クラゲの飼育は簡単?寿命や繁殖の方法をご紹介

水族館のクラゲというのは、とても癒されますよね。

あのクラゲの幻想的な空間を簡単に自宅でできないものでしょうか。

自宅でクラゲを飼うことができたら、とても楽しそうですね。

クラゲというのは飼育や繁殖というのは簡単にできるものでしょうか。

水族館のクラゲの繁殖や寿命というのはどれくらいなのでしょう。

自宅での飼育方法というのは、どのような感じなのでしょう。

飼育方法によってクラゲの寿命や繁殖というのは変わるのでしょうか。

クラゲを飼育して簡単に寿命がきてしまったら困りますよね。

そもそもクラゲを自宅で飼育したときの繁殖率や寿命というのは、どのくらいなのでしょうか。

飼育後に繁殖させて増やすことは簡単にできるのでしょうか。

では『クラゲの飼育は簡単?寿命や繁殖の方法をご紹介』したいと思います。

【スポンサードリンク】

クラゲの飼育

クラゲの飼育は専用の水槽と飼育水と餌です。

これだけをみると熱帯所を飼うより簡単かもしれません。

熱帯魚を飼育したら、適切な温度設定や飼育する熱帯魚によって水槽を変えていかなければならないからです。

クラゲに関しては、この水槽と飼育水と餌だけで温度設定も一定です。

特に気をつけなければならないのは飼育水ということになります。

この飼育水が汚れているとクラゲの身体を傷つけることがあるからです。

飼育水だけは特に気をつけてください。

水の中が汚れているだけでクラゲが縮んだり、溶けてしまったり死んでしまったりするからです。

クラゲの飼育水と餌

水槽はクラゲが窮屈な状態にならないように大きめの水槽を選びたいものです。

水槽に関しては部屋のインテリアとしての機能もあるので、部屋に合わせて大きめの水槽を選ぶようにしましよう。

飼育水に関しては、人工的に作った海水ですので、他の水で代用することはしないでください。

こういったものをショップで購入せずに他の水を利用してしまうと必ずトラブルを起こすので必ずショップで購入しましょう。

餌もショップで売られているものを購入しましょう。

そして餌の与え方ですが、粉末のものを専用の注射器で与えるというのが簡単な方法です。

水温が一定温度になっていなかったり、水が汚れていると餌を食べないことがありますので気をつけましょう。

クラゲにとって水が一番、気をつけなければならないところです。

それぐらい水がクラゲにとって大切といえるでしょう。

簡単なクラゲ飼育

簡単にクラゲを飼育することも方法もあります。

ミズクラゲを飼う方法です。

ミズクラゲは水温が低いほうが、飼育は簡単です。

水温が低いほうが良いというのは、水の温度を一定条件にしなくてよいのですから本当に簡単です。

ミズクラゲというのは、5ミリ~30ミリまでのクラゲです。

これだけ小さいとコップなどで飼うことができます。

この後に成長したら、別の飼育方法を行います。

【スポンサードリンク】

寿命や繁殖の方法

クラゲの飼育方法は難しそうに感じますが最近はクラゲの飼育キッドも販売されていますので、これを使うと簡単です。

自宅でクラゲを飼うときの寿命は半年~1年というのが定説です。

自然界のクラゲの寿命より短いとみて良いでしょう。

自然に生息しているクラゲは不老不死という説もあります。

自然界のクラゲを自宅で飼うとなるとやはり寿命は短命になることは仕方ががないようです。

まとめ

クラゲは、ショップなどで飼育キットが売られていることが、分かり、とても助かりました。

これを使えば、簡単にクラゲの飼育ができそうです。

もっと簡単なコップ飼育できるミズクラゲも考慮したいところですね。

クラゲの飼育はインテリアにもなりますので、もっとオシャレな飼育方法がありましたら、また公開したいと思います。

それではまたよろしく、お願いいたします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ