ヘッドライトの黄ばみおすすめ除去法!くもりもとれる方法

ヘッドライトの黄ばみって何とか除去できないものでしょうか?

特に、くもりなどが気になりますよね。

おすすめの除去方法などを知りたいところです。

そもそも普通の洗剤でヘッドライトの黄ばみ落とせるものなのでしょうか?

おすすめの除去方法で黄ばみとくもりを同時に取れたら嬉しいですよね。

ヘッドライトの黄ばみだけでなくテカりや、くもりが同時に除去できれば友人にも、おすすめしたいところです。

車のヘッドライトだけでも黄ばみもなく、くもりも削除できれば、中古車もおすすめできますよね。

そこで今回は『ヘッドライトの黄ばみおすすめ除去法!くもりもとれる方法』と題して公開したいと思います。

ヘッドライトの黄ばみやくもりの原因は?

ヘッドライトはポリカーボネートという素材で作られて、このポリカーボネートという素材は、被膜でコーティングしています。

そして、ヘッドライトの黄ばみやくもりの原因は、この被膜が日光により焼けることにより、くすんでしまうのが原因です。

ヘッドライト自体を洗浄するのは、専門業者以外は不可能だと思ったほうが良いでしょう。

なぜなら、ヘッドライトの洗浄する場合は、取り外しに専用工具が必要のため、自力でヘッドライトを外しても、取り付けるのに専用工具が必要なのと、接続用の加工が必要のため、ヘッドライトを洗浄後に接続不可能になります。

ヘッドライトの洗浄が不可能のため、ヘッドライトでなく、合成樹脂の部分だけを磨くことで、黄ばみを取ることができます。

この合成樹脂ですが、被膜を削ると、コーティングも剥がれますので、数か月後に再度また、これが黄ばみやくもりの原因になります。

コーティング剤を多量に毎月、使ってしまうと逆に黄ばみやくもりの原因になってしまうので、完全にコーティングが剥がれたとき以外は絶対にコーティング剤を使わないことです。

これが原因で黄ばみやくもりの原因もあります。

ヘッドライトの黄ばみおすすめ除去法

主にヘッドライトの黄ばみを落とす洗浄剤としてピカールやサンドペーパーで削ぎ落とすという方法が一般的で、一番手軽な方法は、ピカールで削ぎ落とすことだと言えます。

しかし、この一般的な方法で磨いても、コーティングは剥がれているので、一か月程度でまた黄ばみが目立ってきます。

この黄ばみを削ぎ落とす方法以外に、最近はヘッドライト専用のコーティング剤入りのヘッドライト磨きがあるので試してみると良いかもしれません。

洗浄液など、液状以外の方法で行う場合は、やはりサンドペーパーで削ぎ落とすという方法が磨くだけなので、手軽といえます。

ヘッドライトのくもりをとる方法

ヘッドライトの黄ばみおすすめ除去法でも書きましたが、コーティング剤入りのヘッドライト磨きというものが市販されています。

これは研磨剤だけでなく、コーティング剤も疲れているため、研磨剤で、くもりを取り除き、コーティング剤で日焼けを抑えることができます。

本格的に、ヘッドライトのくもりを取りたいのでのであれば、やはりおすすめは専門業者に頼むことです。

専門業者に頼めば、コーティングも行ってもらえるので、素人のコーティングより断然、コーティングも長持ちだと言えます。

まとめ

コーティング剤が逆に黄ばみやくもりの原因になるとは、驚きです。

洗浄しすぎると、洗浄が原因で黄ばみ、くもりの原因になるんですね。

とても勉強になりました。

どうしても取れない黄ばみやくもりは専門の業者に頼むのも手段の一つとして考えようと思います。

それではまた、何か新しい情報が入り次第また公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ