キャンプ用品買って失敗したのはこれ!初心者むけ便利グッズ一覧

夏や冬などの季節で、特に夏はキャンプに行く人が多く初心者の方も多くいると思います。

キャンプに行く初心者はキャンプ用品の一覧や便利グッズ一覧など色んな道具の一覧を見てキャンプ用品を揃えると思います。

しかし、初心者に失敗は付きものなのでキャンプ用品一覧や便利グッズ一覧から間違った選び方をしてしまい、失敗をしてしまうと思います。

失敗しない便利グッズ選びについてもお話していきたいと思います。

特に初心者はキャンプ用品や便利グッズなどを忘れてしまうことなどの失敗が多く、せっかくのキャンプが台無しになってしまいます。

そこで、今回は良いキャンプを失敗しないためにキャンプ用品や便利グッズの選び方や初心者に気をつけるポイント『キャンプ用品買って失敗したのはこれ!初心者むけ便利グッズ一覧』を紹介いたします。

【スポンサードリンク】

キャンプ初心者の気をつけてほしいポイント

  • 炭に火をつける
  • テントの建て方
  • 蚊やブヨに気をつける

【炭に火をつける】

着火の注意点ですが、火がつくには酸素と熱が必要で火は上にあがることを念頭においてください。

まずは小さい欠片のような炭などに着火させ、だんだんと大きい炭へ火を移していきます。小さな炭を下の方に置き、その上で櫓(やぐら)を組むように大きな炭を並べていきましょう。
この時に空気がしっかりと通るように空間を開けてください。

簡単にまとめると
着火剤をつけて小さめの炭を大きな炭に移す
こんな感じです。着火剤の他にもチャコスタを使うのもありです。

【テントの建て方】

テントの設営は難しく、「説明書読みながらやれば大丈夫っしょ!」と考えているとなかなか建てられません。
こういうときはテントの構造を理解する必要があります。

テントはポールを組み合わせて作られるものなのでポールの使い方を理解するためにyoutubeなどに載っているテントの建て方を見ながら説明書と比較して建ててみてください。

それでも難しい場合はキャンプ場のオーナーや近くにいる人と協力してください。

【蚊やブヨに気をつける】
山へとキャンプしに行くので当然動物や虫と遭遇します。

山へ行くときは蚊取り線香を持っていけばなんとかなります。

しかし、ブヨという虫があり、この虫は川が綺麗なところに生息しています。

この虫は厄介で蚊取り線香が効きません。その上、複数箇所刺されると皮膚が膨らんでしまうほどの炎症を起こしてしまいます。

そんなブヨなんですが、ブヨはミントやハッカ系の香りに弱いので初心者は蚊取り線香の他にミントやハッカ系のアウトドアボディスプレーも持っていった方が良いです。

【スポンサードリンク】

キャンプ用品や道具の選び方

  • しっかり調べてから道具を購入
  • 同じ道具や使い方がある場合は色んな店と比較
  • 携帯の画像で判断するよりもお店にある実物を見て判断

【しっかり調べてから道具を購入する】

キャンプ用品や道具は専門用語などが多く、初心者の人はわからないことだらけです。

ですので、訳のわからないまま購入してしまうととても損をしてしまうのでキャンプに詳しい人としっかり相談をしてから購入してください。

【同じ道具や使い方がある場合は色んな店と比較をする】

キャンプ用品や道具には同じものや性能が多いので初心者は何が違うのかわからない部分が多いと思います。

実は性能や見た目は同じものが多いですが値段が全然違いのです。

同じ道具で同じ性能なのに1000円するものもあれば3000円するものがあるので初心者は色んなお店を比較してください

【なるべく携帯の画像で判断するよりもお店にある実物を見て判断をする】

安さを求めてネット通販を利用する初心者は多くいますが、ネットですと見た目に騙されやすい可能性があるので、初心者の方は自分の足でお店にいって実物を見て店員の方と相談しながら購入することをオススメします。

まとめ

毎年夏が近づくとキャンプに行ってみたい初心者の方が多くいますので初心者に気をつけてほしいポイントを理解してキャンプ用品や道具の選び方を失敗しないようにしてキャンプにチャレンジしてみてはどうでしょうか?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ