クーラーの掃除のやり方 カビ取りは自分で出来るのか? 〜てまひまかける派or時間を買う派〜

今回はクーラーについて夏になるとクーラーを使う人は多くいますね。中では扇風機を使うエコロジーな人もいますね。

スイッチを押せば簡単に涼しい風を作り出してくれるクーラーですが、当然使うエネルギーも多く、そして掃除もしなければいけません。カビ取りも業者に頼まずに自分でできるのか?  そもそもカビ取りとはなんなのか?掃除方法は?

扇風機とは違い、クーラーは複雑なので丁寧に掃除をやらないと壊してしまうので気をつけなければいけません。

カビ取りの際も自分で掃除するときの注意点などと『クーラーの掃除のやり方 カビ取りは自分で出来るのか? 〜てまひまかける派or時間を買う派〜』も一緒に書いていきたいと思います。

そこで今回は自分の力でクーラーを掃除する簡単な方法を書いていきます。

【スポンサードリンク】

自分でできるクーラーの掃除

プロのノウハウを活かして素人でもできる範囲で掃除する方法を紹介します。

  1. アイテム1

    掃除機をかけてからフィルターを外す

  2. アイテム2

    外す時は丁寧に

  3. アイテム3

    外側からそっと掃除機をかける

  4. アイテム4

    最低でも月に1回は定期的に水洗いして日陰干しをする

【掃除機をかけてからフィルターを外す】

フィルターの周りやクーラーのパネル部分を綺麗にすることでフィルターを外した時にホコリが落ちてくるのを防ぎます。

【外す時は丁寧に】

フィルターはプラスチック樹脂でできているので非常に壊れやすいです。
ですので外す時は焦らずにゆっくり丁寧に外して下さい。

【外側からそっと掃除機をかける】

内側から掃除機をかけてしまうと逆にフィルターの目に入ってしまい、吸い出すのが難しくなります。

【最低でも月に1回は定期的に水洗いして日陰干しをする】

目に入ったホコリやは掃除機だけでは不十分なので完全にはとれません。
ですので定期的に水洗いをします。

しかし水洗いをする時、外側から洗ってしまうと逆に目詰まりをしてしまうので掃除機とは逆の裏側から水洗いをします。
洗剤を使う場合は台所にある中性洗剤を使い、それを水で薄めて柔らかいブラシで使えば、フィルターを使わずに洗えます。

吹き出し口とルーバーの掃除方法

  1. アイテム1

    コンセントを抜く

  2. アイテム2

    ルーバーを手で回す

  3. アイテム3

    クーラーの中を拭く

  4. アイテム4

    電源を入れて確認

【コンセントを抜く】

クーラーの内部を掃除するのでコンセントは必ず抜いて下さい。

【ルーバーを手で回す】

吹き出し口のルーバーを手で回します。
軽く回して動かない機種は無理して作業しないでください。

【クーラーの中を拭く】

タオルなどのものに中性洗剤を薄めたものを染み込ませ、指に巻いて中を拭きます。届かない場合は定規などの細長いものにタオルを巻いて拭きます。洗剤を使った後はもう一度水で絞って仕上げ拭きをしてください。

また、中にあるファンについている汚れはプロなどが使う専門器材でなければ掃除することはできないので触らないよう十分注意してください。

【電源を入れて確認】

綺麗になったら電源を入れて送風運転をします。この時、汚れが残っていても運転中に決して触らないように

【スポンサードリンク】

クーラー掃除のやり方の注意点

  • ・市販のクーラー洗浄スプレーは、使い方を間違えるとクーラーが故障したり、水漏れの原因になるので、樹脂注意してください。
  • ・電装部品に洗剤が掛からないようにして下さい。電装部品に洗剤が掛かるとクーラーが故障してしまうのでスプレーの噴射には十分注意してください。
  • ・汚れがひどい場合は水漏れの原因になるので専門家の方に電話をして掃除をお願いした方が得策だと思います。

クーラーのカビ取り方法

クーラーに付いているカビを掃除しないと咳や鼻水の原因になる可能性もあるので簡単なカビ取りの手順をまとめます。

  • 1:まず最初に掃除前に必ずコンセントを抜きます。
  • 2:次にクーラー上部の埃やゴミを、水で濡らして固く絞った雑巾で拭き取ります。
  • 3:前面のパネルを外し、パネルとフィルターに付いているカビなどの汚れを取ります。
  • 4:吹き出し口に付いているカビや汚れを拭き取ります。
  • 5:最後に電源を入れて送風運転を行います。

以上が主な作業のまとめです。

最後に

いかがでしょうか?扇風機などと違い、クーラーは精密機器が多いので簡単にはできないのでに素人でもできる掃除方法をしっかり読んで時間をかけて掃除して下さい。
また自信がない、時間がない方はプロなどの専門家に任せるのも一つの手なのでご安心ください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ