腰痛の原因・左側,真ん中,右側,部位別の対処法!

よくある腰痛の原因ってなんなんでしょか?

分かるようなら左側,真ん中,右側の対処方法を知りたいものです。

腰痛の原因が左側,真ん中,右側の対処で治るなら治してみたいですよね。

腰痛の原因が本当に知りたいもおです。

左側,真ん中,右側の対処ってどうなってるのでしょうか?

腰痛の原因と左側,真ん中,右側の対処方法を知りたいものです。

そこで『腰痛の原因・左側,真ん中,右側,部位別で対処法!』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

腰痛の原因

主に4つの原因が考えられていて、まずは椎間板ヘルニアになり、加齢で椎間板の変形やスポーツでのケガなどが原因でおこる腰の痛みになり、これは姿勢を治したり、手術で治るような症状のときもあります。

よく聞く認知度の高い骨粗しょう症が原因のときもあり、これは高齢者の女性に多くみれらる腰の痛みの原因であり、どうしておこるのかというと、骨の骨密度が少なくなるので、おもにこの症状は薬を利用して治していくことが多いです。

そして変形性腰椎症という病気も腰の痛みの原因で主に40代以上の人になりやすいと言われています。

主な痛みの原因は、椎間板内の水分が不足するこによりクッション性がなくなり痛みに変わることが原因と言われています。

そして認知度は低いのですが、腰部脊柱管狭窄症という症状も腰痛の原因といわれていて、60代~70代のひとに見れられる症状となり、脊柱管と言われる部分が狭くなり神経が刺激を受けて腰が痛くなるのです。

以上のような4タイプが主な原因といわれていますので、改善方法を次の章で述べていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

左側,真ん中,右側,部位別で対処法

腰などの痛みの原因がヘルニアなど腰の病気だと思われていたりするのですが、それだけが原因ではありません。

慢性的な原因は、症状によっては、寝るときの状態が悪いということもあるのです。

寝方は左側,真ん中,右側,部位別で変わり、右側の腰痛の時の対応法は、寝方にありますので、仰向けですが右側の腰痛は寝方が右側に姿勢が傾いているといえますので右側が多いのであれば左側に寝るようにしたほうがいいでしょうし、寝返りで、姿勢が変わるので、このあたりは、いろいろグッズが出ているのでこれを購入することをお勧めいたします。

左側に寝てしまうことが原因での腰の痛みは、右側に寝るときと同じように、左側で寝るようにしてみるとよいと思います。

そのようなときは、やはり先ほども述べましたが、左側に寝てしまうようであれば右側に寝れるようにする専用のクッションなどが市販されているので、こういったものを使うのも良いかと思われます。

対策としては、右側や左側に寝てしまう人、左側,右側,すべてに言えることですが、仰向けに寝ることになり、これだけで重心が全て平均的にとれるので、これを行うことがよいとも言えます。

真ん中の部位の痛みは、これは左右のどちらかに寝るということが当然よいということになり、つまり真ん中の部位の人は、左側に寝たり、右側に寝たりして改善をすると良いのです。

左右どちらにも寝ることが困難だというときには、うつ伏せ寝が良いでしょうこれだけで改善されるのですから、とても簡単な寝方でもあります。

うつ伏せで寝ることが、あまりにも辛いときには、やはり先ほども述べましたが市販のグッズを使いましょう。

まとめ

腰痛の原因といっても、いろいろあるんですね。

とても驚きです。

本当に勉強になりました。

寝方によって変わるというのも、面白いと思います。

それではまた、なにか情報が入り次第また大公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ