黄色い鼻水が出る原因は風邪?病気のサインなの?

鼻をかんだら、黄色い鼻水が出たことはありませんか?
もしくは風邪をひいた時などにも黄色い鼻水が出たりしますよね。
特に風邪をこじらせて熱が出た時にはよくありますよね。
普段から鼻水の色をしょっちゅう気にすることはないと思いますが、たまにあれ?って思うことってありますよね!
その色が透明であってもネバネバしていたりサラサラだったり、オレンジっぽかったり黄色い鼻水だったり鼻血まじりの赤だったりします。

鼻水の色は、自分が今どのような状態にあるかのバロメーターなのです。
体の体調や、変化のサインといえます。
鼻水は生きていればつきものですが、鼻水が出る原因や鼻水の色が変わる原因って意外と知らないですよね。

特に体調がよくなかったりした時、風邪の時に黄色い鼻水が出たらどんな原因なのかなど気になりますよね。
風邪を引いてしまった時は様々な体の不調が現れます。その全てには、原因があるのです。
風邪をひいた時に黄色い鼻水が出る原因が分かれば安心ですね!
ということで今回は『黄色い鼻水が出る原因は風邪?病気のサインなの?』を調べてみます!

【スポンサードリンク】

黄色い鼻水が出る原因とは?

鼻水とは、そもそもウイルスから身体を守っていくために、鼻腔の内部から分泌される液体なのです。

分泌される液体(鼻水)は基本的に無色透明なのですが、色々な原因によって鼻水に色が付くことがあるのです。

ウイルスや細菌などが進入した時に、死滅した白血球や免疫細胞などが鼻水に含まれることがあります。黄色い鼻水は体の中の免疫が働いている証拠です。

風邪をひいてしまった時などには鼻水が出てきますが、これは体の中に入っている菌をなんとか外に排出しようとする体の抵抗なのです。
この抵抗を「生体防御反応」と言います。

黄色い鼻水は、風邪の治りかけなどとよく言いますが、必ずしもそうとは限らないと覚えておきましょう。
先ほどもお伝えしたように、いろいろな菌や菌との戦いで残った白血球が鼻水の中に入っているからです。
それらが鼻水と混ざることで、鼻水の色が黄色になると考えられています。
鼻水が黄色になっているということは、どういうことか分かりますか?体の中にはウイルスや菌がたくさん残っているということです。

つまり、今でも白血球が菌やウイルスと戦っているという証拠です。
戦っている時こそ油断をしてはいけません。
鼻水が黄色になったら今が勝負時! 免疫力をアップさせ、菌やウイルスをやっつけるための体づくりをおこなっていきましょう。

そして鼻水はすするのではなく、必ずかんで外に出していきましょう。

【スポンサードリンク】

ねばついた黄色い鼻水は??

色だけではなく、サラサラしている鼻水やネバネバしているものがありますね。
鼻水がどのような種類なのかによって症状も変わってきます。
サラサラの鼻水であれば、アレルギー性鼻炎か、または急性副鼻腔炎の可能性があるといえます。

サラサラの鼻水はほとんどが初期段階であるとされているため、その症状のうちに対策をしっかりおこなっておきましょうね。
ただし、鼻水がネバネバの場合は注意が必要です。
しかし、ネバネバであり、かつ黄色の鼻水であれば症状が悪化しているという可能性があります。
もしかしたらすぐに頭痛や吐き気を伴うこともあるため、早めに病院へ!

まとめ

鼻水が黄色いことが多く続くと、蓄膿症や、急性副鼻腔炎といった病気になってしまっていることもあります。
もし、最近鼻水が黄色になってきたと感じていたり、ネバネバとした黄色い鼻水がでているなと思ったりしたらすぐに耳鼻科に行きましょうね!
何事においても1人で自己判断するのではなく、専門医に相談してみて判断をすることが1番です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ