宮崎産とタイ産マンゴーの切り方は違いはある?マンゴーの種類も紹介するよ!

マンゴーが美味しい季節っていつなんだろうか?

ふとそんな事を思った時に、種類と宮崎産とタイ産のマンゴーの切り方に違いがあるのか?と思いました。

日本のもので有名なのは、宮崎産のマンゴーです。

タイ産のマンゴーもあります。この宮崎産のマンゴーとタイ産のマンゴーでどのような違い・切り方があるのか?

種類別に違いがあるかどうか、宮崎産とタイ産の種類の違いとその切り方を調べてみようと思いました。
マンゴーの切り方ってあるのでしょうか?

あわせて種類も調べてみて、たくさんのものがあったので『宮崎産とタイ産マンゴーの切り方は違いはある?マンゴーの種類も紹介するよ!』でご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

宮崎産とタイ産マンゴーの切り方は違いはある?

まず種の位置を把握します。マンゴーの種は平べったいので平らな面と細い面をよく見れば種の位置が把握できます

次は種の位置を避けて両側を切り、三等分にします。

切ったあとは果実にサイコロ状に切ります。

この時皮を切らないようにします。

切ってしまいますとひっくり返した時花のような形にならないからです。

仕上げに反対側に指を使って押せば花のような形になります。

また、三等分にしたらそのままスプーンを使って召し上がることもできます。

マンゴーというのは非常に柔らかい果肉でできているので上記のような切り方で食べたほうが良いですね。

マンゴーの種類も紹介するよ!

マンゴーとは「ムクロジ目ウルシ科マンゴー属の常緑樹」であり、何千もの種類があります。元々はインドから栽培されていて、そこからいろんな国へと広がっていきました。またウルシ科の木になる果実なのでアレルギーになる人が出てしまう可能性があります。

マンゴーの主な種類は

・カラバオ種
・マハチャノ種

・ナンドクマイ種

・アーウィン種

【スポンサードリンク】

・ケント種
・ヘイデン種

・トミーアトキンス種

・キーツ種

・ケンジントン・プライド種(ピーチマンゴー)

など多くの種類があります。

主な産地はインド、メキシコ、フィリピン、タイなどが有名で、日本では沖縄と宮崎県とが有名で他に鹿児島県、和歌山県、栃木県があります。

日本で作られているマンゴーで有名(ブランド品)なのが

・宮崎県産完熟マンゴー「太陽のタマゴ」

・鹿児島県産 「夏姫」

です。

日本国内で作られているマンゴーの旬は春〜夏ですが宮崎県産マンゴーは4月中旬〜7月と約1、2ヶ月早めに出荷されます。

宮崎県産マンゴーの栽培方法は非常に丁寧で冬でも15度以下に下げないよう栽培されています。完熟が近くなると、果実にネットをかぶせて自然に落下するまで待ちます。

理由は熟しきって自然落下するまで待つことで色は濃く、甘みも増し、香りも強く華やかになるからです。完熟マンゴーと呼ばれるものは必ずと言っていいぐらいこの栽培方法で栽培しています

一方でタイ国内で作られているマンゴーについてですが糖度の高さと極め細かな食感が特徴のナンドクマイ種のマンゴーで多くの日本人はこの種を好みます。

しずく状のマンゴーの形が特徴です。タイ産マンゴーは雨季があける11月〜6月が美味しく、日本もこの時期に多く輸入してきます

最後に

タイでは60種類以上のマンゴーの品種が栽培されております。

理由はタイに古くからある地方種だけではなく世界各国から導入された品種や、新たに作り出された品種も含まれているからです。栽培面積は36ヘクタール、生産量は約170万トンに達しております。

主にマンゴーに含まれる栄養は食物繊維、葉酸、ビタミンB1、B6、リン、ビタミンA、C、βカロチンが含まれており、非常に人間の体の健康や美容に良い影響を与えてくれるものばかりです。

他にもジャムにすればガンの予防にもなり、塩をかけて食べれば安眠になる、冷凍して食せば認知症の予防するにもなる、酢をかければ目の老化予防にもなるなど原題の日本には絶対に必要なものばかりです。

代表的な切り方はマンゴーの実と種の部分を3つに切り、切った実を皮のところまで切らないようにサイの目状に刻みます。最後は皮の部分を裏から押すように反り返らせると完成です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ