★車の窓の曇りを取る方法は?窓が曇る原因と対策!

車を運転している時、窓が曇って視界が悪くなるという経験ありますよね?

車の窓の曇りは、運転操作の遅れや誤りなど事故に繋がる可能性もありますので、大変危険です。

また、窓の曇りが取れないとイライラする原因にもなりますね。

では、一体どのように車の窓の曇りを取ることができるのでしょうか?

窓の曇りを取る方法を知っておけば、いざという時に安心ですね。

また、原因として、車の窓が曇ってしまう原因は一体なんでしょうか?

さらに、車の窓の曇りを前もって対策しておけば、安心ですが、対策方法はどのような方法があるのでしょうか?

そんな気になる車の窓の曇りを取る方法、また原因や対策についてクローズアップ!

今回は『車の窓の曇りを取る方法は?窓が曇る原因と対策!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

何故車の窓が曇るのか?

夏は曇らないのに、どうして冬はフロントガラスが曇るのでしょうか?

それは車の中の温度と外気の温度差が原因で結露が起こるためです。

特に冬場に多いですが、車の窓ガラスは車内温度が高かったとしても冷たい外気温によって冷やされ、窓ガラス付近の空気も冷やされます。

冷たい飲み物が入ったグラスの周りに水滴がついてしまうのと同じ仕組みです。

結露によって発生する水滴は、水滴と言っても非常に細かい粒の状態です。

その状態のものが、たくさん窓ガラスに付着するため、曇っているように見えるんです。

時間が経てば、それぞれの水滴が集合して、大きな水滴となります。

1人で車を運転している時には車の窓ガラスは曇らなかったのに、誰かを乗せると窓ガラスが曇り始めたりすることありますよね?

その原因は人が増えた事により、空気中に含まれる水分量が増加して飽和水蒸気量を超えたためなんです。

また、水分が蒸発して空気中の水蒸気量が増えるため、人以外にも濡れた服や靴、傘なども窓ガラスが曇る原因となります。

車の窓の曇りを取る方法

  • エアコンをかける

    車に付いているエアコンには、一般的に湿度を下げる効果がありますので、曇りの原因となる空気中の水分を飛ばすためにエアコンを使って湿度を下げるのが一番簡単な方法です。

    とは言っても、寒い冬に冷房は厳しいですよね。

    エアコンは、冷房でも暖房でもいいので、冷房、暖房どちらも湿度を下げる効果があるため、風量を最大にしてガンガンかけましょう。

  • デフロスタースイッチをオンにする

    デフロスタースイッチとは、フロントガラスの曇り防止機能のスイッチです。

    このスイッチを押すことで、フロントガスに向けて送風がされ、フロントガラス付近の曇りの原因となっている水分をとってくれます。

    そして、デフロスタースイッチをONにして、A/CスイッチをONにするとより効果があります。

    A/Cスイッチとは、コンプレッサーを作動させるスイッチで、乾燥した風を送りだすスイッチです。

    デフロスタースイッチとA/Cスイッチを使用することによって、フロントガラス付近の水分は送風でとばされ、乾燥した風が車内に吹き込み、窓の曇りが解消されます。

  • 窓を開けて外気を取り込む

    窓を開けて、乾燥した外気を湿気がこもった車内に送り込むことで、車内の湿度を下げることができます。

    ガラスの曇りが引いてきたら、窓を締めて暖房を入れましょう。

【スポンサードリンク】

車の窓を曇らせない対策方法

  • 市販の曇り止めでお手入れする

    市販の曇り止めスプレーを使って定期的にお手入れしておくとよいでしょう。

  • 車の中を清潔に保っておく

    フロントガラスの曇りの原因として、湿度以外にも、チリやホコリ、タバコのヤニなどで汚れていて、その汚れに水分が付着してしまうことで発生している可能性もあります。

    そのため、日頃から窓を専用のクリーナーなどで清潔に保っておくことがフロントかガラスの曇りを事前に防いでくれます。

  • 中性洗剤で窓ガラスを拭く

    市販の曇り止めの他に、家庭にあるものでも曇り対策が出来ます。

    それは、中性洗剤です。

    中性洗剤には、ガラス用洗剤や、浴槽用洗剤、床用洗剤などいろいろあります。

    そして、その中性洗剤をスプレーボトルなどに入れて水で薄め、それを内側からフロントガラスに吹きかけて、タオルなどで拭き取ります。

    汚れもキレイに落ちますし、フロントガラスも曇りにくくなります。

  • 乾燥剤を使って除湿する

    普段から車の中に余分な水分を溜めないように、乾燥している状態を作りたい時に使えるのが、乾燥剤です。

    お菓子などについているもので十分です。

    その乾燥剤をいくつかためて、それを一つの布製の袋に入れてダッシュボードに置いておきましょう。

まとめ

今回は車の窓の曇り取りの方法や原因、対策などについてご紹介しました。

運転しながら、窓の曇りを拭くのは危険です。

【スポンサードリンク】

車の機能を上手に使い、曇りを素早く取り除いたり、窓を開けて外気を入れたりと言った方法で対処するようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年4月10日

カテゴリー:

サブコンテンツ

このページの先頭へ