黄砂アレルギー と花粉症の症状の違い。時期と対策について考えてみた。

黄砂アレルギーをご存知ですか?

花粉症とちょうど時期が同じで黄砂が飛んでくる時期に花粉症の症状が…
対策方法はあるのでしょうか?

お隣の中国では深刻な大気汚染が問題にかかっています!

その中国から飛散して黄砂が日本にとんできて、黄砂アレルギー症状が発生しだしました。

実は、花粉症より怖い症状だと言われています!対策方法は?

黄砂が飛散する時期の違いを知って、黄砂アレルギーと花粉症の対策をとっておきたいですね。

黄砂アレルギー症状と花粉症の症状の違いも知っておきましょう!
黄砂アレルギー症状と花粉症の症状の違いとは?

黄砂アレルギーと花粉の発生する時期の違いがわかれば対策は出来るのか?

知っていると便利な『黄砂アレルギー と花粉症の症状の違い。時期と対策について考えてみた。』で対策をとってみて下さい。

【スポンサードリンク】

黄砂アレルギー症状と花粉症の症状の違いとは?

黄砂アレルギーは、黄砂と複数の物質を含んでいるため一概に「黄砂に対するアレルギー反応」とは言えないようです。

【黄砂アレルギーの症状】

他のアレルギー性疾患と同じで、目・鼻・気管支・皮膚などに現れます。

目のかゆみ、鼻水、くしゃみ、アレルギー性鼻炎のような症状、結膜炎など発生します。

気管支に入ると喘息を引き起こしてしまいます。

黄砂アレルギーに対して薬はないようです。症状にあわせて対処療法をとらないといけないようです。

【花粉症の症状】

花粉症は「花粉症によるアレルギー反応」により引き起こされます。

最近では多くの人が花粉症の症状に悩んでいます。

以前はほとんど発症している人がいない病気だったんですけどね。

花粉症は、花粉により特に鼻の粘膜や目の粘膜に起こるアレルギー疾患です。
・目のかゆみ・涙が出る・目の充血

・まぶたが腫れる・鼻水・鼻詰まり

・くしゃみ・喉の痛み・咳

このような症状が現れます。

花粉症の原因となる花粉には

スギ、ヒノキ、マツ、ブナ、カバノキ、イネ、ヨモギ、ブタクサ

などがあります。

【スポンサードリンク】

肥満細胞に結合したこの抗体と抗原が反応するとヒスタミン等の化学物質が放出され、花粉症を引き起こすようです。

黄砂アレルギーの発生する時期と対策

砂嵐などにより巻き上げられた砂が、東アジアなどに俟ってきたものが黄砂と呼びます。

発生する時期は春先が深刻です!

春先に黄砂アレルギーが発生してしまいます。
ちょうど花粉症と同じ時期になってしまうのです。

黄砂というように、砂ではありますがいろんな複数の物質を含んでいます。

日本に向けて吹く偏西風によって運ばれてくる砂漠の砂塵です。
黄砂は日本では3月から5月に観測されます。晴れているのに空が黄色く煙ってみえます。車に小さい砂のようなものがつもっているのが黄砂です。

砂塵に、ゴミ・ダニなど生物・ホコリなど有害物質が混じっており、これを吸って黄砂アレルギーをおこしてしまう訳です。

しかも、車の排気ガスや工場などから排出される有害物質、発がん性と騒がれてるPM2.5などの人工的な有害物質も含まれてます。

対策としては、粒子が細かいためPM2.5対応の目の細かいマスク、メガネなどで予防するのが一番の対策です。

花粉症のマスクでは黄砂を通すため、意味がないそうです。

【マスクの値段】
黄砂アレルギー用は1枚あたり100円
花粉症用は1枚あたり10〜30円と幅広いです。
値段の差があるため対応が難しいですね。

まとめ

このように、引き起こす症状は全く違いますが黄砂アレルギーと花粉症の症状としては、似て寄っているため判断がつきにくいようです。

対策としては、マスクの着用。鼻うがい・鼻洗浄薬で鼻をスッキリ。
空気清浄機で大人だけでなく、乳幼児や小さい子供にも悪影響が心配ですね。

黄砂の飛び交う時期を意識し、早めの対策をしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ