★衣替えに最適な時期は?日にちは決まっているの?クローゼットの衣替えを簡単にするコツ!

季節の変わり目になると衣替えを行いますよね。

暖かくなってきたら、クローゼットの中のセーターとかを片付けて、薄手の洋服や半袖を出したり、逆に寒くなって来たら、薄手の洋服を片付け、厚手のものを出したり・・・。

この衣替えって最適な時期や日にちは決まっていたりするのでしょうか。

季節的には春夏秋冬と日本には四季がありますが、気温によってはまだまだ寒い、まだまだ暑いなどありますよね。

そうなると、私の場合、衣替えをしたいけど、まだいっかと後回しにしてたら、急に寒くなったり、暑くなったりして、慌てて衣替えを行うこともしばしばあります。

衣替えに最適な時期や日にちがあれば、焦って衣替えを行わずに済むのでしょうか。

そして、衣替え自体。

衣替えをしなきゃと思いつつも、面倒だなと思う方も多いでしょう。

簡単に衣替えするコツはあるのでしょうか。

そんな時にクローゼットの中を簡単に衣替えできるコツを知っておけば、衣替えが楽チンに!

気になる衣替えに最適な時期や日にち、クローゼットの衣替えを簡単に行うコツについてクローズアップ!

今回は『衣替えに最適な時期は?日にちは決まっているの?クローゼットの衣替えを簡単にするコツ!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

衣替えはいつするもの?

衣替えをする時期や日にちは決まってたりするものなんでしょうか。

衣替えの時期は、地域やその年の気温によって差があるので、時期はハッキリ決まっているわけではありません。

学校や職場ではいっせいに衣替えをするところも多いですよね。

その時期は一般的に、「6月1日」、「10月1日」の年2回に衣替えは行われます。

おうちの衣替えもこれを目安に考えると忘れずに済むでしょう。

【スポンサードリンク】

衣替えのコツは?

衣替えを行うのに最適な日、時間帯は、湿気が残ったまま密閉空間に収納してしまうとカビが生えてしまうおそれがあります。

そのため、衣替えを行うのは、晴れた日の10時〜14時くらいに行うのが良いとされています。

さらに、衣替えを行う際に、4つのポイントがあります。

  • 【ポイント1:着ない服の選定作業】衣替えを行う時に、これからも着る服、もう着ない服の選定作業が必要です。

    普段はあまり剪定作業に時間を取ることができなくても、総入れ替えするこの衣替えの時期に行うのがオススメです。

    ワンシーズン着なかったものは、処分するなど基準を設けるとよいでしょう。

  • 【ポイント2:シミなどの汚れ対策】衣服を収納する時に気を付けなければいけないのが、シミや黄ばみなどの汚れ対策です。

    白のカッターシャツやTシャツなど久しぶりに広げてみると、黄ばんでいるなんて事ありませんか?

    少しでも汗が残っていて、そのままにしておくと必ずシミとなって現れてきてしまいます。

    白い服や気に入っていて何度も着ていた服は2度洗いを行うようにしましょう。

    また、衣服まとめてクリーニングに出すのも1つの手です。

  • 【ポイント3:乾燥対策】わずかでも湿気が入り込んだまま密閉してしまうとカビにとっては絶好の環境になってしまいます。

    そのため、衣替えをする日は必ず晴れた日のお昼ごろがよいでしょう。

    そして、収納した衣装ケースに、乾燥剤を入れておくようにしましょう。

  • 【ポイント4:防虫対策】虫はいつどこで発生するか分からず、ウールやカシミヤ、絹などの柔らかくて高級な衣服がターゲットにされやすいです。

    いくら清潔にしていても洗濯を干している間に虫の卵が付着してしまうケースもありますので、収納する時は防虫剤を入れておくようにしましょう。

    しかし、種類の違う防虫剤を入れたり、直接衣服には付いてはいけない防虫剤を入れてしまうことで、化学反応で服にシミが付いてしまうこともありますので、注意しましょう。

  • 【ポイント5:季節ごとに分ける】冬服と夏服が混在していると、着たい服をすぐに探し出すことができなくてですよね。

    季節ごとに服をチーム分けして、引き出しや収納ケースを割り当てておくと、チーム分けされたかたまりごとに入れ替えていけば簡単に衣替えできちゃいます。

    そして、通年で着る服は出し入れしやすい場所にしまうとよいでしょう。

クローゼットの収納場所の決め方

クローゼットの中をどのように使うかで収納すると洋服が見つけやすくなったります。

チーム分けした衣類をどこに収納するか決めましょう。
クローゼットの空いた隙間に置くのか、重ねて置くのかなど、収納場所によって使用するケースの大きさや形状を変える必要があります。

置き場所の寸法を測り、その場所に合った素材や形態のものを選ぶとよいでしょう。

まとめ

衣替えはいつも面倒なものですよね。

しかし、収入する際に、整理を行うことで衣替えが楽チンになります。

【スポンサードリンク】

ぜひ、衣替えを楽にできるよう衣替えのコツを身に着けておきましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年4月25日

カテゴリー:お金 子ども

サブコンテンツ

このページの先頭へ