「スポーツ界を揺るがした4大伝説」有森裕子 西本聖 津田恒美 千葉すずとはいったいどんな伝説?

有森裕子や西本聖、津田恒美と千葉すずって何で有名なんでしょうね。

スポーツ選手として、なにかすごいのでしょうか?

有森裕子さん西本聖さん津田恒美さん千葉すずさんの功績を知りたいものですね。

そもそも、そんなにすごい伝説があるのでしょうか?

有森裕子さんや、西本聖さん、津田恒美さんと千葉すずさんは何をやった人なのでしょうか?

よく四天王と呼ばれますが有森裕子、西本聖、津田恒美、千葉すずはどんな伝説があるのか知りたいところです。

そこで今回は『「スポーツ界を揺るがした4大伝説」有森裕子 西本聖 津田恒美 千葉すずとはいったいどんな伝説?』と題して解説していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

有森裕子の伝説とは?

女子マラソン1992年の日本代表候補に2人の選手がいました。

世界陸上1991年で4位だった有森裕子と大阪国際女子マラソン1992年1月に2位だった松野明美の両選手になります。

彼女2人、有森と松野は、日本代表争いで、スポーツ史上最大の歴史に残る争いとなった。

この会見以降、ほとんど2人は2016年まで顔を合わすことはなかった。

そんな有森だが、なぜ代表選手争いで揉めたのか理由を公開している。

それは、1992年、バルセロナオリンピックで選手の代表候補であった山下佐知子が北海道マラソン2位の好成績を残したことで日本代表が報道された。

日本代表があと2人になり、そうなってくると有森裕子と松野明美が最有力候補として報道されたが、大阪女子マラソンで初出場で小鴨由水が日本最高の記録更新をしてしまいシンデレラガールとして頭角をあらわしてしまい内定され、残る候補は1人となり、接戦の末、有森裕子が日本代表に選ばれるという偉業を成した。

【スポンサードリンク】

西本聖の伝説とは?

かつて、これこそライバルと言われる男が2人、野球界にいました。

かつて天才野球少年として名を残した江川そして、まったくもって天才とは、程遠い雑草・西本になります。

雑草・西本聖と天才・江川卓この2人を野球界では伝説のライバルと言われています。
巨人で、エースを狙う真のライバルは、この2人しかいません。
彼ら2人は、取材はもちろん、食事も2人同時は絶対に避けます。

それが伝説の西本聖のライバル伝説になるのです。

津田恒美の伝説とは?

津田恒実さんは炎のストッパーと言われるほどの実力派です。

2年ほどの闘病生活の末に息をひきとりました。

炎のストッパーが病魔に襲われたのは、91年です。
何度か回復をしていましたが、津田投手は32歳という若さで、この世を去り伝説のストッパーとなったのです。

 

千葉すずの伝説とは?

千葉すずさんは、日本全国からブーイングを受けた女性として伝説の女となりました。

15歳の当時、すずスマイルというアイドル視されてしまった、千葉すずさんは、次第にマスコミ嫌いになり、取材を避けるようになります。

16歳でバルセロナオリンピックに出場したけれども、マスコミは敗因のみを取材しました。

そしてアトランタオリンピックではマスコミの取材に対して「楽しいオリンピックにしたい」という回答に世間は大ブーイングを巻き起こしました。

これがきっかけとなり、マスコミに顔を出すことは少なくなりました。

まとめ

スポーツ選手には、いろいろ伝説があるのですね。

まったく知りませんでした。

こんなに世間から注目されているアスリートもいるのですね。

特にマスコミと戦った千葉すずさんには頑張ってもらいたいと思いました。
有森さんの日本代表の伝説もすごいですね。
新たなスポーツ界の伝説が分かり次第、また、お伝えしたいと思います。

どうもありがとうございました。

関連記事こちら

武井直子の経歴(学歴)プロフィールWikipediaとは?最強の無職出馬の秘密!

都知事選候補者武井直子の政見放送はどんな内容?平和党、オアシス計画って何?壮大すぎる計画とは!?

ポケモンGO攻略法・近くにいるポケモンを探す方法とポケモンGO出来ない原因と対処法

都知事選候補武井直子(たけいなおこ)政権放送2回目 書き起こし

FreeアプリPokemon go go goが危険すぎる3つの理由

ポケモンGO最新情報・pokevisionポケビジョンの日本での使い方!3つのメリットと3つのデメリット

都知事選候補武井直子(たけいなおこ)政権放送書き起こし!次回は最終回です!

任天堂ポケモンGOの事故責任は誰に?事前に知っておいて欲しい10の事。

Wowapp(ワウアップ)とは?危険すぎる仕組み、評判と口コミを徹底検証!◇

風鈴の音による効果とは?涼しく感じるだけじゃない意外な効果

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ