芸能人も実践!クレーター肌(ニキビ跡)の完治と再生方法

ニキビの跡のクレーターが完全にキレイになること、諦めていませんか?

ニキビが出来た時はどうしても気になって、つい触ってしまったり、その両端を爪でぴゅっと押したらニキビの芯がにゅ~っとでて、ニキビの芯を潰してしまうことありませんか?

そして、これが後々完治するのも難しいクレーターとなります。
そもそも再生方法があるのでしょうか。

このクレーターを何とか完治して、元をツルツルお肌に戻したい!誰もがそう思っていますね。
芸能人の方もそうだと思います。

いつも芸能人の方は綺麗にされていますもんね。
そこで芸能人でも実践されたという完治と再生方法を調べてみましょう。
芸能人の方はどのような再生方法をされたのでしょうね。

ではこのニキビ跡のクレーター、どうすれば完治するのでしょうか?

今回はニキビ跡のクレーター肌の完治と再生方法を『芸能人も実践!クレーター肌(ニキビ跡)の完治と再生方法』として書いてみました。

【スポンサードリンク】

クレーター肌(ニキビ跡)の再生方法

まずは、肌の再生医療を受けることで、ニキビ跡の改善効果があります。

皮組織に注入した肌細胞(線維芽細胞)が動き出し、コラーゲンなどの皮膚組織を生成することで真皮層に厚みや弾力性を生じさせて凹みを改善します。

肌細胞補充療法(肌の再生医療)はニキビ痕を改善するということが米国では論文も発表されています。

お肌を再生する方法としては、色々な場面で使われている技術です。

ではこのクレーター、治すにはお金も時間もかかるイメージですが、自力で治した芸能人もいます

その一例をご紹介したいと思います。

ニキビは皮膚の病気だという認識をもって正しい処置をしていくというのがその方の考えです。

ニキビは命に関わる病気ではないけれど、気持ちが落ち込んで生活の質に影響を与えるのです。

そして、出来たニキビをほうっておくと、今度は「ニキビの跡=クレーター」に悩むのです。

では、その原因がわかれば改善できるのでは?ということで、正しい知識を身につけることが大切です。

先程述べたような、ニキビが出来た時の対処が原因になることももちろんあります。

でもその前に
思春期のころに見られる「ホルモンバランスの乱れ」
大人になってからは食生活やストレス、睡眠不足からみられる「生活の乱れ」
によって、皮脂の分泌が過剰になるもの。

皮脂は普通、毛穴を通って外へ排出されるけれど、毛穴が詰っていると排出されずにそこにアクネ菌が増えて炎症を起こす、これがニキビの原因です。

乱れ・・・つまり、睡眠不足運動不足不規則な食生活での体内のバランスの乱れでニキビが出来やすく、跡もできやすい体質になるのです。

これらの乱れを減らしていくことで、ニキビが出来にくく、またできてしまった跡もお手入れを加えることでキレイになったというのです。

まず食生活は、偏らずに色んな食材を取り入れましょう!

具体的には、ビタミン・ミネラル(フルーツ)を積極的に取り入れて、油分の多いもの(揚げ物、チョコレート、ナッツ類)は避けること。

全くとらないのではなくやや控えめに。

さらに、基礎化粧品を見直すということ。

クレンジングはしっかりして、汚れをしっかりとって、毛穴を詰まらせないことが大切です。

摩擦はお肌を傷つけて炎症し、ニキビができやすくなるので、ゴシゴシ洗ったり、洗顔のしすぎはNGです。

そして保湿をしっかりし、潤いを保つのも大切ですね。

セラミドやヒアルロン酸、ビタミンCなどの保湿成分の入ったものをこの方はオススメしています。

【スポンサードリンク】

最後に

次にストレスを発散すること。

ストレスは肌によくないのはわかるけど、目に見えないものとの戦い…。

しかし、人間関係や仕事でストレスを感じてニキビが増えたという声も聞きます。

ストレスが増えると、皮脂の分泌が過剰になることがあるから要注意です。

例えば、ランニングなどの適度な運動でストレスの解消&生活習慣の改善ができるということももちろんあります。

そしてあとは、「意識して笑う!」これが結構重要だったりします。

テレビでも、会話でも、「あはは~~~」と笑っていると嫌なことも忘れちゃいますね。

できることからぜひ実践してみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ