ヤモリとイモリの違いは?トカゲとどう違うの?

ヤモリとイモリってどう違いってあるのでしょうか?

トカゲとも違うようですよね。

「えっ!? トカゲじゃないの?」

と思いませんでしたか。
ヤモリとイモリの違いってなんでしょうか?

ヤモリとイモリは、どちらもトカゲなのでしょうか?どこで違いを見分けるのでしょう。

ヤモリが爬虫類でイモリが両生類といいますよね。

トカゲとの違いも知りたいところです。

そこで今回は『ヤモリとイモリの違いは?トカゲとどう違うの?』と題してトカゲとヤモリとイモリの違いについて大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

ヤモリとイモリの違い

一文字しか違いませんけれども、ヤモリとイモリはゼンゼン違います。

この生物を明確に厳格に説明できる人は少ないとみて良いでしょう。

とある調査によると明確に説明できるという人は30%もいませんでした。

ヤモリは「家守」と書き爬虫類です。

つまりトカゲやカメなどと同種類の生物ということになります。

ヤモリは爬虫類なので簡単にいうと肺で呼吸をします。

イモリは、両生類なので、皮膚で呼吸をします。

両生類は皮膚で呼吸するため皮膚が湿っています。

ですので、両生類であるイモリは体が湿っている。

爬虫類であるヤモリは、体にウロコがあったり卵に殻があったりと両生類が進化した状態を表しています。

これで見分けすることができます。

ヤモリは、なぜヤモリなのかというと、家の中の蚊などを食べてくれることから家を守る家守ということで、この名がつきました。

見分け方としても家にいるのがヤモリ、家の外にいるのがイモリと覚えても良いと思います。

害虫を食べてくれる、とてもありがたい生物だといえます。

ヤモリには爪があります。

イモリは爪がないです。

イモリは「井守」と書き、両生類です。

両生類であるイモリは、幼少期にエラで呼吸し成長すると肺で呼吸をします。

体にはウロコはなく、皮膚呼吸をします。

両生類は魚類が進化した姿としてみることができます。

爬虫類のヤモリと違い卵には殻がないです。

イモリは水のあるところに生息しています。

井戸の中の害虫を食べてくれるので、井を守る井守と言われています。

イモリはカエルの仲間であり、同じように水の中で生息します。
イモリとヤモリの違いは毒をもっているかもっていないかでも分かります。
イモリは毒をもっているため、お腹が赤い色をしています。

ヤモリは毒をもっていないですが全体的に黄色ぽいです。

一番、分かりやすいのは、お腹を見ることです。

裏にしてみて、お腹を見て、真っ赤であればヤモリとみてよいでしょう。

【スポンサードリンク】

トカゲとどう違うの?

トカゲとヤモリは爬虫類ですので、同じ爬虫類に属するといえます。

イモリは爬虫類ではないのでトカゲとは別の種類といえます。

トカゲはイモリのように家にいたり、ヤモリのように井戸にいるわけではなく、主に岩陰や石垣などに生息します。

トカゲとヤモリの違いは、瞬きををするかどうかで分かります。

なぜなら、ヤモリには、まぶたがないからです。

トカゲは昼行性でヤモリは夜行性というところでも区別がつきます。
ヤモリは壁をつたい昆虫を食べるので手に吸盤があって目が大きいです。
トカゲは主に草原や山地などに多く生息しています。

目の上に骨があって、見た目、感触はツルツルです。

ヤモリのお腹は、白いので、トカゲとの区別は、このお腹の白を基準にすると良いと思います。

まとめ

ヤモリとイモリの違いがよく分かりました、ありがとうございます。

たった一文字しか違わないのに、こんなにも違うものなのですね。

爬虫類と両生類という違いには驚きました。

このような学術的に分かれているというのは、とても分かりやすかったです。
トカゲとの違いも分かりしました。
どうもありがとうございます。

また、トカゲとヤモリとイモリの違いが分かり次第、公開していいきたいと思います。
ありがとうございます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ