子どもが宿題をやらない?「終わらない」をなくす対処と予防法。

子どもが宿題をやらないのはなぜでしょうか?

なかなか「終わらない宿題」に、世の中のお父さん、お母さんは頭を抱えています。子どもが宿題をするような対処や予防法があり、それがあると聞くだけで、時代の変化にびっくりします。

子どもが宿題をやらない理由がわかれば、対処も予防法も対策としてできるはず!子どもが主題をやらないのは、目的がないから」とある一説。

また、宿題をやらないというのであれば、それを言う親自身がどういう態度か考えてみましょう!そこに対処と予防法のヒントがありそうです。

子どもは親の姿をよく見ていて、「終わらない」宿題は親の態度のせいかもしれませんね。「宿題をしなさい!」と言っても、なかなか始めないし終わらない。しかも最終的にやらない・・・。

そんな子どもの態度に腹立たしい想いをしたとしても、「人は鏡」我が身を振り返り、その対処と予防法を考えましょう。

子どもが宿題をやらない、終わらないには単純な子どもの発送が垣間見れます。

子どもの宿題「終わらない」を卒業するために『子どもが宿題をやらない?「終わらない」をなくす対処と予防法。』をまとめてみました。

【スポンサードリンク】

子どもが宿題をやらない理由

子どもが宿題をやらない理由はシンプルです。

やりたくない、またはやる理由がないのです。

だって、お父さん、お母さんもやるべきことをやらないで、やりたいことをやっている・・・

親は見本なので、当然のように、やるべき宿題をせずに、やりたいゲームをしているのでしょう。

また、「宿題しないとおやつなし!」とか、「宿題しないと先生に怒られるよ!」というのは、あまり理想ではありません。

宿題をすることによって、何が得られるのかは、このようなものではないのです。

終わらない宿題をやるには、どんな対処や方法がある?

先ほどの言い方をしているとしたら、毎日のように不安をあおられ、マイナスのイメージを持つような言葉かけをされています。

宿題を意欲的に終わらせたいのであれば、プラスの動機が必要ですね。

例えば、「終わったら美味しいご飯にしようね!」「今日全部終わったら、日曜日はディズニーランドに行こうね!」などなど。

宿題がおわったら得るものがあると、張りも出てきますね。

【スポンサードリンク】

対処や予防法を間違えない言葉かけ

子どもが宿題をやるには、親の態度が重要なことはお分かりいただけたと思います。

最後にもうひとつお伝えするなら、子どもとの約束を守る、子どもに使う言葉を変えてみる、などです。

そして、「宿題をしなさい!」という親の気持ちのなかに、「宿題をしないと、先生から変に見られる」「宿題をしないと立場が悪い」
などと、親が自分の立場で見ていないでしょうか?

この件に関しては、「子ども」が主体であり、親の立場は全く関係ありません

それなのに、親自身のメンツを考えたような発言は控えましょう。

子どもも大人の顔色を見ているにしても、信頼信用したいものです。

子どもの期待を裏切らないように、私達大人がしっかりとした目線をもち、対処と予防法を身につけていきたいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ