの特徴として、投稿した内容が不特定多数の人にまで幅広く拡散されていく点があります。

    FacebookやLINEの場合、あくまで投稿は『友達の友達』までしか拡散されませんが、ツイッターは、投稿した内容(ツイート)をその人のフォロワー(いわゆる友達)がリツイート(拡散)し、さらにリツイートを重ねていくことで、全く繋がりのない人にまでどんどん拡散されていきます。

    しかし、不適切な投稿なども一気に拡散してしまいますので、炎上などになりやすいという弊害もあるので注意も必要です。

  • 140文字以内という文字数制限

    他のSNSでも機能上文字数の制限はありますが、ツイッターの場合、140文字以内と短く制限されています。

    その為、ユーザーは必然的に短い文章で投稿が必要になります。

    この『140文字という文字数制限』があることで、リアルタイムで気軽な投稿を後押ししています。

企業がツイッターを使うメリット

  • 新たなファンを獲得し認知度を高める事が出来る

    新たなファン=フォロワーを獲得する事により、企業の認知度アップに繋がり、ブランディングになります。

  • ユーザーと直接コミュニケーションが出来る

    企業として、ユーザーの声を直接聞くことができるのは、商品開発やサービスの向上に非常に有用です。

    リアルタイムで意見が寄せられるので、ユーザーの生の声を集めることができます。

    また、企業がユーザーに対して返答やアクションを起こすことで、ユーザーの満足度や企業信頼度の向上を図ることができます。

【スポンサードリンク】

企業がツイッターを使うデメリット

デメリットとしてツイッターを使う際気をつけなければいけないのが、ツイートの内容によっては逆にマイナスイメージを与えてしまう場合があることです。

いわゆる“炎上”というもので、ちょっとした失言などでネットユーザーから批判されたり、マイナスの評価をされるケースが多く、企業イメージの低下につながる可能性があります。

なかには、炎上を目的としているユーザーもいるため、そういったクレーマーのようなtwitterユーザーへの対策をあらかじめ考えておく必要があります。

また、企業で行う場合は属人的な要素が強いこともデメリットですので、一度失墜したイメージを回復するためには、手間と労力が必要です。

ツイートする内容は、十分に配慮する必要があります。

ツイッターを使った集客活用法

  • リツイートやいいね!を狙った投稿をする

    宣伝・告知のみでもフォローされ続けて、情報も拡散してもらえるお店は、『ブランド力』があるお店か『顧客との密接な関係』を持っているお店だけでしょう。

    そのため、より情報を拡散し、お店の知名度をUPして新規顧客も獲得するため、宣伝や告知の間に『その業種ならではの豆知識』や『綺麗にとれた写真』、『お客様とのエピソード』や『タイムリーな話題』を織り交ぜてツイートしてみましょう。

    また、ツイート内容を『拡散されやすそうな情報』に寄せるというのも集客アップのための有効な手段のひとつです。

    同業種でツイッターをうまく活用しているアカウントを見つけて、参考にしてみるとよいでしょう。

  • #(ハッシュタグ)を有効活用する

    #(ハッシュタグ)とは、簡単に言うと『検索カテゴリー』のようなもので、ツイート文に『#○○』とつけることで、『〇〇』に関係のある内容で検索している若しくは話題にしているユーザーに、ツイートを見つけやすくしてくれます。

    『#(ハッシュタグ)』を積極的に活用し、より多くの人にツイートを見てもらえるようにしていきます。

  • 動画を投稿する

    ツイッターだけでなくFacebookやInstagram、LINE@に関してもですが、SNSを集客ツールとした場合の最大の弱点は、『タイムライン上で投稿が埋もれてしまう』ことです。

    そこで、自分のお店の投稿を埋もれにくくするために『動画を投稿する』ことが有効になってきます。

    動物に限らず人間の目の場合も、動くものが気を引きます。

  • ユーザーの投稿をリツイートする

    ユーザーの投稿をリツイートすれば、既存客のリピート率改善や顧客単価アップ、さらには新規顧客獲得の可能性もあります。

まとめ

今回は、企業がツイッターを使うメリット、デメリットやツイッター活用法や集客方法についてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

ツイッターを活用したいと考えている企業のみなさま、ぜひ参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年7月9日

カテゴリー:仕事

サブコンテンツ

このページの先頭へ