★公務員の冬のボーナスの時期は?支給額の平均と一般企業との違い

【スポンサードリンク】

毎月の給料はもちろんですが、年に数回しかないボーナスは楽しみですよね。

主に夏と冬の2回ボーナスがありますが、旅行や買い物、趣味、貯蓄などボーナスの使いみちを計画している方も多いことでしょう。

そんなボーナスですが、公務員と一般企業には支給日に違いがあるのはご存知ですか?

公務員の冬のボーナスの時期は一体いつなのでしょうか?

また、公務員と一般企業の支給額の平均はどれくらい違いがあるのでしょうか?

一般企業の場合、業績に応じてなどあるでしょうが、公務員の場合どうなのでしょうか?

支給額の平均や違いを知っておきたいですよね。

そんな気になる公務員の冬のボーナスの時期はいつなのか、また支給額の平均、一般企業との違いはどんなところがあるのかついてクローズアップ!

今回は『公務員の冬のボーナスの時期は?支給額の平均と一般企業との違い』についてご紹介します。

ボーナスの仕組みは?

賞与には、企業では決算賞与や役員賞与という2種類が存在します。

決算賞与は、企業の業績に対する評価として従業員に支給されます。

その具体的な支給額については、会社の売上や個人の評価によってまちまちのようです。

取締役や監査役に臨時で支払うことになる役員賞与の支給については、予め計画案を作成した上で株主総会での承認を得るという段取りが必要です。

民間企業におけるボーナスの意味

民間企業でボーナスが支給される意味は、基本的には日本の古くからの伝統として行われているものであり、働いた従業員に対してねぎらいをすると共に、働くモチベーションを上げるためのものです。

会社を存続させていることに対して社員に感謝する意味合いが強いのが日本の民間企業におけるボーナスの特徴であり、基本給に比例する金額として支給されるのが一般的です。

しかし、現状、海外からの影響を受けて変化しつつあります。

海外では一律に支給するのではなく、基本的には成果を上げた人に対して追加で支給を行うシステムが採用されています。

会社に対して特別に寄与した人材に対して、ボーナスという形で正当に評価が行われています。

より社内での競争を後押しするシステムであり、国内でもビジネスのスピードを上げるためにだんだんと採用する企業も登場してきています。

こういった二つの側面があるのが民間企業のボーナスですが、現状としては大半が従業員に対するねぎらいという位置づけで支給を行っています。

公務員におけるボーナスの意味

公務員の場合、ボーナスは一つの枠で支給が定められているのではなく、期末手当と勤勉手当の二つに分類されています。

位置づけとして期末手当は在職期間に応じて支給され、勤勉手当は勤務成績に応じて支給されるものとして定義されています。

期末手当は民間企業で支給されているボーナスとほぼ同じ意味で支給されています。

公務員であってもしっかりと働いて、然るべき仕事を担ってきたことに対してねぎらいをする必要があると考え、該当する期間は在職し続けて仕事を行ったことに対して評価し、こらからも同様に職務を全うするように促すためのものです。

一方、勤勉手当はどちらかといえば海外的な影響を受けた成果に対する報酬という面が垣間見られるボーナスです。

勤務成績に応じて支給されるという位置づけからですが、実際にはその勤務成績とは欠勤や遅刻、早退の有無で評価されています。

休んだり、遅刻や早退で仕事が担えない状況を作ってしまったりするのは公務を滞らせる原因となり、社会的に悪影響が生じかねません。

そういった点を評価する意味で支給されるのが勤勉手当です。

【スポンサードリンク】

公務員のボーナス支給日はいつ?

公務員は、法律や条例でボーナスについて定められています。

ボーナス支給日は、国家公務員は夏の時期は6月30日、冬の時期は12月10日と法律で定められ、地方公務員に適応される条例も国家公務員の支給日に準じたり、それに近い支給日を設定しているケースが多いようです。

そのため、公務員のボーナスがいつかというと、6月30日と12月10日に支給されることが多い傾向のようです。

一般企業のボーナス支給日はいつ?

一般企業の夏のボーナスは公務員の公務員の夏のボーナスの支給日より遅い時期が多く、ボーナス月は一般的には7月の初旬という時期が多いです。

具体的には、「7月10日」ごろ、とくに金曜日が多いようです。

この時期になる理由として、月初めに充分に集金したいからという理由があるようです。

冬のボーナスの時期、支給日は会社によって異なりがあるため、一概には言えないですが、一般的には、公務員の冬のボーナス月と同じで、12月5日、12月10日、12月25日などとなっているようです。

大企業、国家公務員、地方公務員は12月10日に支給される事が多いですが、民間の中小企業では12月下旬に支給するところもあります。

冬のボーナスの平均額は?

  • 一般企業

    三菱UFJリサーチ&コンサルティング「2017年冬のボーナス見通し」によると、中小企業を含めた民間企業(事業所規模5 人 以上)の2017年冬のボーナス平均支給額は、372,235円(前年比0.6%増)と予想されています。

    一言で「ボーナス」といっても、企業によって金額に大きな差があるようです。

  • 公務員

    三菱UFJリサーチ&コンサルティングの「2017年冬のボーナス見通し」(11月8日発表)によると、国家公務員(管理職および非常勤を除く一般行政職)の2017年冬のボーナスの平均支給額は721,841円 前年比2.4%増と予想されています。

    公務員の給与はどのように決定されるかというと、法律によって定められており、『民間の賃金を準拠するとされています。』とされており、比較される民間企業は、企業規模50人以上かつ事業所規模が50人以上の事業所が対象となります。

民間と公務員の違い

どちらも基本給に比例した金額がボーナスとして支給されるのが一般的ですが、特に民間企業の場合には統一された規定がないため、支給額にも大きな幅があります。

平均額で見ると公務員の場合には夏と冬のボーナスがそれぞれ60万円、70万円程度であり、月収の2ヶ月分程度になっている場合がほとんどです。

それに対して民間企業では全体を平均してしまうとやや公務員よりも少なく、夏と冬ではそれぞれ55万円、60万円程度です。

しかし、支給されていない場合もあれば、月収の1ヶ月分から2.5ヶ月分程度まで幅が広く、毎回一律に支給されるわけではない場合もあります。

平均額では公務員の方がややボーナスが多いですが、これは基本給の高い国家公務員が押し上げている面もあります。

安定して支給してもらえる点では優れているのが公務員ですが、もらえるときは民間企業の方が多く支給される場合もあります。

年代別の賞与やボーナスの支給額

年代別の賞与やボーナスの支給額の実態あどうなっているのでしょうか?

過去に厚生労働省の公開したデータによると、

・20代・・・313,949円
・30代・・・398,440円
・40代・・・430,498円
・50代・・・455,398円

いずれの年代についても、あくまでも平均的な値であり、この数字だけで全てが理解できるというものではありませんが、全体的な流れは把握できます。

20代から50代へと年齢が上がるにつれて、支給額も高くなるのは、勤続年数に対する評価といえるでしょう。

年功序列や終身雇用が少なくなってきたといわれますが、日本企業ではまだまだ、年齢とボーナスの支給額が比例しているといえそうです。

まとめ

今回は、公務員の冬のボーナスの時期はいつなのか、また支給額の平均、一般企業との違いはどんなところがあるのかついてご紹介しました。

一般社員のボーナスは勤める企業によって、一般的には基本給の何か月分支給となっているところが多く、業績によるというところもあったり、ボーナスは必ず支給しなければいけないものではない為、業績が悪かったら支給されないケースもあるでしょう。

【スポンサードリンク】

ボーナスが出る前後は浮足立ってしまうものですが、もらえた人ももらえなかった人も計画的にお金を使って楽しい休暇が過ごせるようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年9月18日

カテゴリー:お金

サブコンテンツ

このページの先頭へ